二刀流!79式対舟艇対戦車誘導弾の性能とは?

陸上自衛隊
この記事は約4分で読めます。

戦車も上陸舟艇も狙うミサイル

上陸してきた敵を撃破するのが主任務の陸上自衛隊は、さまざまな火力を保有しているなか、戦車も舟も撃破できる珍しいミサイル「79式対舟艇対戦車誘導弾」を運用中です。

対戦車ミサイルは基本的には戦車や装甲車に対して使われますが、アメリカのジャベリン・ミサイルのように陣地・建物も攻撃できるものがあります。

しかし、日本の「79式対舟艇対戦車誘導弾」のように戦車も上陸用舟艇も想定したミサイルはあまり見かけません。

⚪︎基本性能:79式対舟艇対戦車誘導弾

重 量 33kg
全 長 1.57m
直 径 150mm
速 度 毎秒200m
射 程 4,000m
価 格 1発あたり約1,000万円?

この大型対戦車ミサイルは、川崎重工業が1960〜70年代にかけて開発したもので、「重MAT」の愛称で知られています。

最大の特徴は、戦車以外にも上陸作戦で使われる舟艇(小型艇)を念頭に開発された点。性質が異なる二つの目標に対する攻撃能力を持つ、いわゆる「二刀流」のミサイルです。

これは海に囲まれた日本の地理的性質をふまえたもので、上陸する敵を海岸で食い止めるのが陸自の役割だと考えれば、実情に即した兵器と評価できます。

重MATはミサイルを収めた発射機のほかに照準器や送信器で構成されたシステムですが、ミサイル本体だけで33kgもあるこれら装備を人力で運ぶのは難しく、通常はトラックで展開場所の近くまで輸送します。

現場到着後は三脚に載せて射撃準備を行い、3名の隊員(射撃手、照準手、弾薬 兼 通信係)で操作します。

ミサイルは有線で誘導する特性上、電波妨害には強いものの、目標に当たるまで照準器で狙い続けなければなりません。しかし、発砲炎で位置がバレる可能性が高く、照射している間に反撃を受けるリスクがあります。

そこで、発射機と照準器を50mほど離して、なるべく照準手を遠ざける工夫が盛り込まれました。とはいえ、この50mという距離はその後登場した87式対戦車誘導弾(中MAT)の200mと比べるとかなり短く、爆風と破片で死傷する近さでしょう。

訓練で発射される重MAT(出典:陸上自衛隊)

二刀流ということで、弾薬には対戦車用の成形炸薬弾と対舟艇用の2種類があり、状況に応じて使い分けます。

また、4,000m以上の射程距離は海岸から離れた場所で待ち伏せるのに十分です。

気になる威力については、ミサイル本体が重さ33kgの「ヘビー級」であることから、命中すれば戦車や装甲車は普通に撃破されます。さらに、対舟艇戦でも小型揚陸艇やAAV-7のような水陸両用車であれば、戦闘不能レベルの損害を与えられます。

上陸作戦は橋頭堡を築く前が最も脆弱で、重装備と物資が揚陸されていない間に撃破するのがセオリーです。よって、陸自は揚陸艦のような大型艦艇に対しては12式地対艦ミサイルを差し向けつつ、海岸に直接迫る小型上陸艇には重MATを含む各種火力をぶつけます。

89式装甲戦闘車のランチャーから発射される重MAT(出典:陸上自衛隊)

余談ですが、重MATは89式装甲戦闘車の側面にも設置されていて、車内保管も含めて計4発が搭載されています。これは主に対戦車戦を想定したものですが、必要となれば海岸付近まで進出しての対舟艇戦も可能と思われます。

ただし、この89式装甲戦闘車の重MATは、通常タイプとの互換性がなく、別々の運用になってしまいます。

地上発射タイプは引退

着上陸侵攻を想定してきた自衛隊らしいこの装備は、1995年までに240セット以上が調達されて、対戦車小隊を中心に配備されてきました。しかし、さすがに旧式化が否めず、当初は96式多目的誘導弾が後継として導入されたものの、高コストによって置き換えが進みませんでした。

その後、2010年には安全装置の点検中に誤発射される事故も起きるなど、老朽化にともなう弊害が現れ、87式対戦車誘導弾も含めた後継として中距離多目的誘導弾が新たに開発されました。

こうして重MATは2023年にようやく退役しましたが、これはあくまで地上発射タイプのみで、87式装甲戦闘車に搭載されたものはまだ使われています。

87式対戦車誘導弾はまだ通用するのか?
国産初のレーザー誘導式「中MAT」 陸上自衛隊は戦車を撃破するための装備を多数運用しており、和製ジャベリンこと01式軽対戦車誘導弾や110...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました