成層圏も楽勝?U-2偵察機とは

アメリカ軍

東西冷戦が生んだドラゴンレディ

飛行機が20世紀初頭に登場して以来、戦争では航空攻撃が最も重視されるようになりましたが、航空機の活用方法で見逃せないのが「航空偵察」です。気球を使った空からの偵察は19世紀には存在していましたが、飛行機の発明によってそれまでよりもはるかに遠くまで偵察できるようになりました。

第一次世界大戦、そして第二次世界大戦では各国とも敵情把握のために偵察機を投入しており、特に太平洋戦争では先に相手空母を発見した側が優位性を確保できることから偵察機がある意味で勝敗を握る存在になりました。

その後、米ソによる東西冷戦が始まると平時における偵察がより重要になってくるわけですが、カメラの性能が大幅に進化したこともあって、敵の戦闘機が到達できない高高度からの偵察が主流となります。そして、この高高度の航空偵察を目的にアメリカで開発されたのが今も現役の「U-2ドラゴンレディ」です。

⚪︎基本性能:U-2 S(現役)

全 長19.13m
全 幅31.39m
全 高4.88m
乗 員1名
速 度最高マッハ0.7
(時速760km)
航続距離11,200km
連続滞空時間12時間
実用上昇限度最大24,000m
価 格1機あたり約90億円(当時)

U-2偵察機は冷戦期に秘密のベールに包まれたソ連圏を偵察するために開発された機体ですが、面白いことに開発資金は米空軍ではなくCIAから出ています。最大の特徴は高度2万メートル以上の成層圏を飛行できる点ですが、これは通常の旅客機が飛行する高さの倍であり、ソ連が当時運用していた戦闘機が到達できない高度です。

しかし、空気の薄い高高度を飛行するためには他の航空機とは異なる設計が求められ、成層圏でも必要な揚陸を発生させられるグライダーのような長い翼が採用されました。この特殊な設計によってU-2は「世界一操縦が難しい飛行機」の異名を獲得しており、高高度で飛行する際は最高速度と失速速度の差がわずか18kmしかなく、着陸時は長い翼のおかげで逆に浮き上がりやすいなどの難点を抱えています。

この30メートル以上もある長い翼は着陸時に地面に当たらないようにするのが非常に難しく、実際は支援車両が滑走路を走りながら無線でパイロットを誘導します。細い機体に対してこれだけ長い両翼があるとそもそも左右のバランスを保つだけで精一杯でしょう。

支援車両がU-2を追走して着陸を支援(出典:アメリカ空軍)

U-2は高高度を飛行するためにあらゆる面で軽量化を図っており、装備も高性能カメラなどの偵察用機材を除けば飛行に必要な最低限のものだけ。乗員もパイロット1名であることから長時間飛行する割には機内にはトイレすらありません。

したがって、パイロットは宇宙服のような特殊スーツを装着して乗り込みますが、トイレはチューブを介して外付けの機械に行います。ちなみに、食事も全てチューブを使って摂りますが、ヘルメットを付けたまま食べられるように数個の穴が設けられているそうです。

意外に高い偵察能力と撃墜リスク

肝心の偵察能力についてですが、高性能な光学カメラを使うことで高高度からの撮影にもかかわらず、かなり精密な航空写真を撮ることができます。例えば、キューバ危機の発端となったキューバへのソ連製ミサイルの配備もU-2による偵察と撮影で発覚しており、当時から高い偵察能力を有していたことが伺えます。

開発から半世紀以上が経過した今でもU-2は現役ですが「中身」は大幅にアップグレードされており、特に従来のカメラに代わって電子・光学センサー類が偵察の要となっているようです。そのため、現在では目標の上空を飛ばなくても、近辺を飛行するだけでも精度の高い情報を得ることが可能であり、領空侵犯をしなくて済みます。

赤丸で囲った部分が偵察用のカメラ(出典:アメリカ空軍)

さて、U-2は当時の戦闘機が到達できない高高度を飛行することから安心して偵察できるように思えますが、実際には対空ミサイルが登場したことで結構な数が撃墜されています。主な偵察対象であるソ連はもちろんのこと、中国にも数機が撃墜されており、操縦の難しさに加えてこうした撃墜リスクも考慮するとU-2の任務はかなりの危険が伴うと言えます。

撃墜されたU-2のほとんどは対空ミサイルによるものですが、U-2は軽量化を目指した結果として自衛用の装備すら与えられておらず、機体そのものも頑丈とは言えません。むろん、パイロットスーツは高高度での脱出も考慮したものですが、敵地奥深くでの墜落と偵察任務という特性上、冷戦期は自殺用の青酸カリが配布されていたそうです。

現役の理由は良好なコスパ?

人工衛星や無人機による偵察が盛んな現在、操縦が難しいU-2をわざわざ使い続ける理由は何か?

まず、技術の進歩によって人工衛星でも精度の高い偵察は可能ですが、それでも航空機による偵察には敵いません。U-2は衛星よりも目標のはるか近くを飛行することができ、その分より正確な情報を収集できます。

また、撃墜されても人命を失うリスクがない無人機ですが、整備や飛行時におけるコストは意外に高く、古いU-2の方が低コストで同じ任務を達成できてしまうケースが多いようです。例えば、U-2偵察機の後継であり、航空自衛隊も導入する無人偵察機「グローバルホーク」は確かに優れた性能を有しますが、維持費も含めて1機あたり約140億円もします。したがって、どうしても無人機でなければならない理由がない限り、運用コストの低いU-2を使った方が合理的なのです。

U-2ドラゴンレディと後継機のグローバルホーク(出典:アメリカ空軍)

そして、U-2が衛星と無人機の両方に勝るのが「搭載力」です。U-2は衛星や無人機と比べてより多くの偵察用機材を搭載することができ、状況に応じた装備の変更も可能です。それに対して、人工衛星は一度打ち上げたら機材を変えることはできず、グローバルホークもU-2ほどは融通が効きません。

このように古くて操縦性が悪いU-2ですが、コスパに優れた情報収集手段としてはまだまだ利用価値があるのです。後継のグローバルホークが想定よりも高コストになったことも受けて、米空軍は現在も20機ほどのU-2を運用しており、改修を施しながら2050年頃まで使い続けるそうです。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました