「ご長寿の働き者」CH-47輸送ヘリ

航空機

実績と信頼性抜群の輸送ヘリ

CH-47は陸上自衛隊および航空自衛隊が保有する最も大きいヘリコプターであり、ローターを前後に2つ持つのが特徴です。大きな輸送力を持つことから、災害派遣で毎回活躍する機体であり、抜群の信頼性を誇ります。

⚪︎基本性能:CH-47JA

全 長30.18m
全 幅16.26m
全 高5.69m
最大速度時速270km
航続距離約1,040km
乗 員3名
輸送能力最大55名
価 格1機あたり約55億円

CH-47は元々アメリカが1950年代に開発した機体であり、初飛行から既に半世紀以上が経っている長寿のヘリです。チヌークの愛称で知られる本機は、実戦投入されたベトナム戦争で優秀な輸送力を見せたことから、その後も改良を重ねながら現在も各国で現役の名機です。

本機の特徴はやはり輸送能力であり、最大で55名もの兵員もしくはジープ2台を輸送できます。1個小隊を余裕で運べる能力を持つことから急襲作戦によく投入され、近年でもオサマ・ビン・ラディン暗殺作戦などに参加しています。また、座席を外せば24名分の担架も収容できるため、負傷者の輸送にも重宝されます。

他にも、大きな機体を活かして12トン前後の荷物を吊り下げる能力を有します。したがって、車両や火砲の運搬はもちろんのこと、山林火災に対して吊り下げたバケットから散水する任務にも従事しています。

車両と火砲を吊り下げて運ぶCH-47(出典:陸上自衛隊)

優れた輸送力を持つCH-47を自衛隊が導入したのは1986年であり、陸上自衛隊と航空自衛隊が運用しています。まず、陸自のCH-47は「J型」と改良型の「JA型」がありますが、後者の航続距離はJ型の2倍にあたる1,040kmを誇ります。JA型はGPS、暗視装置、気象レーダー、ミサイル警報装置などを装備しており、機体後部に機関銃を設置可能です。

一方、航空自衛隊も同じCH-47Jを導入しましたが、陸自とは使用用途が異なります。陸自が戦場への人員・装備の輸送を想定しているのに対して、空自は遠隔地や山間部にあるレーダーサイト基地への補給に使います。レーダーサイトは「陸の孤島」に位置していることが多いため、空自ならではの必要性と言えます。

ちなみに、空自は現在J型を全機退役させて、航続距離を拡大し、GPSや気象レーダーを追加した「LR型」への更新を済ませています。

どちらのCH-47も災害派遣に投入されることが多く、長所の輸送力を活かして被災者や救援物資の輸送を行います。こうした実績から本機に対する国内での評価も高く、災害が頻発する日本にはある意味「最も必要なヘリ」です。

まだまだ現役のCH-47

現在、陸自はJ/JA型を合わせて50機ほど保有していますが、J型は既に退役が始まっています。陸自はCH-47の50〜60機体制の維持を目指しているため、JA型については今後も調達が続けられます。一方、空自の保有数はもともと調達数が多くなかったのもあり、現在では15機となっています。

日米共同訓練で陸自CH-47から展開する米軍兵士(出典:陸上自衛隊)

では、CH-47の後継は何になるのでしょうか?

正解は「CH-47の後継はCH-47」です。

既に半世紀以上もアップグレードを続けながら運用されている実績と信頼性は不動のものであり、本機を上回る大型輸送ヘリがいないのが現状です。そのため、莫大なコストをかけて新たなヘリを開発するよりは、CH-47を改良した方が合理的なのです。似たような事例としてB-52爆撃機やAK-47自動小銃が挙げられますが、基本設計と性能が優秀だと「新規開発<改良」となることがあります。

現在CH-47の最新型は「F型」と呼ばれるもので、以下のような改良点があります。
・エンジン出力の強化
・機体強度の向上
・電子機器の更新
・燃費の向上と航続距離の増大

上記のような改良は施されているものの、全体としてはあまり変わっていません。1950年代に開発されたCH-47が2021年でも十分通用するという証ですね。米軍はF型を500機以上も調達予定のため、CH-47が2050〜60年代まで飛び続けるのは確実となりました。そのため、本機は開発から100年後も現役という航空史上きわめて稀な機体となりそうです。

一方、自衛隊は今後もJA型を中心に調達と運用を続けますが、将来的にはF型もしくはその独自派生型を導入する可能性があります。いずれにせよ、代わりとなり得る機体が見当たらないので、CH-47が今後も日本の空を飛び続けるのは間違いないでしょう。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました