超優秀?NASAMSって何?

アメリカ軍

ホワイトハウスも護るノルウェー・アメリカの防空システム

世界最強・アメリカ合衆国の中枢といえば、大統領が住むホワイトハウスですが、そんな超重要拠点を護る防空システムがノルウェーとアメリカが共同開発した「NASAMS(ナサムス)」です。

2001年の同時多発テロでは首都ワシントンから川を挟んですぐの国防総省(ペンタゴン)に飛行機が突入しており、ホワイトハウスも実は攻撃対象だったことから防空体制の見直しが図られました。そこで大統領を守るために配備されたのが2つの防空システムであり、1つがスティンガー・ミサイルを装備したアベンジャー防空システム。そして、もう一つが今回紹介するNASAMSになります。

NASAMSは1998年に登場した防空ミサイル・システムであり、ノルウェーのコングスベルグとトマホーク巡航ミサイルで有名なアメリカのレイセオンが共同開発しました。まず、ここで注意したいのがNASAMSはミサイルの名前ではなく、あくまで防空システムのことを指すこと。

実際に発射するミサイルは中距離空対空ミサイルの「AIM-120 AMRAAM」の地上発射型であり、NASAMSはこれをレーダーや射撃管制装置と組み合わせたシステムです。AIM-120自体は西側諸国で標準装備として使われているほど高性能な対空ミサイルとして有名で、航空自衛隊も最新鋭のF-35ステルス戦闘機に搭載するために導入しました。AIM-120 AMRAAMはミサイル自身がレーダーで目標を探知しながら向かう「撃ちっ放し能力(アクティブ・レーダー・ホーミング方式)」を有しており、これを使うNASAMSも同じ誘導方式を用いますが、これは西側諸国の地上発射型ミサイルシステムとして初めてでした。

AIM-120空対空ミサイル(筆者撮影)

NASAMSはミサイル本体を収めた発射機に加えて対空レーダーや制御装置で構成されていますが、車両に載せて移動・展開できるとともに、管制センターから約20km離れた地点に分散配置することも可能です。また、他の防空兵器との連携しながら重複攻撃や友軍機への誤射を避ける「チームプレイ」を行い、ネットワーク化された防空網を形成するのも特徴の一つです。

ちなみに、レーダーの探知範囲は120kmと言われており、射程距離はバージョンによって異なりますが(後述)、初期型でも25km以上はあります。そのため、中距離防空の要としてホワイトハウス周辺にも配備され、射程距離的にも連邦議事堂や主要官公庁を含めた首都中枢部をカバーしています。ホワイトハウス防護用にスティンガーミサイルも配備されていますが、こちらは短距離防空用の「最後の砦」なので、9.11同時多発テロのように飛行機が突入してきた場合はNASAMSが事実上のメイン担当としてこれを撃墜せねばなりません。

機動力と射程が向上したNASAMS 2、NASAMS 3

さて、2000年代後期に改良型のNASAMS 2が導入され、対空レーダーの性能向上に加えて、NATO及び西側諸国の標準情報通信システムであるリンク16が使えるようになりました。これによって目標に関する情報共有能力が強化され、対空戦闘における連携プレイがよりしやすくなったそうです。

そして、2019年には最新型のNASAMS 3が登場しましたが、発射機をハンヴィーの上に搭載できるようになったことで機動力が格段に向上しました。例えば、NASAMS 3はC-130輸送機による空輸が可能となり、悪路に強いハンヴィーによって以前は進出できなかった地形にも展開できます。このようにもともと機動性の高いハンヴィーに載せることで従来よりも展開オプションが増え、敵にとっては神出鬼没の厄介な防空システムとなりました。また、ディスプレイ型の射撃管制システムを導入したことでシステム自体の操作性も向上したため、短時間で展開してミサイルを放ち、反撃を受ける前に素早く撤収することも可能です。

最新型のNAMAS 3防空システム(出典:ノルウェー軍)

NAMAS 3では使用するミサイルは新型のAIM-120 AMRAAM-ERに変更しましたが、これは従来のAMRAAMの弾頭を発展型シースパロー(ESSM)に取り付けたミサイルであり、射程が50km以上に伸びたほか、飛翔高度もNASAMSの21kmから35kmに向上しました。

さらに面白いのが、より「短射程」のAIM-9Xサイドワインダーも発射できるようになった点。AIM-9Xは赤外線を探知して目標に向かう誘導方式を用いますが、アメリカは同ミサイルを対巡航ミサイル・対無人機に有効と考えており、NASAMSでもこうした使い分けがされると推測します。ただ、「短射程」と言ってもAIM-9Xは40km近い射程を誇るそうなので中距離防空に使う分には問題ありません。

気になる値段についてですが、NASAMSはセットで約30億円、発射するミサイルが1発あたり約1.5億円ですが、これは信頼性が高く、1機100億円の戦闘機を撃墜できる防空兵器としては納得のいく金額でしょう。国産兵器にこだわらない場合、スティンガーミサイルより長射程で、パトリオット(ペトリオット)ミサイルよりは安いNASAMSは総合的なコスパに優れた防空兵器として有力な購入候補になります。

実際、開発国のアメリカとノルウェー以外にもフィンランド、スペイン、オランダ、オーストラリア、リトアニアなどが導入済みで、ハンガリー、カタール、そして台湾が導入予定です。他にも、ロシアの軍事侵略を受けているウクライナに8つのNASAMSが供与されますが、これによって旧ソ連の防空兵器を活用しているウクライナ軍の巡航ミサイルや戦闘機・無人機に対する迎撃能力が飛躍的に向上すると思われます。この提供されるNASAMSも既に戦果を挙げているHIMARSロケット砲と同様にアメリカからの支援の一環であり、ウクライナ軍の戦力をさらに強化する一方で、今でさえ低調なロシア空軍の活動をますます低下させるでしょう。

⚪︎関連記事:スティンガーミサイルとは?

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました