神の盾?イージス艦の能力と役割とは

海上自衛隊

現代最強の戦闘艦と言われるわけ

北朝鮮の弾道ミサイル問題で頻出するワードとして「イージス艦」があります。軍艦であることは容易に推測できますが、いわゆる普通の軍艦、護衛艦と何が異なるのでしょうか?弾道ミサイルに対する迎撃任務がニュースでよく取り上げられるため、イージス艦のことを弾道ミサイル防衛(Ballistic Missile Defense、以降「BMD」)を担当する軍艦と認識する人が多いです。しかし、これは半分正解、半分不正解と言ったところでしょう。

まずは、名前の由来ですが、「イージス(Aegis)」とは、ギリシア神話に登場する女神アテナが使う盾「アイギス」から来ています。神話では、魔除け能力を持つ「神の盾」として登場しますが、現実世界では1960年代末から1970年代にかけて米海軍の盾として開発されました。

当時、米海軍は文字通り世界最強であったものの、対抗するソ連軍が100発以上の対艦ミサイルを同時に撃ち込む飽和攻撃によって、敵の防空能力を圧迫・崩壊させ、撃滅することを企図します。当時の防空能力では、各艦はせいぜい1〜2発のミサイルを同時迎撃できるのが限界であり、飽和攻撃に晒された場合は、さすがの米海軍も対処しきれないのは明白でした。

世界初のイージス艦「タイコンテロガ級巡洋艦」(出典:アメリカ海軍)

そこで、米海軍は今までの防空システムを凌駕するイージス・システムの開発に着手し、1983年には初のイージス・システム搭載艦「タイコンテロガ」が就役します。この画期的な防空システムは、128個以上の目標(ミサイルや航空機)を同時に捕捉・追尾し、その中で最も脅威が高いものを10〜12個を同時に迎撃できます。多数の目標を同時に捕捉・追尾し、迎撃用対空ミサイルの管制と誘導を全て同じシステムで行うことで、ソ連軍の飽和攻撃にも対処できると期待されました。

つまり、イージス艦とは、この優秀な防空システムである「イージス・システム」を搭載した軍艦を指します。ただ、各国も同時に多数の目標を迎撃できる防空システムを開発しており、これらも「イージス艦」と呼称する場合があります。例えば、中国海軍は中華イージスと呼ばれる「蘭州型駆逐艦」を有しており、日本の「あきづき型護衛艦」も和製イージスやミニ・イージスと呼ばれています。

振り返ってみると、イージス艦の本来任務は対艦ミサイルの飽和攻撃から味方艦隊(特に空母)を守る「艦隊防空」であり、「弾道ミサイル」の迎撃は当初は想定されていませんでした。海上自衛隊へのイージス艦の導入もソ連軍の飽和攻撃からの艦隊防空を睨んだものでしたが、日本初のイージス艦「こんごう」の就役時には仮想敵国のソ連が崩壊していました。

そのため、一時はイージス艦の存在意義が問われましたが、同時期に北朝鮮の弾道ミサイル問題が勃発したため、高性能レーダーと優秀なミサイル対処能力を持つイージス艦をBMDに活用する方針となったわけです。

イージス艦が誇る高い能力

「神の盾」を持つイージス艦ですが、保有数は米海軍が90隻以上とダントツの世界1位です。米海軍では、駆逐艦のほぼ全てイージス艦のため、このような数になっていますが、圧倒的な軍事費と国力が成せる充実ぶりと言えますね。ちなみに、2位は日本で「こんごう型」×4隻、「あたご型」×2隻、「まや型」×2隻の計8隻となります。

中国海軍の大軍拡とBMD任務などを見据えて2隻増強の8隻体制となった海上自衛隊のイージス艦ですが、イージス・アショアの導入断念の代替としてさらに2隻のイージス艦が新造される予定です。現時点では、「イージス・システム搭載艦」と仮称されている2隻ですが、イージス艦の定義に基づけば将来的には10隻体制になると言えます。

イージス艦は高い防空能力は既に説明しましたが、それを可能にさせる大きな要因が高性能なレーダーです。「SPY-1(スパイ-ワン)」と呼ばれるこのレーダーは艦橋の四面に設置されており、常時360度の警戒監視が可能です。

筆者撮影、加工

従来のレーダーも全周囲360度をカバーしていましたが、回転式のため、数秒のタイムラグが生じていました。超高速で飛来するミサイルに対処する場合、1回転する際に生じるこのわずかな空白が明暗を分ける可能性があります。

一方、イージス艦のレーダーは四面に設置されているため、この空白が生じません。ちなみに、このSPY-1レーダーが作動している間に甲板にいると、熱く感じると言われています(電子レンジのイメージに近い)。いかに強力なレーダーかが分かりますね。

このSPY-1レーダーを使って目標を探知した後は、垂直ミサイル発射基から迎撃ミサイルを放ちますが、この時にSPY-1レーダーの追尾機能とともに欠かせないのがミサイル射撃指揮装置(イルミネーター)です。パラボラ・アンテナの形をしたこの装置は発射されたミサイルを目標まで誘導する重要な役割を担っており、イージス艦には必ず見られます。

誘導に欠かせないイルミネーター (赤丸、筆者撮影)

このように、高い防空能力を誇るイージス艦ですが、日本のイージス艦8隻には弾道ミサイルの迎撃能力も付与されており、理論上は飛来する弾道ミサイルを迎撃することができます。アメリカで行われた迎撃試験では何度も成功を収めていますが、予兆もなしに撃たれる可能性が高い実戦においても通用するかは何とも言えません。

ただ、「ピストルの弾をピストルの弾で撃ち落とす」と表されるBMD能力を持つ国はほとんどなく、実験にせよ、その能力があるということを示せたのは意義があります。何故なら「攻撃しても無効にすることができます」という拒否抑止になるからです。

さて、こんな高い性能を持つ軍艦は、そのお値段も他と違います。「こんごう型」は1隻あたり約1,200億円でしたが、性能がアップグレードされるにつれて値段も上がり続け、最新の「まや型」は1隻あたりなんと1,720億円です!比較のため、他の護衛艦を例に出すと、最新の汎用護衛艦「あさひ型」は1隻約700億円です。イージス艦がいかに高価な軍艦であるかが一目瞭然ですね。

海自イージス艦の今後

海上自衛隊は現在10隻のイージス艦を保有しており、ローテーションを考えれば、常時3隻ほどは任務に就ける状態です。ただ、本来は艦隊防空が主任務なのに、BMD対応に追われているため、艦隊(護衛隊群)の防空が心許ない状況に陥っています。

BMDにおいては、2隻のイージス艦で日本列島をカバーできると言われていますが、それは逆に言えば、行動可能な3隻のうち、2/3が弾道ミサイルへの警戒監視任務に拘束されることを意味します。実際、北朝鮮が頻繁にミサイル発射を繰り返した2017年は、イージス艦が常に日本海に展開する事態となりました。イージス艦が長期間のBMD対応に拘束されることは、乗員の疲弊のみならず、艦隊防空に割ける有力な戦力が削がれるのです。

そこで、貴重なイージス艦をBMD対応から解放し、本来の任務に専念させやすいように陸上型イージス、通称「イージス・アショア」が本格検討されたわけであり、人手不足が最も深刻な海自に代わって、まだ幾分か余裕のある陸自にBMDを一部担ってもらおうと考えました。

イージス・アショアがBMDを担う分だけ、イージス艦を別方面の有事に充てられるという算段でしたが、諸般の事情でイージス・アショア計画は頓挫し、結局イージス艦を2隻追加することで一旦決着します。元々、海自の負担を減らす目的で始まった計画が、逆に海自の負担を増やすという本末転倒な結果となりました。

最新鋭イージス艦「まや」(出典:海上自衛隊)

新たなに導入する「イージス・システム搭載艦」はBMDを主任務に見据えた艦となり、従来のように艦隊は組まずに単独での運用を想定しているそうです。通常、BMD任務に就くイージス艦は、弾道ミサイルの迎撃に集中している分、代わりに対空・対潜警戒を行う護衛艦が随伴します。

一方、この新造艦は単独運用することで、今まで随伴していた護衛艦を他の任務に回し、新造艦の護衛は陸上基地から飛来する航空機にさせるそうです。つまり、必要に応じて、対潜哨戒機や戦闘機を出すのでしょうが、果たして上手くいくかは疑問がつきます。

ただ、いくら単独運用するにしても、新造艦2隻にBMDを常時任せるわけにはいきません。完全クルー制でもない限り、結局はローテーションをせざるを得ず、他のイージス艦もBMD対応に出動することになります。要するに、イージス艦が12隻体制となり、BMD対応における負担が少し軽減されるということになりそうです。

しかしながら、もがみ型と異なり、乗員数の多いイージス艦を2隻追加導入するわけですから、深刻な人手不足にさらなる追い討ちをかけることとなり、負担軽減には繋がらないのではないかと懸念します。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました