おおすみ型輸送艦は強襲揚陸艦なのか?

海上自衛隊

輸送力を飛躍させた「ドック型輸送揚陸艦」

昨今、離島奪還作戦が現実にあり得る有事として注目を集めており、それを想定した日本版海兵隊・水陸機動団の発足や水陸両用車の導入が進められてきました。しかし、いざという時にはこれら人員と装備を上陸予定地点の近くまで海上輸送する必要があります。この時に用いられるのが海上自衛隊唯一の輸送艦「おおすみ型」です。

⚪︎基本性能:おおすみ型輸送艦

排水量8,900t(満載時14,000t)
全 長178m
全 幅25.8m
乗 員135名
速 力22ノット(時速41km)
兵 装20mm機関砲×2
※陸自の火砲を甲板上に設置可
搭載艇エアクッション型揚陸艇(LCAC)×2隻
輸送力陸自1個中隊(330名+車両30〜40両)
価 格1隻あたり約500億円
同型艦しもきた、くにさき

おおすみ型が登場する前の海自は2,000トン級の低速輸送艦しか持っておらず、輸送力と高速力を持つ大型輸送艦が切望されていました。そして、1990年代のPKO派遣時に外洋を航行できる大型輸送艦の必要性を痛感した結果、おおすみ型の建造が認可されました。

それまでの輸送艦が海岸に乗り上げて揚陸するタイプだったのに対し、おおすみ型は沖合に展開してLCAC舟艇やヘリを使った揚陸方法を採用しています。ちなみに、LCAC舟艇は最高時速92kmを誇り、戦車1両または大型車両3-4台を積載して海岸に乗り上げます。

艦全体としては、陸自1個中隊に匹敵する330名を収容することができ、長期の航行に備えた専用の居住スペースも設けられています。装備品については、大型トラックならば最大65両、90式戦車は18両も積載可能です。つまり、単純に考えれば、おおすみ型3隻で陸自1個連隊規模の戦力を輸送できるのです。

LCAC(左)は輸送艦の後部にあるウェルドックから発進する(右・赤丸で囲んだ部分) 出典:海上自衛隊、筆者加工

また、海自艦艇として初めて全通式甲板を採用したことで大型ヘリの離発着が可能です。もともと陸自のCH-47輸送ヘリを2機運用できる想定で建造されていますが、今後はオスプレイの離着艦を見据えた改修が実施されます。しかし、格納庫と補給・整備能力を持っていない本艦での航空運用はかなり限定されます。

このように一定の航空運用能力を有するおおすみ型ですが、建造時はその見た目から「空母」「侵略を想定した強襲揚陸艦」と一部から批判されました。今でこそ「いずも型」や「ひゅうが型」のようなヘリ空母が就役していますが、大型輸送艦でさえ反発を呼んだのです。

広い全通式甲板を持つおおすみ型輸送艦(出典:海上自衛隊)

では、おおすみ型は空母になり得るのか?答えはノーです。

そもそも、おおすみ型は格納庫がなく、エレベーターも車両用のものしかありません。そして、わずか178mの全長は固定翼機を運用するのには短すぎます。空母化予定のいずも型は全長248m、空母化改修がほぼ無理なひゅうが型は全長197mです。仮にスキージャンプ台を設置しても、22ノットの速力では離陸に必要な揚力を生み出せないでしょう。つまり、空母に必要な条件がまるで揃っていないのです(輸送艦なので当たり前ですが)。

それでは、おおすみ型は強襲揚陸艦なのでしょうか?これも答えはノーです。

まず、強襲揚陸艦は上陸部隊とこれを揚陸するための舟艇およびヘリコプターを搭載した艦です。つまり、ヘリの搭載と運用を前提としており、艦内には格納庫も設置されています。一方、おおすみ型は揚陸用舟艇を搭載しているものの、艦載機と格納庫はありません。したがって、おおすみ型輸送艦は「ドック型輸送揚陸艦」に分類されるのです。

災害派遣で毎回活躍する働き者

従来よりも輸送力に優れたおおすみ型は、災害派遣時にはそのポテンシャルを発揮します。派遣される陸自隊員と救援物資を乗せて出動し、救難活動と支援物資を揚陸します。この際、港に接岸できれば大型クレーンと舷側のランプドアを使った揚陸を一気に行えます。接岸できない場合は、沖合に展開してLCACとヘリを使っての揚陸となりますが、LCACはそれまでの輸送艦と比べて揚陸可能な海岸がはるかに多く、揚陸地点の柔軟性が向上しています。

右舷ランプドア(矢印部分)と格納中の大型クレーン(赤丸部分) (筆者撮影、加工)

さらに、おおすみ型の艦内には手術室、2つの集中治療室、6つの病床などの医療設備があり、甲板を使えば野戦病院施設と入浴施設も展開できます。そのため、被災地からヘリで搬送される患者を艦内で収容・治療する病院船の顔も持っています。

このように洋上の救難・支援拠点として機能する本艦ですが、車両を積載するスペースを使えば最大1,000人を一時収容できます。そのため、災害派遣時には同じく広い甲板スペースを有するいずも型、ひゅうが型とともに海自の洋上基地として活躍します。

後継艦は強襲揚陸艦?

国内の災害派遣のみならず、自衛隊の海外派遣や国際緊急援助の際も出動してきたおおすみ型は就役から既に20年以上が経過しており、そろそろ後継艦を検討しなければなりません。
最も想定される有事の離島防衛に備えた揚陸能力の必要性は高まる一方ですが、おおすみ型3隻のみでは輸送力が足りていません(ローテーションを考えれば、3隻揃って出動できる体制は難しい)。

このため、海自は後継艦として強襲揚陸艦の導入を検討しているようです。離島奪還作戦のための水陸機動団の揚陸を担うと場合、後継艦は最初からヘリコプター、オスプレイ、AA7-7水陸両用車の運用を前提に建造されるでしょう。名称は「多目的輸送艦」なるものが飛び交っていますが、実質的な強襲揚陸艦になるでしょう。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました