空母化は無理?ひゅうが型護衛艦

海上自衛隊

海自初のヘリ空母として登場

海上自衛隊の護衛艦といえば、空母化される「いずも型」が有名ですが、その前に海自初のヘリ空母として登場したのが「ひゅうが型」です。ひゅうが型は、いずも型よりひと回り小さいですが、戦後初めての全通式甲板を持つ護衛艦であることから海自空母の先駆け的存在といえます。

関連記事:自衛隊初の空母「いずも」型の実力は?

⚪︎基本性能:ひゅうが型護衛艦

排水量13,950t(満載時19,000t)
全 長197m
全 幅33m
乗 員360名
速 力30ノット(時速56km)
兵 装20mm機関砲×2、垂直ミサイル発射基(16セル)、
3連装短魚雷発射管×2、機関銃
搭載機SH-60K哨戒ヘリ×3
MCH-101掃海/輸送ヘリ×1
※最大搭載機数:11機
価 格1隻あたり約1,000億円

海上自衛隊は空母建造構想を長年抱えていましたが、国内外の反応と政治的判断から実現できていませんでした。そこで、海自はヘリコプターを2機以上搭載できる護衛艦(DDH)の保有から始め、1990年代には全通式甲板の「おおすみ型」輸送艦を建造します。このように、国内外の反応を見つつ、徐々に空母保有に向けたステップを踏んできました。

2000年代に入って中国が急台頭してくると、老朽化した2隻のDDHの後継として本格的なヘリ空母「ひゅうが」「いせ」の建造を決めます。当然、中国と韓国からの反発はあったものの、国内世論の方は恒例の一部界隈を除けば、ほとんど反発はありませんでした。また、他のアジア諸国や同盟国アメリカも「対中国」の観点から反対どころか、むしろ歓迎の意向を示しています。後に登場するいずも型も含めて、空母保有に向けたタイミングを巧く掴んだ感があります。

ひゅうが型はいずも型と比べると全長は51m短く、排水量も5000トン以上少ないです。しかし、ひゅうが型2隻の代わりに退役した「はるな型」が基準排水量5,000トン弱、搭載機数が3機であったことを考えると、本艦の登場がどれほど画期的だったか分かります。

最大の特徴である航空運用能力については、以下のような点があります。
・最大搭載機数は11機(1隻で1個護衛隊群相当の哨戒ヘリを搭載可)
・護衛艦として初めて格納庫と甲板を結ぶエレベーターを装備
・飛行甲板に4機分のヘリスポットが設けられており、3機が同時離発着可能
・陸自の攻撃ヘリやオスプレイも離発着可能(実証済み)

上記のように、ひゅうが型1隻が組み込まれるだけでその護衛隊群の航空運用能力と対潜哨戒能力は飛躍的に向上します。

ヘリ4機の駐機スポットがあるひゅうが型(出典:海上自衛隊)

ここで一つ疑問が湧きます。ひゅうが型は空母化できないのか?

結論から言うと、「無理ではないが、わざわざ改修するほどではない」です。理由は主に2つあります。

まず、飛行甲板の長さがF-35B戦闘機を運用するには心許ないです。同機を運用している米海軍の強襲揚陸艦、英海軍のクイーン・エリザベス級空母、そして空母化予定のいずも型はどれも全長が250m近くあります。ひゅうが型もスキージャンプを設置すれば、F-35Bの運用は不可能ではありませんが、いずも型で運用する場合と比べて戦闘機に搭載できる燃料と兵装はかなり減ります。

そして、最大の理由が甲板上にあるエレベーターの位置です。ひゅうが型には航空機を移動させるエレベーターを2つ設置していますが、どちらも甲板の真ん中に埋め込まれています。このため、エレベーターよりも大きい航空機は搭載できません。これに対して、いずも型は後部エレベーターが艦の側面に設けられているため、航空機を少し外にはみ出しての運用ができます。そのため、戦闘機の運用を想定する場合は、通常は舷側エレベーターを設けるのです。

艦中央部にエレベーターがある「ひゅうが(左)」と右舷側にある「いずも(右)」(出典:海上自衛隊、加工:筆者)

ただし、ひゅうが型の一番大きいエレベーターは長さ20m、幅13mなので、全長15.6m、全幅10.7mのF-35Bを載せることは可能です。それでも、艦の中央部にあるエレベーターを動かしている間は飛行甲板は基本的に使えません。さらに、格納庫がいずも型よりも当然小さく、F-35Bのみを載せるわけには行かないので、実際に運用できたとしても5機程度でしょう。

では、F-35Bを数機運用するためだけに哨戒ヘリの搭載数を大きく減らした上で、甲板の耐熱処理やスキージャンプ設置を含めた改修をすべきか?やはり、割に合わせない気がします。対潜哨戒能力を犠牲にしてまで、「ヘリ空母」として建造されたひゅうが型を無理に空母化することはないと思われます。

艦隊旗艦として

ひゅうが型はその船体の大きさを活かして、護衛隊群司令部に匹敵する規模の設備や機能を備えています。これは護衛艦として初めてであり、艦隊旗艦としての役割を十分果たせるように通信機能と戦闘指揮・管制システムを大幅に強化しています。さらに、新型レーダーの搭載によって探知距離が従来の汎用護衛艦よりも優れており、僚艦を指揮する艦隊旗艦に相応しい性能を備えています。

一方、洋上基地および艦隊旗艦としての役割を持つため、水上戦闘への直接参加は想定しておらず、対艦攻撃能力はありません。ただ、最低限の自艦防衛装備しか持たない「いずも」とは異なり、本艦はVLS(垂直ミサイル発射基)を16セル搭載しています。したがって、アスロック対潜ミサイルとESSM対空ミサイルを使っての対潜・対空戦闘が可能です。

ESSM対空ミサイルを発射する「ひゅうが」(出典:海上自衛隊)

このように、洋上の航空基地および艦隊旗艦として運用されるひゅうが型は、有事においてはいずも型とともに重要拠点になります。例えば、離島奪還作戦では各種ヘリの補給や人員物資を集約・輸送を実施する中核拠点として機能します。また、艦内には集中治療室と手術室を含む病床が8つあり、必要に応じて格納庫や甲板に野戦病院を開設できます。これら機能は災害派遣で実際に活用されており、東日本大震災では沖合の基地として重宝されました。

いずも型が空母化されると関心は益々そちらに集中しますが、「いずも」「かが」は戦闘機を載せる分だけ対潜哨戒ヘリを減らすため、対潜に特化したヘリ空母はひゅうが型2隻のみになります。海自の強みは米海軍をも凌ぐと言われる対潜能力であるため、「ひゅうが」「いせ」は引き続き対潜哨戒能力を支えてほしいものです。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました