海自・P-1哨戒機の実力とは

海上自衛隊

名機P-3Cの後を継ぐ国産哨戒機

海上自衛隊にとって重要な任務の一つに「哨戒」があります。これはいわゆるパトロールですが、四方を広大な海に囲まれた日本にとって、航空機による上空からの哨戒や監視は欠かせません。そのため、海自では優れた対潜能力を持つP-3Cオライオン哨戒機を数十年前から運用していますが、その後継機として国産のP-1哨戒機が登場しました。

⚪︎P-1哨戒機

全 長38m
全 幅35.4m
全 高12.1m
最大速度時速996km
航続距離8,000km
乗 員11名
兵 装対潜爆弾や魚雷など最大9,000kg
また、対艦・対地ミサイルを最大8発
価 格1機あたり約200〜210億円

P-1は防衛省技術研究本部と川崎重工業が開発した機体で、空自が運用するC-2輸送機と同時開発されました。そのため、P-1とC-2は部品の25%で共通のものを使っており、コスト削減に努めています。P-1は日本の哨戒機として久々の国産機であり、開発を巡っては国産派と外国機輸入派が対立しました。しかし、前回のP-3C導入時もほぼ同じ抗争が発生しており、この時は国産派が敗れたことから今回はリベンジを果たした形になりました。ちなみに、P-1導入時の対抗馬がアメリカのP-8ポセイドン哨戒機でした。

飛行するP-1哨戒機(出典:海上自衛隊)

開発は2000年から始まり、2013年に部隊配備までこぎつけました。途中の耐久試験では、一部の部品や機体そのものにヒビが入る問題が起きたため、同様の問題を抱えたC−2とともに「失敗作」「欠陥」の批判が相次ぎました。他にも、急減速を実施する試験でエンジンが全て一時的に停止する不具合も起きています。

その後、改良を施して強度不足を解消しており、C-2のように扉が落下するような事故も起きていません。飛行中のエンジン停止問題も原因究明と必要な改修を行った結果、今のところ異常はありません。したがって、開発当初は欠陥が見つかったものの、改修を経た現在は大きなトラブルなく任務に就いているのが実情です。

進化した哨戒能力、強化された攻撃能力

先輩のP-3Cがプロペラエンジンだったのに対し、P-1は4発のジェットエンジンを搭載しており、速度と航続距離が大幅に向上しています。哨戒機は潜水艦の追跡や広大な海上の監視をするために長時間飛行することが求められます。P-1の最大滞空時間は10時間以上と言われており、機内には休憩場所や電子レンジが設置されるなど、乗員の快適性を意識した点が見られます。

P-1は光ファイバーを使った操縦システム(フライ・バイ・ライト)を採用しています。これは、従来の電線を使ったシステムよりも速く信号を伝えることができ、電磁波の妨害を受けにくいメリットがあります。光ファイバーが断線した場合の修理が難しいデメリットはあるものの、操縦性はP-3Cよりも格段に向上したそうです。

さて、哨戒能力についてですが、新型レーダーを搭載することでP-3Cよりも遠距離かつ高高度から小さな目標を発見することができます。最近では不審船のような小型船舶に対する警戒感が高まっており、従来よりも小さな目標を見つける性能が求められます。

潜水艦を探知するためのソノブイは機体下部にある38個の発射口から投下されますが、P-3Cが飛行中に3つしか機内から装填できなかったのに対し、本機は全数を機内から装填可能です。ソノブイやセンサーで集めた情報は新型の処理装置によって一元的に分析・判別されます。他にも、イージス艦やF-15J戦闘機との情報共有も可能なため、作戦時の連携が取りやすくなっています。

哨戒任務に就くP-1(出典:海上自衛隊)

武装については、爆弾倉に最大9,000kgもの対潜爆弾や魚雷を搭載できます。そして、哨戒機であるにも関わらず、対艦もしくは対地ミサイルを最大8発搭載できます。発射試験を実際に行っているため、一定の対艦攻撃能力を有することは証明しています。単純に比較すれば、P-1は哨戒機でありながら「対艦番長」の異名を誇るF-2戦闘機の2倍のミサイルを搭載できるのです。そのため、P-1の存在自体が敵の水上艦船にとって「脅威」となり得ます。

一方、対地ミサイルの「マーベリック」については実戦における性能は申し分がないものの、射程が30km程度と短いため、目標にかなり接近しなければなりません。中型機のP-1がそこまで接近するのは被撃墜リスクに晒すだけであり、どこまで現実的かは議論の余地があります。

P-1哨戒機の将来は意外に不透明?

既述のようにP-1は航続距離がP-3Cの1.2倍なのでP-3Cよりも少ない数で同等の効果が期待できます。したがって、P-3Cが100機以上調達されたのに対し、P-1は最終的に70機ほどの配備数を目指すようです。現在は約40機が部隊に配備されていますが、今後は静粛性に優れた潜水艦を探知する能力を高め、AI技術を駆使した新型の識別システムを搭載する能力向上型P-1が登場予定です。一方、防衛省が2022年末に発表した自衛隊全体の大規模な改革案ではP-1哨戒機の配備数を将来的に削減し、一部を無人機シーガーディアンで代替する方針が盛り込まれました。

気になるP-1のコストについてはC-2輸送機との部品共通化に取り組んだ結果、1機あたり200〜210億円となっています。これは従来のP-3Cのおよそ倍の値段ですが、能力向上による少数配備で済むので単純比較はできません。もちろん、単価を下げるには装備品を量産するのが効果的ですが、自衛隊だけが顧客の状況では量産コストを下げられるだけの「数」が期待できません。

そのため、P-1も外国への売り込み対象として国際航空ショーや展示会への参加を通じてアピールしてきましたが、本機に限らず日本の装備品は外国で使われた実績がほぼないことから、一時はP-1哨戒機に興味を示した国々も結局アメリカ製のP-8ポセイドンを選びました。

厚木基地でP-1哨戒機(右)と並ぶ米海軍のP-8哨戒機(左)(出典:アメリカ海軍)

では、P-8とP-1はどちらが優れているのか?

明確な判定は難しいですが、コスト面ではP-8に軍配が上がります。P-8は既に120機以上が生産されているうえ、今後も輸出拡大による生産数の増加が見込まれているため、少数調達のP-1と比べて量産コストを下げて1機あたり200億円以下に抑えることに成功しました。また、肝心の性能についてですが、飛行性能や対潜能力に大きな差はないものの、P-8は無人機や無人潜水艇との連携を前提としていることから運用面ではP-1よりも「未来」を見据えているといえます。

関連記事:海自の対潜能力を支えるP-3C哨戒機

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました