なぜ敗れた?機動装甲車(仮)

車両・火砲

総合評価でパトリアに敗北したMAV

陸上自衛隊が運用中の96式装輪装甲車の後継としてフィンランド製のパトリアAMVが選ばれましたが、この次期装輪装甲車の座を巡って最後まで争っていたのが三菱重工業が提案した「機動装甲車(仮)」なのです。まさに国産開発vs海外輸入の一騎討ちに敗れた形ですが、敗因は一体何だったのでしょうか?

⚪︎基本性能:機動装甲車(仮)

重 量18t
全 長8m
全 幅2.98m
全 高2.2m
乗 員11名?(操縦手は2名)
速 度不明
兵 装機関銃、擲弾銃
価 格不明

機動装甲車(仮)は三菱重工が開発した装輪装甲車ですが、「Mitsubishi Armored Vehicle」の略称である「MAV」としても知られています。96式装輪装甲車よりもひと回り大きい本車は、同じ三菱重工が開発した16式機動戦闘車の技術を流用しているうえ、部品の8割近くを共通化することで開発コストの節約と整備・補給面での効率化を図りました。

もともと、96式装輪装甲車の後継は同車を開発した小松製作所の「装輪装甲車(改)」が予定されていましたが、防弾性能の不具合などで計画が白紙となったことから機動装甲車(仮)とフィンランドのパトリアAMVが候補として挙がりました。そして、富士学校などの演習場で両者の比較試験が繰り返された結果、防衛省は2022年12月に自衛隊初のフィンランド装備になるパトリアAMVを採用することを発表しました。


これは機動装甲車(仮)に欠点があったというよりは、単純にパトリアAMVの方が防御力を含む基本性能で上回り、価格面でも優れていたのです。兵員輸送を目的とした装甲車である以上、機動装甲車(仮)も小銃弾や機関銃弾、砲弾の破片から乗員を守る防護力はありますが、ライバルのパトリアAMVは大口径の30mm弾にも耐えられる正面装甲や地雷や即席爆弾(IED)にも強いことで有名であり、この辺りが勝敗を分けたと言えます。

既に配備中の16式機動戦闘車と共通部品が多い機動装甲車(仮)は、現場にとっては馴染みのない外国製よりも整備が楽だったのでしょうが、選定に当たっては防衛省が特に防御力を重視したため、前例のないフィンランド製であっても性能が良ければ可としたのでしょう。

また、さほど古くない96式装輪装甲車を更新する背景には近づく有事を意識した焦燥感が存在しており、確実かつ早急に数を揃えられるかどうかも重視されたと思われます。機動装甲車(仮)は試作車が出来上がっているとはいえ、新規開発には不具合が伴うものなので、防衛省は開発遅延やコスト高騰のリスクをとるよりも信頼と実績がある既製品の購入に踏み切りました。残念な結果となった三菱重工の機動装甲車(仮)ですが、計画が頓挫した装輪装甲車(改)とともに「幻の国産装甲車」として歴史に記憶されることでしょう。

⚪︎関連記事:幻に終わった装輪装甲車(改)

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました