対潜はお任せ?あさひ型護衛艦とは

海上自衛隊

「あきづき型」と似ているようで違う対潜担当

第二次世界大戦で米潜水艦に数多の艦艇を沈められ、海上輸送路を破壊された日本ですが、戦後はこの反省を活かしてひたすら対潜水艦能力の向上に努めてきた歴史があります。そのため、海上自衛隊は「対潜の鬼」と称されるほどの腕を持つまでに至り、この対潜重視の姿勢は現在も変わりません。

今でも新型護衛艦が建造される度にソナーなどの対潜装備を強化していますが、就役中の艦艇で特に「艦隊の対潜担当」として期待されているのが「あさひ型」です。

⚪︎基本性能:あさひ型護衛艦

排水量5,100t (基準)
全 長151m
全 幅18.3m
乗 員230名
速 力30ノット (時速km)
兵 装5インチ速射砲×1
20mm CIWS×2
垂直ミサイル発射基×32
90式対艦ミサイル×8
3連装短魚雷発射管×2
艦載機SH-60K哨戒ヘリ×1
価 格1隻あたり約700億円

「あさひ型」護衛艦は2018年に登場した新しい護衛艦であり、「あさひ」「しらぬい」の2隻が建造されました。見た目や基本設計、装備面は少し前に建造された「あきづき型」護衛艦によく似ているため区別が難しく、準同型艦と称してもいいかもしれません。

あえて外見上の違いを挙げるならば「あきづき型」は平面型の多機能レーダーを艦橋前部と後方の格納庫上部に分散配置しているのに対して、「あさひ型」は4つ全てを艦橋部に集中させています。

中身について言えば、「あさひ型」は護衛艦で初めてガスタービンと電気推進を併用するハイブリッド機関「COGLAG」を推進方式として採用し、省エネによる航続距離の延伸が期待されています。軍艦といえども、「地球に優しく」という環境配慮の流れには抗えません。

多機能レーダーを艦橋に集中した「あさひ型」(左)と分散配置の「あきづき型」(右)(出典:海上自衛隊、筆者加工)

さて、能力面で「あさひ型」と「あきづき型」を比べた場合、やはり最大の違いは僚艦防空能力の有無でしょう。和製イージスとも称される「あきづき型」は弾道ミサイル対応に追われるイージス艦に代わって艦隊防空の一部を担当することを想定しており、自分以外の僚艦に向かう目標に対応する能力を持っていますが、「あさひ型」にはこの能力が付与されていません。

したがって、「あきづき型」と同じESSM対空ミサイルを搭載しているものの、レーダー探知範囲は「あさひ型」の方が狭く、あくまで自艦に迫り来る目標に対応するのが前提です。ただし、レーダー探知範囲は改修によって拡大可能であり、「あさひ型」も複数の目標に対して同時に対処する能力は持っています。同時対処能力は4〜6個と言われており、「あきづき型」の8〜12個には劣るものの、個艦防空能力として十分であり、自艦の防空能力だけでも優れている分僚艦防空を担当する艦の負担が減ります。

「見つける」ことに特化した対潜の鬼

僚艦防空能力を削った「あさひ型」ですが、その代わり対潜担当として潜水艦の探知能力は強化されました。各種ソナーシステムは「あきづき型」よりもアップグレードされており、僚艦のソナー音が敵潜水艦に当たって跳ね返る反響音を自艦で拾って分析することも可能になりました。つまり、自分で直接見つけられなくても、他の艦が探し当てた情報を自分も同様に受信及び処理することで、より連携した対潜戦を行えるのです。

さらに、護衛艦として初めて潜望鏡監視レーダーを搭載することで水面に現れた敵潜水艦の潜望鏡をすぐに探知及び判別できるようになりました。通常、潜水艦は目標探知にソナーを使いますが、目標を確実に捕捉・撃破するために潜望鏡を使った目視による最終確認を行うことが多いです。しかし、わずかな時間の露出でも潜望鏡を探知されるとなれば、潜水艦が潜望鏡を使うことをためらい、魚雷攻撃の精度が悪くなることが期待できます。

このように「あさひ型」は僚艦との連携も含めた探知能力を大幅に強化されており、対潜戦で最も難しい「見つける」ことに注力した艦と言えるでしょう。ただでさえ対潜面で定評がある海自なのに、さらに潜水艦狩りに力を入れた新鋭艦が登場すれば仮想敵国にとっては大きな脅威となります。実際、「あさひ」の就役時には中国メディアが特集を組んで取り上げており、軍事専門家を呼んで自国の新鋭艦と比較するほどでした。

汎用護衛艦としては最新の「しらぬい」(出典:海上自衛隊)

防空重視の「あきづき型」に対して対潜重視の「あさひ型」ですが、残念ながら建造数は半分の2隻のみです。本来であれば、各護衛隊群に1隻ずつ配備して計4隻というのが理想ですが、「もがみ型」フリゲートが22隻と大量建造予定であったことと、そもそもCOGLAG推進や新型ソナーを含めて本艦が試験的要素もあったことから2隻で建造が終わりました。

気になる後継については現時点では特に何も出ておらず、当面は「もがみ型」の量産が続くことから構想が浮上するのはまだ先でしょう。「あさひ型」自体がまだまだ新鋭艦と言える艦齢なので、今後20年間は第1線級の護衛艦として活動する見込みです。

⚪︎関連記事:和製イージス?あきづき型護衛艦

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました