アメリカ海軍の新しい遠征病院船「EMS」は救急車?

アメリカ
この記事は約3分で読めます。

高速で小型な遠征病院船

アメリカは最大1,300名に対応できる大型病院船「マーシー級」を運用しており、新型コロナ・ウイルスの流行時には逼迫するニューヨークとロサンゼルスの医療能力を支えました。

しかし、対中国を見据えた太平洋への展開を考えた場合、足の遅いタンカー改造型の2隻だけでは心許なく、より迅速にどこでにも駆けつけられる病院船が必要です。

そこで、米海軍は収容規模を大きく減らしてでも、高速航行ができる新型病院船を持つ方針を固め、まずは建造中の「スピアヘッド級」遠征高速輸送艦をミニ医療船としても使えるようにします。

これは本命とされる「ベセスダ級」遠征医療船(EMS)に向けた布石で、この新型医療船は「スピアヘッド級」をベースに開発される見込みです。

そのため、まずは「スピアヘッド級」の概要について。

⚪︎基本性能:「スピアヘッド級」遠征高速輸送艦(EPF)

排水量 1,515t(基準)
全 長 103m
全 幅 28.5m
乗 員 41名
速 力 最大43ノット(時速80km)
輸送能力 貨物等:約600t
兵 員:312名
兵 装 12.7mm機関銃×4を装備可能
建造費 1隻あたり約250億円

快速を誇る「スピアヘッド級」は就役する16隻のうち、最後の3隻に対して医療能力を与えて輸送と医療の「二刀流」を目指します。そして、その後は最低3隻の「ベセスダ級」遠征病院船が建造されますが、こちらはV-22オスプレイにも対応させて航空運用能力を高める予定です。

「ベセスダ級」の気になる医療設備については、4つの手術室と8つの隔離病床、10個の集中治療室(ICU)を含む計124個の病床となります。

これは現行の「マーシー級」には到底及ばないものの、30〜40ノットを出せる能力は緊急性の高い医療任務には適しており、現場に駆けつけて応急処置する「救急車」のような役割を担います。

したがって、「マーシー級」が大きな総合病院として機能するのに対して、「ベセスダ級」は戦域を駆け巡る救急車として使い分ける形です。

小型病院船がもたらすメリット

最近の軍事装備はどれも小型化・高機動化の傾向が見られますが、病院船もこうした流れを汲むことで、展開可能地域が増えるメリットが生まれます。

例えば、タンカーを改造した「マーシー級」は入港できる場所が限られる一方、小型で喫水の浅い「ベセスダ級」遠征病院船は小規模な港湾や浅海域にも展開可能です。

これは太平洋の島嶼部では有利に働き、有事はもちろん、平時における島嶼国の巡回医療でも寄港先を増やせるという使い勝手のよさをもたらします。

⚪︎関連記事:圧倒的な医療能力を誇るアメリカ海軍のマーシー級病院船

コメント

タイトルとURLをコピーしました