大丈夫か?最新輸送機C-2

航空機

スペックが向上した空自の新型輸送機

航空自衛隊の最新輸送機に国産のC-2というものがあります。これは、同じく国産のC-1輸送機の後継として開発された新型機ですが、開発時に様々な問題に直面した経緯を持つことから「失敗作」とも評されます。果たして実力はどうなのでしょうか?

⚪︎基本性能:C-2輸送機

全 長43.9m
全 幅44.4m
全 高14.2m
最大速度時速917km
航続距離最大9,800km(貨物搭載なし)
最短離陸距離500m
乗 員3名
輸送能力最大110名or貨物30t
価 格1機あたり約230〜240億円

C-2輸送機は2000年代初めから開発がスタートした国産輸送機であり、部隊配備は2016年に始まりました。開発は防衛省技術研究本部と川崎重工業が担当し、海上自衛隊の新型哨戒機P-1と合わせて進められました。

一世代前のC-1輸送機と比べる1.5倍ほど大きくなっており、最大積載量は約3.8倍に増えています。そして、C-1が何も搭載しない状態で航続距離が2,600kmなのに対して、C-2は20トンの貨物を搭載した状態でなんと7,500km以上も飛行可能です。

他にも、コックピットへのディスプレイの設置やコンピューターによるフライト操縦アシスト機能が付与されています。航続距離以外のC-1との大きな違いとして、貨物室に重量センサー、監視カメラ、指示用の電光掲示板が追加されたことがあります。全体から見れば小さな点かもしれませんが、実際の作業における効率化への工夫が感じられます。

C-1輸送機(右)と最新のC-2輸送機(左)(出典:航空自衛隊)

さて、スペックだけを見るとC-1よりも格段に進化したC-2輸送機ですが、その開発はかなり難航しました。まず、指摘されているのが機体の強度不足です。開発中に機体にヒビが入ったり、強度試験で貨物扉が落下したりするなど不具合が多発しました。このため、配備の延期とコスト高騰が生じ、「失敗作では?」と不安視する声も上がりました。

通常の1.2〜1.5倍の圧力を加える強度試験とはいえ、貨物扉が落下するのは重大インシデントであり、航空機にとって強度不足は致命的な問題点です。その後、対策を施した上で1.5倍の加圧試験に合格したものの、今後の運用面における不安が残ります。

ただ、留意したいのは本機は日本が自主開発した最大の航空機であるため、当然ながら試行錯誤が付きまとう点です。そもそも、航空機の開発が何の問題もなくスムーズに完了したケースは少ないのが実情です。どんどん進化し、複雑化していく近年の航空機であれば尚更です。

一応、強度不足の問題は解決したとのことですが、今度はコストの問題が浮上しました。開発費が見積もりの倍近い2,600億円まで高騰したため、1機あたりの単価も想定よりも70億円も高い230億円となってしまいました。ちなみに最新鋭のステルスF-35戦闘機は1機106億円ほどなので単純計算すれば、C-2はF-35×2機分になります。

不安視されたC-2輸送機の未来はいかに?

強度不足と高コストに苦しんだC-2輸送機は、C-1を置き換えることを想定して30〜40機ほどの調達が見込まれていましたが、結局は22機まで削減されてしまいました。現時点で配備されているのは試作機を含めて12機であり、うち1機は電波情報収集機として改造された「RC-2」と呼ばれるものです。

C-2は海外派遣も視野に入れた長大な航続距離と積載能力を有するため、C-1と同等の機数を配備する必要はなく、同じ輸送任務に就いているC-130H輸送機はまだしばらくは使われる見込みのため、少数配備で落ち着くのではないでしょうか。仮にC-130を置き換えるにしても、C-2を後継にして輸送力の全てを一つの機種に集中するリスクを取るとは考えづらく、C-130Hの後継機は結局C-130の最新型になると思われます。

C-2輸送機(出典:航空自衛隊)

高価なC-2ですが、外国への輸出によって単価を下げようという試みはありました。専門チームを作って海外に売り込んだ結果、ドバイで有名なアラブ首長国連邦(UAE)が興味を示し、初の大口案件になるかと思われました。しかし、競合するエアバス社の輸送機の方が安く、運用実績も豊富なため、厳しい競争となっています。

UAE側は、舗装されていない滑走路(不整地)における離着陸能力を要求しており、これを受けてC-2も未舗装滑走路でのテストを実施しました。結果的に、C-2が不整地でも離着陸できる性能を一応持っていることを証明できたので、競争から脱落することは避けられました。

しかし、「コスト」「実績」の面では、エアバスやボーイングのそれには遠く及ばないのが現状です。実績を作るにはどこかに採用してもらわないと何も始まらないので、まずは国内での着実な運用と外国への売り込みを続けるしかないでしょう。

⚪︎関連記事:C-130H、世界最高の輸送機?

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました