最古参のベテラン?74式戦車

車両・火砲

戦後2代目の国産戦車として

日本の戦車といえば、最新の10式戦車がよく話題になりますが、陸上自衛隊で半世紀近くも現役のベテラン戦車があります。それが今回紹介する74式戦車です。名前のとおり1974年から部隊配備が始まった古い車両であり、未だに本州や九州で任務に就いています。まだ配備数の少ない10式や北海道にだけ配備されている90式戦車よりも目にする機会が多いため、最も馴染みのある戦車かもしれません。

⚪︎基本性能:74式戦車

全 長9.41m
全 幅3.18m
全 高2.25m
重 量38トン
速 度時速53km
乗 員4名
兵 装51口径105mmライフル砲×1、
7.62mm機関銃×1、12.7mm機関銃×1
価 格1両あたり約4億円

74式戦車は1960年代に開発が始まった国産の2代目戦車であり、「ナナヨン」の愛称で親しまれています。開発当時の日本戦車は諸外国に比べて技術的に1、2歩遅れており、戦車大国のソ連が仮想敵国であったため、対抗できる戦車の開発が急務でした。そして登場した74式戦車は他国と比べても謙遜のない性能を誇り、高性能な戦車を開発できる日本の存在を知らしめました。

射撃する74式戦車(出典:陸上自衛隊)

まず外見的特徴ですが、74式戦車は90式のような四角い形の砲塔ではなく、丸型の砲塔を持っています。これは避弾経始と呼ばれるデザインであり、被弾した際は曲線に沿って砲弾の力を受け流して逸らす目的があります。

装甲には頑丈な鋼板を使っており、一部は斜めに溶接することで砲塔と同じく砲弾を逸らします。装甲の防護力については、同世代のドイツ・ソ連戦車と比べても同等の性能を持っています。一方、火力については105mmライフル砲を有しますが、これは最近の主流である120mm滑空砲と比べたら見劣りします。対策として、使用する砲弾の性能を上げて貫通力を増大させています。

さらに特筆すべき事項として、砲塔の左側に箱型の赤外線暗視投光器を設置していることです。これは、夜間における捜索・射撃時に使う大出力の投光器であり、必要に応じて赤外線と通常の白色モードを使い分けます。特に、白色モードは1.5〜2km先でも普通に読書ができるレベルの明かりを照射するため、直視すると失明の危険があります。赤外線モードも使用中に近くに立つと火傷するほどの大出力を誇ります。

赤丸で囲んだ部分が赤外線暗視投光器(出典:陸上自衛隊)

ナナヨンは90式戦車のように自動装填装置がついていないため、乗員は装填手を含めた4名を必要とします。車体内部はかなり狭く、空調装置もついていないため、乗員にとって快適とは言えない車両です。一方、密閉構造であるため、国選戦車としては初めて核・生物・化学(NBC)兵器に対する防御力を有します。この優れた密閉性のおかげで、水深2メートルほどの河川であれば、潜水装置を使って自力渡河できます。

また、油気圧サスペンションを採用することで、地形に応じた車体の姿勢変化を実現しています。これによって、車体の姿勢を前後左右へ変化させて射撃時の安定性を確保します。この機能を使えば、斜面の後ろから砲塔だけを出して射撃できるため、待ち伏せ攻撃には有利です。

退役で消えてゆくナナヨン

74式戦車は、陸自の主力戦車として計873両も生産され、全国の各部隊に配備されました。この調達数は戦後の国産戦車としては最多であり、横転事故などで数両失われたものの、常に数百両が日本を守っていました。特に、90式戦車が北海道にしか配備されなかったため、長期にわたって主力戦車の座についていました。

しかし、さすがに老朽化には勝てず、いま現役なのは120〜130両ほどです。10式戦車および16式機動戦闘車への更新に加え、戦車の定数そのものが大幅削減されたのを受けて速いペースでの退役が進められています。したがって、ナナヨンを見られる期間は残りわずかであり、10年後には駐屯地で記念展示されているものを除いてほとんど姿を消しているでしょう。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました