10式戦車は最強?弱い?

車両・火砲

陸上自衛隊の最新戦車として

陸上自衛隊は「陸戦の王者」と言われる戦車を570両ほど保有していますが、その中でも最新鋭の戦車が「10式戦車」です。同戦車は名前の通り、2010年に正式採用された新型戦車であり、国産戦車としては戦後4代目になります。製造は三菱重工業が担当しており、1両あたりの値段は約15億円と言われています。ちなみに、前代の90式戦車の単価が8億円と言われているので、調達単価は倍近くしますね。それでは、まずは基本性能について見てきましょう。

⚪︎基本性能:10式戦車

重 量44t
全 長9.42m
全 幅3.24m
全 高2.3m
速 度時速70km
行動距離300km
乗 員3名
兵 装120mm滑空砲
12.7mm機関銃
7.62mm機関銃
価 格1両あたり約9.5億円

前代の90式戦車と比べると、炭素繊維やセラミックスの使用などによって重量が約6トンも減少しており、およそ12%もの軽量化に成功しております。これは、90式戦車(50トン)が北海道以外の地域の橋梁を通行できないと批判されたことへの反省から生じたものと思われます。実際、90式と比べた場合、通行可能な橋梁は65%から84%まで向上しているため、本州や九州での使用も問題はないです。

ただ、軽量化のために防護力を犠牲にしたわけではなく、鋼鉄とその他素材(セラミックスなど)を組み合わせた新型の複合装甲を採用したことで防護力はむしろ向上しています。また一部の外付け装甲は増設も可能なため、任務に応じて防護力をさらに強化できます。これら装甲は耐久試験でも良好な数字を叩き出しており、諸外国の戦車よりも小型・軽量な割には、引けをとらない性能となっています。

10式は、90式よりも小型であるにもかかわらず、航続距離はあまり変わらない300kmと言われています(90式は約340km)。搭載可能な燃料は20%も減ったものの、燃費が大幅に向上したおかげで十分な航続距離を確保できています。

10式戦車(出典:陸上自衛隊)

また、90式と同様、引き続き自動装填装置を装備したことにより、乗員は3名で済みます。ちなみに、装填時間の短縮も実現しているため、同じ時間でも以前よりも多くの弾を撃つことができます。

さらに、新たなセンサーや射撃装置を装備したことで、射撃性能は格段に上がっています。例えば、自動索敵機能が付いているため、目標を探知したら、それが戦車なのかトラックなのかを判別できます。また、陸上自衛隊の戦車としては初めてC4Iシステム(Command Control Communications Computers and Intelligence〈指揮・統制・通信・コンピュータ・情報〉の略)を搭載したことで、他の戦車や歩兵との連携がスムーズにできるようになりました。

従来は無線を中心としたやり取りだったのが、味方の戦車同士でリアルタイムの情報をディスプレイで共有できるまで進化しました。連携手段が改善された結果、複数の目標に対して、それぞれの戦車が同時に射撃することができ、効率的な戦闘が可能となったのです。

気になる最新戦車の評価は?

さて、10式戦車は今までの国産戦車で培ってきた技術と教訓を活かした最新鋭の戦車ですが、海外と比較して「弱い」と評する声もあります。確かに、10式戦車は他国の戦車と比べると小型かつ軽量のため、弱く見えるのでしょう。

ただ、忘れてはならないのは、10式戦車を含む日本の戦後国産戦車は実戦経験がないことです。これは、もちろん「幸運」なことですが、同時に実戦におけるデータがないことも意味しています。そのため、実戦経験が豊富な米軍やロシア軍の戦車と比べると、その真の能力は未知数としか言えませんね。

しかし、各種演習からある程度の推測は可能です。陸上自衛隊はアメリカ・ワシントン州にある広大な演習場「ヤキマ」で米軍との共同演習を行いますが、10式戦車もここで米側から十分な評価をもらっているそうです。ヤキマ演習場は日本の富士演習場とは比べ物にならないぐらい広く、東京23区がそのまま入る大きさです。そんな広大な土地での演習では、10式戦車のC4Iシステムを用いた連携能力と射撃時の安定性が評判であったとのこと。

10式戦車は、車体の姿勢を傾斜させたり、動き回っても主砲の照準が極めて正確であることで有名です。戦車が目標に対して攻撃する時、停止してから撃つのと、移動しながら撃つのでは前者の方が当然命中率は高くなります。しかし、停止している間は、敵も照準を定めやすいため、攻撃も受けやすいのです。そのため、移動しながら射撃することで被弾率を下げることができますが、逆にこちらの照準がブレるため、命中率は下がります。

ところが、10式戦車は激しく動き回っても、車体が十分な安定性を保てるため、目標に対して命中させることが可能です。実際、各種演習では、蛇行しながら射撃する「スラローム射撃」や自車も目標も動き回っている中で命中させる技も披露しています。こうした事実を鑑みると、実戦経験はないものの、主力戦車としては決して「弱い」部類には入らないでしょう。

射撃する10式戦車(出典:陸上自衛隊)

また、10式戦車を含む日本の戦車はあくまで日本国内での使用が大前提です。中東の砂漠地帯や欧州の平原での戦車戦は想定していません。自衛隊は本土防衛のみに専念すればいいので、自国の「地の利」を活かせる戦車を開発・保有すればいいのです。そのため、想定環境が異なる外国戦車とは一概に比較できない面もあるでしょう。

既に制式化から10年も経つ10式戦車ですが、現在の配備数は90〜100両です。今後も調達は続きますが、陸上自衛隊の戦車定数はいずれ300両まで減らされる予定です。そのため、10式戦車は北海道および九州を中心に配備され、その他の地域はより機動力を持つ16式機動戦闘車が戦車の代わりに配備されるようです。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました