陰の立役者!訓練支援艦の役割とは?

自衛隊
この記事は約3分で読めます。

洋上訓練を支える重要なサポート役

海上自衛隊には、護衛艦や潜水艦などの主力部隊を支える「縁の下の力持ち」が多数所属しています。

そのひとつが「訓練支援艦」という船で、対空射撃訓練で使う無人標的機を管制するのが仕事。どんなに高性能な軍艦でも、訓練なしでは戦力にはなり得ず、こうした訓練環境を支える専用艦は極めて貴重です。

⚪︎基本性能:訓練支援艦「くろべ」「てんりゅう」

  くろべ てんりゅう
排水量 2,200t(基準) 2,450t(基準)
全 長 100.5m 106m
全 幅 16.5m 16.5m
乗 員 155名 140名
速 力 20ノット
(時速37km)
22ノット
(時速40.7km)
兵 装 62口径73mm速射砲×1 62口径73mm速射砲×1
装 備 無人標的機×8機
標的機管制装置
ミサイル評価装置
無人標的機×8機
標的機管制装置
ミサイル評価装置
価 格 約110億円 約120億円

海自における訓練支援艦の運用史は意外に長く、初代「あづま」は世界的にも珍しい「専用艦」として1969年に就役しました。

そして、この「あづま」の老朽化を受けて、1989年に「くろべ」、2000年には「てんりゅう」が後継として建造されました。

「くろべ」「てんりゅう」はともに似た大きさ、見た目をしており、装備面も大差ありません。ただし、後から登場した「てんりゅう」の方が居住性とエンジン出力で優れ、女性自衛官も考慮した設計になっています。

「くろべ(左)」と「てんりゅう(右)」(出典:海上自衛隊、筆者加工)

どちらも訓練時に無人標的機を発射、操って護衛艦の対空能力を向上させるのが役割であり、そのための管制機能や分析評価装置を備えています。

無人標的機は大型の「BQM-34J ファイアービー」、小型の「BQM-74E チャカIII」をそれぞれ4機載せていて、専用ランチャーで発射後は戦闘指揮所(通称「CIC」)から管制・操作します。

これらは連続発射と複数の同時管制が可能なため、訓練の参加艦艇に対して同時対処能力を試せます。また、無人標的機は最大時速1,000kmを誇り、想定される対艦ミサイルの役割を十分に果たせるものの、その値段は1機あたり数千万円とかなり高額です。

そのため、模擬弾で迎撃する護衛艦は、直撃ではなく、ギリギリでの回避を試みるそうです。標的とはいえども、高価なものを再利用したいのは当然でしょうね。

「BQM-74E チャカIII(左)」は通常格納庫で保管・整備される(右)(出典:海上自衛隊)

この迎撃訓練は、支援艦のミサイル評価装置を使って詳しく分析・評価された後、改善点を洗い出して将来の能力向上につなげます。

対する無人標的機の方は、訓練終了後はパラシュートを開いて着水して、母艦のクレーンで引き揚げられます。回収された標的機は、分解洗浄と次回に向けた整備が行われます。

ちなみに、「くろべ」「てんりゅう」はともに73mm速射砲を搭載していますが、これは無人標的機がコントロール不能に陥った場合に撃墜するためのもの。

それ以外の兵装はなく、2隻ともあくまで「縁の下の力持ち」として非戦闘任務に従事するため、有事でも前線投入はありません。一方、災害派遣では他艦艇と同様に救援活動や物資搬送で活躍してきました。

このように日々の訓練や災害派遣を支える訓練支援艦ですが、2027年度までに退役する見込みで、後継の建造予定は今のところ確認できていません。

そうなると、無人標的機の運用や評価システムの簡素化によって、専用の支援艦以外でも使えるようにするか、訓練支援そのものを民間委託するしかありません(情報漏洩の観点で考えづらいですが)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました