マルチが魅力のF-16戦闘機

アメリカ軍

安くて、強くて、色々使える戦闘機

世界最強の軍事力を誇るアメリカにとって「力の源」と言えるのが圧倒的な航空戦力であり、それを支えているのが多岐にわたる高性能な戦闘機たちです。その一つに「F-16戦闘機」がありますが、比較的廉価な割に優れた運動性能と多様な任務に対応できる能力を持つことから非常に使い勝手の良い戦闘機として愛用されています。

⚪︎基本性能:F-16戦闘機V(最新型)

全 長15.03m
全 幅9.45m
全 高5.09m
乗 員1名
速 度マッハ2.0以上
(時速2470km以上)
航続距離4,200km以上
兵 装20mmバルカン砲×1
対空・対地・対艦ミサイル
誘導爆弾、ロケット弾
価 格1機あたり約80〜90億円

「ファイティング・ファルコン(闘うハヤブサ)」の愛称を持つF-16戦闘機はアメリカが1970年代に開発した多用途戦闘機ですが、当初は空戦を想定した軽量戦闘機として開発されました。その後、対地攻撃や偵察などの多種多様な任務を遂行できる能力も付与され、主に制空を担当するF-15戦闘機とは異なる役割を担うようになります。また、F-16は高価なF-15と比べて安いことから、少数の高額・高性能な兵器と多数の低額・そこそこの性能の兵器を組み合わせる「ハイローミックス」の一翼を担っており、4,600機以上が生産されたベストセラー機でもあります。

元々、F-15戦闘機に対して価格と運動性能で不満を持つ者がアメリカ空軍の一部に存在していたため、より安くて数を揃えやすいうえ、より優れた加速性能や機動性を発揮できる戦闘機を開発することとなり、F-16戦闘機の誕生に繋がりました。

まず、F-16の大きな特徴として翼と胴体を一体的に設計したことが挙げられます。この設計によって空気抵抗を減らし、機体もF-15と比べて小さく、軽くなっています。また、同設計によって従来よりも広い胴体内のスペースを確保できたので、燃料搭載量の増大とそれに伴う航続距離の延伸を実現しました。

さらに、本機は最初からフライ・バイ・ワイヤ(FBW)の技術を導入した機体としても有名ですが、これはパイロットの操縦を電気信号に変換してコンピューターがアシストしてくれる制御システムのことを指します。今では普通に見られるこの操縦システムも当時は画期的な技術であり、飛行時の安定性と良好な運動性能に大きく寄与しています。

エンジンは1基のみを搭載した単発式であり、当初はコストを抑えるためにF-15と同じものを採用していましたが、現在は戦闘爆撃型のF-15Eや日本のF-2戦闘機も採用しているF-110エンジンを搭載しています。最高速度こそF-15には及びませんが、前述の設計やFBW技術のおかげもあって特に低高度での運動性能ではF-15を上回っているそうです。ちなみに、航空自衛隊のF-2戦闘機はF-16をベースに日米で共同開発した機体になります。

多数の武器を搭載したF-16戦闘機(出典:アメリカ空軍)

武装は固定式の20mmバルカン砲に加えて、任務に応じて対空、対地及び対艦ミサイル、各種爆弾やロケット弾を搭載可能です。このように多岐にわたる武器を搭載できる一方、搭載量に関してはF-15に劣ります。ただ、F-15も戦闘爆撃型が登場するなど、対地攻撃が可能になっているものの、それでもこうした任務にはF-15よりもF-16が好まれる傾向があるようです。

これは比較的損害を出しやすい対地攻撃には高価なF-15よりも安価なF-16の方が投入しやすい心理的側面に加えて、前述のように低高度での運動性能が高いことが関係しています。したがって、武器搭載量ではF-15に劣っていても、やはり対地攻撃任務にはF-16の方が使い勝手が良いのでしょう。

では、制空任務となればF-16はどうなのか?そもそも、F-16はF-15よりも良好な機動性を持つ戦闘機として開発されたので格闘戦でも十分な能力を発揮できますが、特にF-16が得意とする低高度域であればなおさらでしょう。実際にイスラエルが1982年にレバノン内戦への介入を行った際、イスラエル空軍のF-16がF-15とともにシリア空軍を迎え撃ち、多数を撃墜して勝利しました。他にも、F-16は遠距離から撃ちっ放しのミサイルで攻撃することも可能で、米軍のF-16がイラク軍機を中距離対空ミサイルで撃墜した例が挙げられます。

湾岸戦争やイラク戦争、アフガニスタン戦争などの実戦を通じて対地攻撃を中心に十分な戦果を積み重ねてきたF-16はF-15とともに世界最高峰の戦闘機の一員として認識されており、登場から40年以上経過した今でもバリバリの現役です。現在に至るまで多くの改良型・派生型が誕生しており、その活躍の場はアメリカにとどまらず、イスラエルや韓国、台湾、ポーランド、オランダ、バーレーン、オマーンなど25カ国にも及びます。特に中東と欧州の同盟国で同機が多数運用されていることで、イラク戦争や対イスラム国戦闘で共同作戦を取りやすかったという側面もありました。

また、現在行われているロシア=ウクライナ戦争では航空戦力で劣るウクライナ側がF-16の購入を熱望しており、アメリカ側が難渋している最中です。仮にアメリカがウクライナへのF-16の輸出を承認した場合、空の戦局を変えるのみならず、ウクライナ軍の対地攻撃能力を飛躍的に向上させるでしょう。だからこそアメリカもロシアを過剰に刺激しないために出し渋っているわけですが、既にHIMARS高機動ロケット砲ジャベリン対戦車ミサイルで証明したように、ウクライナには高性能な西側の武器を使って自分たちで戦いの流れを変える力を持っており、F-16があれば軍事的勝利に導けると理解しているのです。

ウクライナも熱望するF-16戦闘機(出典:アメリカ空軍)

さて、コスパと使い勝手の良さから欧州からアジアにかけての西側諸国で愛用されているF-16戦闘機ですが、アメリカではF-35Aステルス戦闘機が後継として本来はF-16を置き換える予定でした。しかし、開発の遅れやF-35による全数更新は難しいことから延命改修を通じてあと20年間は運用し続けるようです。それどころか、F-35に搭載されたものと同じ技術を使って開発された新型レーダーを装備する「F-16V」が2012年に発表され、各国が保有しているF-16の更なる近代化改修が可能となりました。ちなみに、この「V」はF-16が非公式に呼ばれている「バイパー(ヘビの一種)」から取ったものです。

改修型も登場して当面は現役を続けるF-16ですが、基が優れていて拡張性の高い兵器は時代が変わっても十分使える一例と言えます。それがマルチな能力を持ち、価格以上のパフォーマンスを期待できるならば当然ながら重宝されます。したがって、高価なステルス戦闘機が飛び交う時代においても、F-16戦闘機が活躍する場はまだまだありるでしょう。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました