バランスが良い?たかなみ型護衛艦

海上自衛隊

むらさめ型の発展版として

海上自衛隊で花形と言われるのがイージス艦や戦後初の空母になる予定の「いずも型」ですが、数の上で海上戦力の中核を担うのが汎用護衛艦です。その汎用護衛艦でステルス性を意識し、ミサイルの垂直発射化を実現したのが「むらさめ型」ですが、それをさらに改良及び発展させたのが「たかなみ型」になります。

⚪︎基本性能:たかなみ型護衛艦

排水量4,650t (基準)
全 長151m
全 幅17.4m
乗 員175名
速 力30ノット(時速56km)
兵 装・127mm速射砲×1
20mm CIWS×2
・対艦ミサイル×8
・垂直ミサイル発射基 (VLS) ×32
・3連装短魚雷発射管×2
艦載機SH-60J/K哨戒ヘリ×1
(最大2機搭載可能)
価 格1隻あたり約640億円

1990年代後半に登場した「むらさめ型」は汎用護衛艦として十分な性能を有する艦種でしたが、21世紀に入ると主砲の火力強化、射撃管制装置とソナーの性能向上を目指した「たかなみ型」の建造が開始されます。

基本設計は「むらさめ型」とほとんど変わらず、改良型として当初は11隻を量産する予定でしたが、新型ソナー等の開発が間に合わず、結局5隻で打ち切りとなりました。それでも「むらさめ型」と合わせて14隻であり、護衛隊群の主力として重要なポジションを占めています。なお、本艦に搭載予定であった新型装備は「あきづき型」護衛艦に受け継がれました。

むらさめ型との違い

さて、よくある疑問が「むらさめ型」との違いです。

基本設計がほぼ同じのため、両者の見た目は似ていますが、最も大きな違いかつ区別するポイントは主砲です。「むらさめ型」は76mm砲を搭載しているのに対して、「たかなみ型」ではより大型の127mm砲にアップグレードされました。これは「こんごう型」イージス艦と同じ主砲であり、特に対地・対水上攻撃能力が大幅に強化されています。

また、VLSについても「むらさめ型」では対潜用と対空用をそれぞれ艦の前後に分けて装備していたのに対して、「たかなみ型」ではまとめて前部に配置しています。これはVLSが2種類あると実際は運用しづらく、統合した方が合理的と考えられたからです。ちなみに、前甲板に32セルまとめたことでVLSは位置が一段上になっており、外見上「むらさめ型」と見分けるポイントにもなっています。

このVLSはアスロック対潜ミサイルとシースパロー対空ミサイルを装備していますが、後者についてはその後より高性能のESSM(発展型シースパロー)に置き換えられました。なお、当初から同時に2個以上の目標に対処できるとされており、ESSMの搭載によって防空能力は建造時よりも大幅に向上したと言えます。

能力的な観点で見れば、情報処理能力で4番及び5番艦で新しい装置が採用されたり、レーダーも5番艦のみ能力強化型を搭載しているなど、1〜3番艦とそれ以降で差異があるのも特徴です。

「たかなみ型」の各兵装(出典:海上自衛隊、筆者加工)

全体的な能力では「むらさめ型」と大差はありませんが、ヘリ搭乗員待機室の新設と居住区の大部屋化(12名→30名)のように艦内区画は結構変更されています。これは、後部ではVLSを撤去して余裕が生まれた代わりに、前部ではVLSと主砲の大型化でスペースが取られていることに伴う変更点でしょう。

初期構想よりも半分以下の建造数に終わり、搭載予定であった新型装備が間に合いませんでしたが、「むらさめ型」のように対空・対水上・対潜能力の全てにおいてバランスが取れた使い勝手の良い艦になりました。これは汎用護衛艦に求められている最も大事な要素であり、世界基準で考えても優秀な艦と評価できます。

そのため、今も絶賛就役中の「たかなみ型」は、艦隊主力の一翼として近海のパトロールから遠方の海賊対策に至るまでのあらゆる任務をこなしており、今後も15年近くは現役を続ける見込みです。

関連記事:傑作艦?むらさめ型護衛艦

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました