UH-1J多用途ヘリ、汎用性の鑑?

航空機

柔軟性に富んだヘリという存在

陸上戦闘ではいかに素早く兵を前線まで運ぶかがしばしば勝敗を分けてきました。特に、近現代に入ってからは鉄道、自動車、飛行機という輸送手段が続々と登場し、輸送スピードは格段に向上しました。しかし、どれも一長一短を見せる中で、第二次世界大戦後に期待の新装備として本格登場したのがヘリコプターでした。

ヘリは飛行機と比べるとスピードや搭載力では劣るものの、滑走路を必要としない点では飛行機にない柔軟性があります。戦場では「柔軟な運用が可能な兵器」こそが重宝される傾向があり、飛行機が着陸できない場所に降りたり、滞空(ホバリング)ができるヘリは輸送手段として一気に普及しました。

スペースさえあれば降りられるヘリ(UH-1J、筆者撮影)

そんな軍用ヘリで特にベストセラーとなったのがUH-1シリーズです。これはアメリカのベル社が開発し、アメリカ軍が大量に導入した名機であり、その抜群の信頼性と汎用性から世界各国の軍隊、警察、民間企業で愛用され続け、日本の自衛隊も多数配備しています。

特徴がないのが特徴?

⚪︎基本性能:UH-1J多用途ヘリコプター

全 長17.4m
全 幅2.86m
全 高3.97m
乗 員2名
速 度時速240km
航続距離510km
上昇限度高度3,840m
兵 装機関銃を設置可能
積載能力兵員11名
貨物1,800kg
価 格1機あたり約12億円

UH-1シリーズは元々アメリカが1950年代に開発し、ベトナム戦争で大量に投入されたことで有名なヘリですが、様々な改良とバリエーションの誕生を経ながら今でも世界中で現役の機体。現在に至るまで計1.6万機以上が生産され、後継機のUH-60ブラックホーク・シリーズと比べると廉価であるため、性能が多少劣ってもUH-1シリーズを使い続ける国が多いようです。

陸上自衛隊は1962年からUH-1Bの調達を開始しましたが、現在は改良型のUH-1Jに全機移行しています。UH-1Jは1991年から導入が進められた機体ですが、国産技術を多く使った日本独自の改良版と言えます。

航空輸送力のワーキングホースUH-J(出典:陸上自衛隊)

UH-1JはそれまでのUH-1BやUH-1Hと比べて新たにアップグレード版のエンジンやワイヤーカッターを搭載しています。また、コックピットは暗視装置にも対応できるように設計され、必要に応じて映像伝送装置や赤外線監視装置、赤外線妨害装置が搭載可能です。

あまり大きな特徴がない本機のセールスポイントはやはり「安定性」「汎用性」に尽きます。初期型が登場して既に60年経ちますが、ベトナム戦争や湾岸戦争などの実戦を通じて実績を重ねた信頼性は何にも代え難いと言えます。陸自もUH-1シリーズの点で言えば、半世紀以上の運用実績を持つことから、整備や飛行のノウハウは十分すぎるほど蓄積しており、ある意味安心して使うことができます。未知数の新兵器に下手に手を出すより、慣れた装備で戦った方が良い結果を残せます。

陸自最多の保有数を誇るヘリ

さて、陸上自衛隊は現在124機のUH-1Jを保有していますが、これは陸自航空機としては最多になります。主に人員を展開するために使われる本機は、全国各地の部隊に配備されているため、割と目にする機会は多く、駐屯地の基地祭などでは高頻度で展示されています。

ある意味「最も馴染みのあるヘリ」?(出典:陸上自衛隊)

そんなUH-1ですが、後継機としてUH-60JAを調達したものの、こちらは既述のように高価であることから、全数を置き換えるまでには全く至りませんでした。1機のUH-60JAでUH-1Jが3機買えるのでコストパフォーマンスを考えれば当たり前でしょう。

そのため、UH-1Jの後継機は同じベル社のベル412 EPXというヘリをベースに同社とSUBARUが共同開発することになりました。「UH-2」と名付けられたこの機体ですが、ベースのベル412 EPX自体がUH-1シリーズの派生であることを考えると、同じ系統であると言えます。いかにUH-1シリーズが優れた汎用性を持つかを改めて示すエピソードです。

関連記事:陸自の最新ヘリ、UH-2

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました