超優秀?NASAMSの驚くべき性能や射程とは

アメリカ
この記事は約3分で読めます。

ホワイトハウスを守る防空システム

世界最強・アメリカ合衆国の中枢といえば、大統領が住むホワイトハウスですが、そんな超重要拠点を護る防空システムがノルウェーとアメリカが共同開発した「NASAMS(ナサムス)」です。

2001年の同時多発テロでは首都ワシントンから川を挟んですぐの国防総省(ペンタゴン)に飛行機が突入しており、ホワイトハウスも実は攻撃対象だったことから防空体制の見直しが図られました。

そこで大統領を守るために配備されたのが2つの防空システムであり、1つがスティンガー・ミサイルを装備したアベンジャー防空システム。そして、もう一つが今回紹介するNASAMSになります。

NASAMSは1998年に登場した防空ミサイル・システムであり、ノルウェーのコングスベルグとトマホーク巡航ミサイルで有名なアメリカのレイセオンが共同開発しました。

まず、ここで注意したいのがNASAMSはミサイルの名前ではなく、あくまで防空システムのことを指すこと。

実際に発射するミサイルは中距離空対空ミサイルの「AIM-120 AMRAAM」の地上発射型で、NASAMSはこれをレーダーや射撃管制装置と組み合わせたシステムです。

AIM-120自体は西側諸国で標準装備として使われているほど高性能な対空ミサイルとして有名で、航空自衛隊も最新鋭のF-35ステルス戦闘機に搭載するために導入しました。

AIM-120 AMRAAMはミサイル自身がレーダーで目標を探知しながら向かう「撃ちっ放し能力(アクティブ・レーダー・ホーミング方式)」を有しており、これを使うNASAMSも同じ誘導方式を用いますが、これは西側諸国の地上発射型ミサイルシステムとして初めてでした。

AIM-120空対空ミサイル(筆者撮影)

NASAMSはミサイル本体を収めた発射機に加えて対空レーダーや制御装置で構成されていますが、車両に載せて移動・展開できるとともに、管制センターから約20km離れた地点に分散配置することも可能です。

また、他の防空兵器との連携しながら重複攻撃や友軍機への誤射を避ける「チームプレイ」を行い、ネットワーク化された防空網を形成するのも特徴の一つです。

ちなみに、レーダーの探知範囲は120kmと言われており、射程距離はバージョンによって異なりますが(後述)、初期型でも25km以上はあります。

そのため、中距離防空の要としてホワイトハウス周辺にも配備され、射程距離的にも連邦議事堂や主要官公庁を含めた首都中枢部をカバーしています。

ホワイトハウス防護用にスティンガーミサイルも配備されていますが、こちらは短距離防空用の「最後の砦」なので、9.11同時多発テロのように飛行機が突入してきた場合はNASAMSが事実上のメイン担当としてこれを撃墜せねばなりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました