100年も現役?B-52爆撃機

アメリカ軍

冷戦期に恐れられた「死の鳥」

アメリカ空軍が運用する爆撃機に「成層圏の要塞」の異名を誇る機体があります。それが今回紹介するB-52爆撃機ですが、この機体は初飛行から70年も経った今もバリバリの現役であり、「超長寿」の飛行機として有名です。

⚪︎基本性能:B-52爆撃機

全 長47.5m
全 幅56.4m
全 高12.4m
乗 員5名
速 度最高時速1,028km
航続距離16,316km
兵 装爆弾、ミサイル等
最大16トン
価 格1機あたり約90億円

核戦争が現実味を帯びていた冷戦期、ソ連への核攻撃を想定した大陸間爆撃機として開発されたB-52は1955年から配備され、ベトナム戦争で初めて実戦投入されました。14,000m以上の高高度を飛行し、100発近い無誘導爆弾を満載できる本機は、対空ミサイルや事故による損失機はあるものの、現在に至るまで敵機に撃墜されたことがありません。むしろ、機銃を使って敵機を2機撃墜した記録を持っており、「成層圏の要塞(ストラトフォートレス)」という愛称を獲得しています。

B-52が爆撃する様子(出典:USA Military Channel)

配備当初はソ連からの先制攻撃による全滅を回避するため、核爆弾を搭載した数機のB-52が常に上空を飛行するパトロール体制を構築し、いつでも反撃できるようにしていました。仮に先に攻撃しても確実な反撃を受けると分かれば、そもそも先制攻撃をする理由がなくなります。したがって、このB-52爆撃機による常時パトロール体制は核戦争の抑止に少なからず寄与しており、陸上配備ミサイル、潜水艦発射型ミサイルとともに戦略核兵器の三本柱を構成しました。

幸い、当初想定されたような核攻撃任務を遂行することはありませんでしたが、初実戦のベトナム戦争以降も湾岸戦争やイラク戦争などで通常の爆撃任務に従事してきました。特に、ベトナム戦争では多数のB-52が投入されて北ベトナムに対して大量の絨毯爆撃を行ったことから「死の鳥」として恐れられました。

優れた総合評価を持つ爆撃機として

さて、B-52の運用開始から既に70年近く経ちますが、未だに使われている理由とは何でしょうか?

それは抜群の信頼性と使い勝手の良さに尽きると言えます。

1950年代に開発されたB-52はステルス性能を有しておらず、近代化改修を施されても決して高性能な機体とは呼べません。計器類などはアナログのものが多く、さらなる改修の必要性も取り上げられているほど。しかし、逆説的ながら、古い技術だからこそノウハウや対処法が確立済であり、抜群の信頼性と安定性を有するとも言えます。

このアナログが生む信頼と安定がB-52の長期運用における一つのポイントです。最新鋭の機体は確かに高性能ですが、それは未知の不具合が存在する裏返しになります。一方、半世紀以上前の技術をベースに作られた機体の場合、問題点は一通り洗い出されており、安心して使えるわけです。新技術を盛り込み、試行錯誤して作った後継兵器よりも、豊富な運用実績を持つ先代兵器をあえて使い続けるケースがありますが、B-52爆撃機はその典型例です。

アナログな技術が多く使われているB-52のコックピット(出典:アメリカ空軍)

実際、B-52に代わり得る存在として複数の爆撃機が開発され、B-2スピリットのように世界最高峰のステルス性を誇る機体もあります。しかし、高性能な機体の代償として高いコスト及び維持費が付きまとい、高いがゆえに実戦投入を躊躇するという心理も働きます。そして、これらの爆撃機は航続距離と兵器搭載量ではB-52には及びませんでした。

「長距離飛行して大量の爆弾を投下できる」という爆撃機の役割を果たし、コストパフォーマンスも考慮した結果、総合的な評価ではB-52に軍配が上がるのです。特に、冷戦終結後は限定的な防空能力しか持たない国家や非正規組織を相手にした爆撃任務が多かったため、新鋭機を投入するよりもコスパに優れたB-52を投入した方が合理的でした。

航空界の100年選手として

いわゆる「最も爆撃機らしい爆撃機」のB-52ですが、現在も75機ほどが運用中であり、「親子二代でB-52のパイロット」「機長より機体の方が年上」という状況が発生しています。最後のB-52が製造・配備されたのが1962年なので、最新機でも既に60年経過しているわけですが、B-52はなんと2045年まで現役運用することが決まっています。

面白いことにB-52よりもずっと後に登場したB-1ランサーB-2爆撃機の方が先に引退するのに対し、B-52はエンジン交換を含む近代化改修を施した上で現在と同じ75機体制を維持する予定です。現在開発中のB-21ステルス爆撃機と共に将来の戦略爆撃隊を構成するようですが、これは高額・高性能な兵器と廉価でそこそこな性能の兵器を組み合わせる米空軍の「ハイローミックス」思想にも通じます。

爆撃機の完成形とも言えるB-52(出典:アメリカ空軍)

実際のところ、対中国を前にして慢性的な予算不足に苦しむ米軍にB-52の後継機を開発する余裕はなく、維持費と使い勝手の面で優れたB-52を延命した方が合理的と判断したのでしょう。ただ、高い防空能力を持つ中国の前ではB-52は格好の餌食となるため、敵勢力圏に侵入して叩く役割はB-21ステルス爆撃機に譲り、B-52は専ら勢力圏外からのミサイル発射や航空優勢下での攻撃任務に従事すると推測します。

また、平時においては、B-52は仮想敵国と同盟国に対してアメリカの意志を思い知らせる役割を演じます。70年以上も現役であり、様々な実戦に投入されてきたB-52は今や米空軍の力を示す象徴的存在となりました。その「力の象徴」が平時から仮想敵国の勢力圏を飛行することで牽制と抑止に寄与しているのです。

このように対中国を見据えて改修・延命を施されるB-52ですが、実際の運用は2045年どころか2050年代までされる見込みであり、そうなれば初配備から実に100年間も運用され続けたこととなります。1世紀にわたって現役運用され、「親子三代で同じ機体のパイロット」という航空機は後にも先にもB-52だけでしょう。まさに航空界の100年選手になるわけですが、最新鋭のB-21ステルス爆撃機と100年前の機体が戦略爆撃隊を組む光景は印象的かつ面白いものになりそうです。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました