「平成の零戦」F-2戦闘機

航空機

「準」国産戦闘機F-2の性能は?

F-2戦闘機は、アメリカのF-16戦闘機をベースに日米共同で開発した戦闘機であり、設計と生産は三菱重工業が担当した「準」国産機です。当初から対艦攻撃能力を持つ本機は、制空任務に就くF-15J戦闘機と区別するために、「支援戦闘機(いわゆる戦闘攻撃機)」と呼ばれていましたが、今では「戦闘機」と変更されています。第二次世界大戦の傑作機「ゼロ戦(零式艦上戦闘機)」を生んだ三菱重工業が設計と生産を担当し、「平成のゼロ戦」「ハイパーゼロ」の異名を持つF-2の性能とは?

⚪︎基本性能:F-2戦闘機

全 長15.5m
全 幅11.1m
全 高4.96m
最大速度マッハ2.0(時速2,450km)
航続距離2,400km(増槽なし)
戦闘行動半径830km(対艦ミサイル4発搭載時)
固定武装20mm機関砲×1(512発)
価 格1機あたり約110〜120億円

F-2戦闘機の最大の特徴は、対艦ミサイルを4発も搭載して出撃できる能力でしょう。四方を海に囲まれた日本にとって、洋上で敵を撃破する能力は必要不可欠であり、航空自衛隊も初期構想の段階からこの対艦攻撃能力を重視していました。世界的に見ても、大型の対艦ミサイルを4発も搭載できる戦闘機は珍しく、F-2が「対艦番長」と呼ばれる所以です。

大型対艦ミサイル(赤丸)を積んだF-2戦闘機(出典:航空自衛隊、加工:筆者)

また、当時としては最先端技術であった炭素繊維材が機体に使われているため、ベースのF-16より大型化しているにもかかわらず、重量の増大を抑えることに成功しています。他にも電波吸収材を使用したことで従来機よりもステルス性を向上させています。さらに、電子機器も最新のものを揃えており、特に三菱電機が開発した新型レーダー(AESA)を搭載したことで有名です。

F-2は対艦攻撃能力に目が行きがちですが、優れた武器搭載力と高い運動性から制空戦闘も十分可能で、スクランブル任務に就いています。そのため、現役のマルチロール機としては、他国機に引けをとらないレベルでしょう。実際、共同訓練を頻繁に行う米空軍からの評価も良く、有事の際は本機の強力な対艦攻撃能力に期待を寄せているふしがあります。仮想敵国からしたら、対艦ミサイル4発を積んだ本機が十数機単位で飛来したら大きな脅威でしょうからね。

F-2開発時の苦難と今後

日米共同開発を経て高性能なマルチロール機となったF-2ですが、その開発は苦難の連続でした。時は1980年代まで遡りますが、F-2の構想を巡って日本国内で国産開発派と外国機導入派で意見が割れる中、アメリカが自国のF-16戦闘機をベースとした日米共同開発を提案します。当時の日米貿易摩擦に加えて、日本がアメリカを上回る戦闘機を開発する可能性に対する懸念もあったのでしょう。

日本側は国産開発派を抑えて日米共同開発の枠組みに合意するものの、アメリカはその後開発における条件を一方的に変更します。F-16をベースに開発するにもかかわらず、その技術の核心部分は開示されず、必要不可欠なエンジンの技術供与も一時は危ぶまれます(結局、なんとか供与されてIHIがライセンス生産)。一方。日本側はF-2に使われる炭素繊維や新型レーダーなどの新技術を全てアメリカに提供します。明らかに日本側にとって不利な条件でありながら、アメリカの対日圧力に抗えなかったため、この紆余曲折は今に至るまでトラウマとして残っています。

ここまで書くとアメリカが完全に悪者ですが、日本側も純国産開発において「甘い夢」を見ていた点は否めません。例えば、日本側は国産開発費として当時の価格で1,650億円と見積もっていましたが、最終的にF-2の開発費用は3,000億円を超過しました。実はアメリカは当初から日本側の見積もりが甘すぎると警告しており、共同開発に持ち込む一つの説得材料となりました(裏の魂胆があったのは間違いないでしょうが)。ただ、冷戦真っ只中の時期にアジアの防波堤かつ不沈空母たる日本が戦闘機開発に多額の費用を費やした上で失敗するのはソ連を利するだけという懸念はあったでしょう。

F-2戦闘機(出典:航空自衛隊)

こうして辛酸を舐めつつ、なんとか配備にこぎ着けたF-2は航空自衛隊にとってF-15Jに次ぐ頼もしい戦闘機として計94機が調達・配備されます。配備後は、平時からスクランブル任務に従事するなど第一線での活躍を続けますが、事故と東日本大震災での被災よって数機の機体を喪失。現在、航空自衛隊は87機のF-2を保有しています。

初期配備時と比べると、能力向上のための改修を受けているF-2ですが、どんな機体にも寿命があるため、現時点では2035年から退役が始まる予定です。そこで気になるのが後継機ですが、新たなステルス戦闘機を開発するようです。開発費が以前と比べ物にならないほど高騰している現代においては単独で開発・生産を完結するのは非常に難しいため、さすがに純国産は無理です。そのため、F-2と同じ三菱重工業を開発主体としつつ、アメリカのロッキード・マーチンと協力する体制になります。

ただ、既述のようにF-2開発時のトラウマがあるため、あくまで開発における主導権は日本側にある前提のようです。もちろん、1980年代と比べると情勢が大きく変わっているため、アメリカとしてはむしろ日本が強力なステルス戦闘機を開発して単独で中国と渡り合える方がありがたいかでしょうが。

関連記事:次期戦闘機F-3はどうなるのか?

いずれにせよF-2の後継機を巡る開発計画は始動したばかりのため、今後しばらくはF-2が日本の空を飛ぶ姿は見られます。世界における昨今の戦闘機開発がスムーズに行われていないことを考えると、F-2後継機の計画も頓挫する可能性が十分あります。少なくとも、遅延は想定すべきでしょう。結局、開発の目処が立たずにF-2の延命改修やF-35戦闘機の追加調達があり得ます。

1 ・・・次のページ

コメント

  1. JAPANライク より:

    チャイナ、コリアに勝れば良し

タイトルとURLをコピーしました