レアすぎる?陸自・輸送防護車

車両・火砲

爆風に強い、邦人救出用の軽装甲車

グローバル化によって世界各国の距離感は一気に縮りましたが、その反面さまざまな軋轢や歪みも生まれています。テロリズムはその一例であり、残念ながら日本人もテロ被害と無縁ではありません。近年は過激派組織によって邦人が人質に取られたうえ、犠牲になる事件も多発しており、どうやって救出するかが課題となっています。

特に、2013年のアルジェリア人質事件で10人もの日本人犠牲者を出したことを受けて、自衛隊による海外の邦人救出が本格的に議論されました。その結果、従来は認められていなかった自衛隊による在外邦人の陸上輸送が可能となり、そのための装備として「輸送防護車」を購入・配備しました。

⚪︎基本性能:輸送防護車ブッシュマスター

全 長7.18m
全 幅2.48m
全 高2.65m
重 量14.5t
乗 員10名
速 度時速100km
航続距離800km
兵 装5.56mm機関銃×1
価 格1両あたり約2,000万円

自衛隊による邦人救出は2013年以前も可能ではあったものの、その手段は航空機と艦船に限られていたため、自力で空港や港まで来る必要がありました。自国の軍隊を派遣せねばならない切迫した事態の中で、民間人に「自分で空港まで来い」というのはあまりに非現実的です。

そのため、2013年のテロ事件を受けて、陸上輸送を可能とする法改正が行われ、より現実に即した救出任務ができるようになったのですが、想定状況ではテロリストや非正規軍がよく使う即製爆発物(IED)にも耐えられる車両が求められました。

陸自の有する高機動車軽装甲機動車は銃弾に対する耐久性はあるものの、IEDなどの爆風には対処しきれない弱点を抱えています。そこで、爆発及び爆風に強い車両を探し求めた結果、オーストラリアの「ブッシュマスター」に白羽の矢が立ちました。

オーストラリア軍のブッシュマスター(出典:オーストラリア陸軍)

ブッシュマスターはオーストラリアが開発した軽装甲車であり、同国陸軍が1,000両以上も導入した実績を持ちます。最大の特徴は「V字型」に設計された車体底部であり、これによって爆風を左右に逃して、車体と乗員への被害を軽減させることができます。

戦車のような重量級の車両でさえ真下から爆風には弱く、あの米軍のハンヴィーもイラクやアフガニスタンでは路肩爆弾などのIEDによってひっくり返る被害が多発しました。一方、ブッシュマスターは特殊な底部設計のおかげで地雷やIEDへの耐久性が高く、爆風に強い車両として名を馳せています。

また、前後に最大3丁もの機関銃を設置することができ、小銃弾や機関銃弾にも耐えられる装甲を施しているので、他の輸送車と比べても決して劣りません。乗員は運転手を含めて最大10名ですが、軽装甲機動車の5名と比べると倍になります。爆風への耐久性と定員の多さを考慮すれば、同車が邦人救出車両の有力候補に上がったのは自然と言えるでしょう。

陸上自衛隊の輸送防護車(出典:陸上自衛隊)

元々、砂漠地帯が多いオーストラリアを想定して開発されたこともあってか、陸自車両としては珍しいエアコンが完備されており、長距離行動を想定した飲料水タンクも搭載できます。したがって、同車は邦人救出が主に想定される中東や北アフリカなどの気候への適応性も良好であり、軍用車にしては乗り心地は悪くないそうです。

その結果、2014年にブッシュマスターを「輸送防護車」として購入することが決まり、陸自の緊急展開部隊である中央即応連隊に4両が早期配備されました。決め手は既述の通りですが、他にもオーストラリアは日本と同じ右ハンドルであったり、同車がサイズ的にC-130H輸送機や新型のC-2輸送機に搭載できるメリットもありました。特に、一刻を争う救出任務の場合は「空輸の可否」が非常に大きなポイントとなります。

邦人救出訓練の様子、真ん中が輸送防護車(出典:陸上自衛隊)

さて、多数の犠牲者を出したテロ事件を契機として急遽導入された輸送防護車ですが、現時点での配備数はわずか8両のみ。全車が中央即応連隊に配備されていますが、邦人救出任務そのものが頻繁には発生しないため、これ以上調達する計画はないと思われます。

では、「8両で足りるのか?」という疑問ですが、運転手と機関銃手を除いた定員8名に対して8両全てを投入した場合、単純計算で64人を救出することができます。これをどう捉えるかは、数十人以上の邦人が取り残される状況がどれだけ発生するかによって変わりますが、外国にいきなり大部隊を緊急展開できない現状もあります。また、実際の任務では輸送防護車に加えて軽装甲機動車などの護衛車両も随伴するので、必要があれば何人かはそちらに同乗させると思われます。

確かに、8両という数はいささか心許ないですが、反発を招く可能性や事前調整のことを考えると、主権国家に多数の自衛隊機と車両が乗り込むわけにもいきません。したがって、今の数が救出任務で相手国に展開が許されるレベルなのかもしれません。

いずれにせよ、輸送防護車はわずか8両しかない超レアな車両であり、中央即応連隊にしか配備されていないので、お目にかかる機会は滅多になく、本来任務での「出番」がないに越したことありません。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました