現代の騎兵?陸自偵察用オートバイ

車両・火砲

機動力に優れた斥候

どんな戦いでも「戦場の霧」と呼ばれる不確定要素によって作戦計画が狂い、勝敗に影響を与えますが、こうした「霧」を少しでも晴らす努力は可能です。それが相手側の戦力や状況を知る「偵察」であり、この努力を怠ったり、軽視したまま戦闘に突入すると大抵は痛い目に遭います。

陸上自衛隊も当然ながら偵察を重要視していますが、特に優れた機動力と高い汎用性で重宝されているのが「偵察用オートバイ」です。

⚪︎基本性能:偵察用オートバイ XLR250R/KLX250

XLR250R
(ホンダ)
KLX250
(カワサキ)
全 長2.17m2.14m
全 幅0.86m0.88m
全 高1.2m1.2m
重 量121kg152kg
乗 員1名1名
速 度時速135km時速135km
出 力28PS/250cc24PS/250cc

偵察用オートバイは全国の偵察隊や普通科連隊に配備されているバイクであり、自衛隊が運用する各種車両の中で最も小さいものです。そのため、UH-1ヘリや侵入用のゴムボートにも載せることができ、容易に輸送と展開が可能という利点があります。

見た目は他の陸自車両と同じように目立たないオリーブドラブ(OD)色ですが、元々は民間用のバイクを自衛隊向けに少し改良しただけなので性能は市販のものと大差ありません。大きな違いといえば、バンパーや無線機を積むためのラックが追加されていることでしょう。

現在、陸自ではホンダのXLR250RとカワサキのKLX250という2種類の偵察用オートバイを使っており、5代目にあたる後者が最新型になります(とはいえ、導入開始は2000年頃)。ちなみに、偵察用オートバイは4代目のXLR250Rまでホンダ製が採用されてきましたが、5代目の座はライバルのカワサキが初めて獲得しました。

カワサキのKLX250 偵察用オートバイ(出典:陸上自衛隊)

さて、性能については民間とあまり変わらないと説明しましたが、使い方は大きく異なります。

まず、単車としての機動力を生かして敵情の偵察を行うわけですが、87式偵察警戒車のような大型車では進めない狭い道や起伏の激しい山中を走行することができるうえ、危険を察知したらすぐに離脱することも可能です。また、通信状況が悪い場合の伝令役や小規模な戦力の展開にも利用されるため、使い勝手が良い装備ともいえます。

いわば、昔の騎兵が行っていた偵察や伝令任務をバイクが引き継いだ形となったわけですが、馬のように疲弊することがなく、より高速なバイクは「早さ」が重視されるこうした任務に向いているのです。もし、デメリットを挙げるとすれば、バイクの大きな音によって敵に見つかりやすくなる点でしょうか。むろん、見つかる前提の威力偵察や手前までバイクで進出して偵察現場までは徒歩で移動する場合は別ですが。

実際の偵察任務では、単独〜少数で敵の勢力圏に侵入するため、敵に見つかって反撃せざるを得ない状況も想定せねばなりません。したがって、バイクに乗る隊員は89式小銃を携行しており、いざという時は地面に寝かせたバイクを盾にしながら反撃したり、手放しで運転しながら銃撃する「立ち乗り射撃」の技術を習得しています。

駐屯地祭での訓練展示では、立ち乗り射撃に加えて、ウィリーやジャンプのようなアクロバティックな走行も披露されますが、隠密行動が前提の偵察任務でこうした派手な技を使うかどうかは疑問でしょう。ただ、難易度の高いアクロバティック走行を披露できるということは、バイクを操る腕前が高い証でもあるので、過酷な地形を走破する際に役立つのは間違いありません。

ヘリから展開する偵察用オートバイ(出典:陸上自衛隊)

このように通常のバイクとは異なり、道無き道を走り、急速離脱や反撃も求められる偵察用オートバイ乗りには相当な腕前が求められます。普段から運転技術に自信のあるバイク乗りでも、偵察用オートバイを操るにはかなりの訓練が必要であり、入隊後にギャップに直面する隊員も多いそうです。

では、実際に偵察用オートバイ乗りになるにはどうすればいいのでしょうか?

まずは事前にバイクの免許証を取得しておきましょう(一応、入隊後の取得も可能)。そして、自衛隊に新隊員として入隊し、職種希望で機甲科を選びましょう。希望通りの職種になれたら、今度は機甲科の専門教育を受けるわけですが、その際に偵察隊への配属希望を出します。

そして、無事に偵察隊に配属された場合、偵察用オートバイ乗りとして手を挙げ、2週間ほどの訓練と卒業検定を経なければなりません。その後は、ひたすらバイク技術を向上させるための訓練の日々になります。

自衛隊に入隊せずに偵察用オートバイに乗りたい場合ですが、古いものであれば、払い下げ品が時々出回っており、ネットオークションなどで入手することは可能です。気になる値段の方は希少価値から中古バイクとしては比較的高いようですが、それでも30〜50万円で入手できるでしょう。

しかし、出回るバイクは少数かつ不定期なので、常にアンテナを張っていないとチャンスを逃してしまいます。他にも、出回っているパーツを集めて組み立てたり、スクラップ寸前のを買い取った事例があり、最も手に入れやすい自衛隊車両と言えるかもしれませんね。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました