ASKY0182

外国関連

禁止できない?ロシア「TOS-1A」の恐ろしい破壊力

燃料気化弾を放つ自走火砲 ウクライナに全面侵攻したロシアは、千両単位の戦車や装甲車、そして大量の兵士を失いました。 こうした苦戦のなか、ウクライ...
陸上自衛隊

弱い?戦後初の国産戦車「61式」の評価と功績について

旧軍の流れを汲んだ戦車 日本戦車といえば、第二次世界大戦の弱いイメージを長く引きずっていましたが、いまは90式戦車や最新の10式戦車のおかげで、その地...
外国関連

オランダのCIWS「ゴールキーパー」の性能と命中精度は?

ファランクスの対抗馬 対空戦闘時の最終手段として、軍艦によくみられる「近接防御火器(CIWS)」ですが、これは特定の兵器を指すのではなく、あくまで兵器...
外国関連

準同盟化?深まる日本とフィリピンの安全保障関係

安全保障面で急接近 日本の周辺国のうち、フィリピンは中国や韓国と比べてあまり話題になりませんが、近年は安全保障面での関係を強めている重要国です。 ...
アメリカ

なぜX-47B無人攻撃機は開発中止になったのか?

実証機「X-47A」を発展改良 アメリカは「MQ-9リーパー」ような無人攻撃機を当たり前のように使っていますが、なかには性能的には優れていながら、開発...
陸上自衛隊

ほかとの違いは?陸自・中央即応連隊の役割と装備について

柔軟な緊急展開部隊 自衛隊の任務は言うまでもなく国土防衛ですが、最近では在外邦人を保護したり、テロ攻撃への対処なども求められるようになりました。 ...
自衛隊

長期運用型UUV?海上自衛隊の無人潜水艇について

日本が目指す新型無人潜水艇 無人機(ドローン)の活躍と比べて目立ちませんが、海における無人技術も着実な発展を遂げていて、ウクライナの無人水上艇がロシア...
自衛隊

退役目前?航空自衛隊が配備するE-2C早期警戒機の性能

監視網を補完する「目」 平時や有事を問わず、防空任務では相手の航空機をいち早く見つけて、味方を誘導することが至上命題であり、この能力が現代航空戦の勝敗...
外交・安全保障

日本がNATOに加盟できない理由とは?

グローバル・パートナー国 米欧など32カ国が加盟する世界最大の同盟「NATO(北大西洋条約機構)」は、いまや単なる軍事同盟ではなく、欧州地域から戦争をなくして...
外国関連

ドローンに効果的?独・スカイレンジャー30対空砲の性能

ドイツの新しい防空兵器 戦場で自爆ドローンが脅威となったのを受けて、これらを防空ミサイルよりも安く撃墜できる対空戦車が再評価されています。安価なドロー...
アメリカ

アメリカ海軍の次世代イージス「DDG(X)」とは?

反省を生かした後継艦 アメリカの海軍力が原子力空母やイージス艦に支えられているなか、初代イージスともいえる「タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦」は老朽化に...
自衛隊

あまりの欠陥不良品?62式機関銃の悪すぎる評価とは

戦後初の国産機関銃 陸上自衛隊は現場での火力支援用に5.56mm機関銃の「MINIMI(ミニミ)」を配備していますが、それまでは約40年間にわたって国...
外国関連

どうなる?ロシア=ウクライナ戦争の行方について

失敗した斬首作戦と短期構想 2022年2月に始まったロシアによるウクライナ侵攻は、プーチン大統領がもくろんだ短期的な電撃戦ではなく、2年以上にわたる長...
アメリカ

米海軍のミサイル追跡艦が持つ役割とその恐るべき能力

弾道ミサイルを捉える移動基地 北朝鮮による弾道ミサイル発射が常態化するなか、これを確実に捉える能力がさらに重要となりました。こうした追跡・監視任務は地...
アメリカ

自衛隊は導入せず?F-15EXの驚くべき性能と価格

進化したイーグルII 航空自衛隊でF-35ステルス戦闘機の配備が進むなか、機数では未だにF-15J戦闘機が主力を務めています。ところが、このF-15も...
自衛隊

謎すぎる自衛隊の暗号電波?Japanese Slot Machineとは

目的・用途不明の放送 電波放送は日常生活のみならず、軍事活動でもよく使われる通信手段ですが、なかには何に使われているのか全く分からないものがあります。...
自衛隊

11式短距離地対空誘導弾の役割と後継、配備数は?

81式の後継として 陸上自衛隊には中〜短距離防空を行う各装備がそろっていて、特に短・近距離についてはかなり種類が充実しています。 なかでも、81...
外国関連

ロシアが自慢するポセイドン核魚雷の威力は本当か?

巨大津波を引き起こす ウクライナ侵攻によって西側諸国との敵対が深まるなか、NATO介入を防ぐためにも、ロシアは核兵器の恐ろしさをチラつかせてきました。...
アメリカ

アメリカのモバイル短距離防空「M-SHORAD」とは?

高機動・柔軟な防空兵器 自爆ドローンなどの新兵器が戦場で活躍するなか、これら空の脅威から地上部隊を守るための新しい防空システムがアメリカ陸軍に配備され...
海上保安庁

対中国の最前線、海上保安庁の尖閣領海警備専従部隊とは?

新型船を集中配備 尖閣諸島沖に毎日のように中国公船が出現するなか、これを24時間体制で監視・警戒しているのが海上保安庁の巡視船です。 こうした対...
タイトルとURLをコピーしました