ロケットの雨を降らせるMLRS

車両・火砲

「数」で圧倒して「面」を制圧

陸戦において敵を遠方から攻撃する手段の一つとしてロケット弾がありますが、これは大砲やミサイルより比較的安いものの、命中精度が低いのが難点です。そこで、短時間で多数のロケット弾を放って命中率の低さを「数」で補う方法が採用され、現代の多連装ロケット砲に繋がりました。

多連装ロケット砲は大小様々な種類が存在しますが、最も有名なのが第二次世界大戦でソ連軍が使用したカチューシャでしょう。複雑なミサイルと異なり、シンプルな構造のロケット砲は財政的に余裕のない中小国の軍隊でも愛用されており、小型のものはトラックの荷台に搭載できることから一部武装勢力も使っているほどです。

1発あたりの確実な命中を狙う大砲やミサイルに対して、多連装ロケット砲は「数」で相手を圧倒して「面」を制圧するのが主な目的。大量のロケットが飛んでくる状況は、物理的損害はさることながら、敵の恐怖と混乱を招く心理的効果も期待できるため、現代でも有効な兵器として使われているのです。また、なかには各ロケット弾に誘導装置を付けてミサイルのような命中率を叩き出すものも存在します。

自衛隊も有する西側諸国のベストセラー

諸外国に倣い、陸上自衛隊も多連装ロケット砲を保有してきましたが、現在運用中なのがアメリカが開発した「M270 MLRS」です。「MLRS」とはMultiple Launch Rocket System(多連装ロケットシステム)の略であり、広義の意味では全ての多連装ロケット砲を含みますが、もはやM270のみを指す固有名詞となっています。

⚪︎基本性能:M270 MLRS

全 長7.06m
全 幅2.97m
全 高2.6m
重 量24.8t
乗 員3名
速 度時速64km
行動距離480km
兵 装227mmロケット弾×12
射 程45km以上
価 格1両あたり約19億円

MLRSはアメリカが1970年代にソ連に対抗して開発した多連装ロケット砲であり、西側諸国を中心に13ヶ国で1,300両が運用されているベストセラーです。車体後部に6発のロケット弾を装填したコンテナを2つ搭載しており、およそ4〜5秒間隔で12発のロケット弾を発射することができます。全弾撃ち尽くした後はコンテナごと入れ替えることで最短8分で再装填が完了します。

ロケットを発射する陸自のMLRS(出典:陸上自衛隊)

MLRSのロケット弾は直径227mmと大型であり、ミサイルに匹敵する威力と30〜45kmの長射程を誇ります。通常弾頭の以外にも、多数の子爆弾を内蔵したクラスター弾タイプがあり、半径100-200mの広範囲にわたって被害を及ぼします。実際、初実戦となった湾岸戦争では200両以上がクラスター弾を含むロケットの雨を降らせてイラク軍を恐怖の底に陥れました。

日本では陸上自衛隊が1992年から配備を始め、計99両を導入しましたが、富士学校と九州の一部部隊を除き、ほとんどが北海道の特科部隊に配備中です。陸自では指揮装置や再装填用の弾薬車など18両で1個のMLRS大隊を構成しており、上陸してくる敵に対して海岸付近で打撃を与える目的で運用されてきました。しかし、現在は海上自衛隊のおおすみ型輸送艦に搭載して洋上で敵の艦船を攻撃する任務も付与され、2014年の演習では実際に海自艦艇に搭載しての射撃訓練が行われてました。

陸上自衛隊のMLRS(出典:陸上自衛隊)

また、当初は子爆弾400個以上を含むクラスター弾を装備していましたが、2008年に日本がクラスター弾禁止条約に署名したため、クラスターロケット弾は廃止となりました。代わりにGPS誘導装置を付けた90kgの高性能爆薬弾頭タイプを採用しており、今では精密攻撃が可能なミニ・ミサイルと化しています。

小型・高機動が好まれる時代におけるMLRSの将来

ロケットの雨を降らせるMLRSですが、最近では「空輸性」の低さが欠点として取りざたされるようになりました。空輸による迅速な展開が求められる昨今の戦場では小型で軽量な火砲が好まれる傾向がありますが、大型のMLRSは搭載できる輸送機が限られてしまいます。

そこで、アメリカはキャタピラ式ではなく装輪式のM142高機動ロケット砲システム、通称HIMARS(ハイマース)を開発し、空輸性に優れた小型かつ軽量な火砲を登場させました。ただ、HIMARSの登場によってMLRSがお役御免となったわけではなく、ロシア=ウクライナ戦争ではロシア軍の陣地や兵站を叩く重要な役割を果たしています。機動力でHIMARSに劣るとはいえ、大火力は健在なのでまだ全然使える装備なのですが、大規模な改編を実行する防衛省はMLRSを「陳腐化」と評したうえで2029年度までに退役させる意向です。後継については具体的に示されていませんが、おそらく導入予定の長射程ミサイルや高速滑空弾で代替するのでしょう。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました