低コストで高性能!SkyNex防空システムとは何か

外国関連
この記事は約3分で読めます。

トラックに載せられる新型機関砲

高額兵器さえ撃破できる小型ドローンは、使う側に対して優れた費用対効果をもたらす一方、迎撃側にとってはコスト的に不利な戦いを強いられます。

スイッチブレードのような自爆ドローンが脅威となっているのは事実ですが、高価な対空ミサイルで毎回迎撃しては割に合わず、安い手段で撃墜できるならば、それに越したことはありません。

こうした事態を受けて、ドイツの大手兵器メーカー・ラインメタル社は「SkyNex(スカイネックス)」という新しい防空システムを開発して、迎撃コストの削減を実現しました。

レオパルト2戦車の120mm滑腔砲も担当するラインメタル社は、これまでもスカイシールドなどの防空システムを作ってきた実績を持ち、今回のスカイネックスは同シリーズの最新版になります。

スカイネックスは対空機関砲や短距離ミサイルなどの防空兵器、探知距離が約30〜50kmの防空レーダー、多機能センサー、そしてこれらを一元管理する「スカイマスター」というコントロール・システムで構成されます。

特に注目されるのが35mm機関砲の「Mk3」であるため、この新型機関砲を指してスカイネックスと呼ぶケースも多いです。

有効射程4km、毎分1,000発の発射速度を誇るこの機関砲は、高性能な「Xバンドレーダー」を使った自動追尾・識別に加えて、ドローンやミサイルに対する電波妨害機能も獲得しました。

また、トラックに搭載できる高機動性とスカイマスターを通じた遠隔管理が特徴的で、ミサイルやドローン、砲弾、ロケット弾にいたるまでのあらゆる脅威に対処可能です。

コスパに優れた統合防空システム

スカイネックスはシステムそのものよりも新型機関砲「Mk3」の方が注目されがちですが、実際の利点は異なる防空兵器のセンサーを統合して、目標と脅威度に応じた最適手段を選べる点です。

スカイマスターが目標に応じて適任の防空兵器を自動選択して連接させるため、今までよりもはるかに効率的・効果的な拠点防空を目指せます。

前述の「Mk3」以外にも、牽引式の35mm連装機関砲、射程10kmの短距離ミサイル「スカイナイト」、指向性レーザー兵器が選べるなか、スカイナイトにいたっては最大60発入りの発射装置で敵の飽和攻撃にも対抗可能です。

いわゆる「ミニ・ミサイル防衛」を担うスカイネックスは、迫撃砲弾などの低脅威目標までカバーする意味ではアメリカの「C-RAM防空システム」に似ています。しかし、複数の防空兵器を組み合わせることから、スカイネックスの方が選択自由度が広いと評価できます。

そして、最大の魅力は高性能でありながら低コストで迎撃できる点です。

初期費用こそ1セット(全ての装備含む)あたり約100億円もかかってしまうものの、毎回の迎撃を安く済ませられるので、費用対効果的には十分といえるでしょう。

実戦経験に関してはまだありませんが、ロシアの侵略を受けたウクライナ向けにドイツ政府が2セットを購入しており、現地で活躍中のゲパルト対空戦車とともに対自爆ドローン・対巡航ミサイルの任務に就く予定です。

ミニ・ミサイル防衛を担うC-RAMとは何か?
ロケット弾や砲弾の迎撃システム アメリカは2001年の同時多発テロ事件が発生してから20年以上にわたる対テロ戦争を続けてきましたが、その際...

コメント

タイトルとURLをコピーしました