空飛ぶ管制塔:早期警戒管制機E-767

航空機

現代空戦には欠かせない空の目

戦闘機が敵機と交戦する場合、先に発見した方が当然有利になります。しかし、戦闘機に搭載しているレーダーだけでは出力と探知距離に限界があります。もちろん、陸上基地や艦船のレーダーと連携する手もあるが、これらは基本的に水平線の先を探知しづらい弱点を抱えています。そこで、水平線の影響を受けにくい高高度からの探知が可能な早期警戒管制機が大きな意味を持つわけです。

早期警戒管制機は機体の上にレーダーを載せている姿が特徴的であり、機内には指揮管制を行うための電子機器が揃っています。ちなみに、早期警戒管制機は英語では「Airborne Warning and Control System」と呼ばれることから、日本でも頭文字を略した「AWACS(エーワックス)」の名で知られています。

ここで一つ注意したいのが、AWACSの他にも「早期警戒機(AEW)」と呼ばれる機種もあること。簡単に言えば、AEWは目標の探知と味方への情報共有は出来るが、管制能力は限られている機体のことです。

⚪︎基本性能:E-767早期警戒管制機

全 長48.5m
全 幅47.6m
全 高15.8m
最高速度時速800km
乗 員21名
航続距離10,370km
探知距離約300〜350km
価 格1機あたり約550億円

早期警戒管制機の有無で航空戦における優位が変わるため、航空自衛隊も「E-767」と呼ばれるAWACSを2000年から導入・配備しています。見た目は旅客機の上にそのまま円盤型のレーダーを載せた感じだが、このレーダーのおかげでE-767は300kmの探知距離を誇ります。この円盤型レーダーが回転することで360度の全周監視を行えるが、その分かなり強い出力の電波を四方に発します。そのため、乗員保護の観点から本機には窓がほとんどなく、地上でレーダーを稼働させる場合は特別な許可と周囲の安全確保が必要です。

機体上部の円盤型ドームが回転式のレーダー(出典:航空自衛隊)

一方、機内は空港の管制塔でも見られる電子機器が並んでおり、これらを操作する要員が19名搭乗します。作戦範囲によって変わるものの、最長12時間以上の連続滞空が可能であり、そのための休息スペースや簡易キッチンも設けられています。

警戒監視及び管制の役割を持つE-767は武器と自己防衛用の装備を全く搭載しておらず、実戦では護衛の戦闘機が必要となります。通常、E-767は戦闘空域から離れた高高度を飛行し、探知した遠方の目標を基地、艦船、他の航空機に情報共有します。そして、探知した目標の脅威度と優先順位を判別した上で、味方の戦闘機を指揮・誘導するのが任務です。つまり、戦域全体を俯瞰的に見渡せるからこそ、味方を効果的に指揮・管制する役割を担えるのです。いわば「空飛ぶ司令部」とも言えるでしょう。

弱点は脆弱性とコスト

前述のように、AWACSは基本的に武装しておらず、戦闘機のような俊敏な動きもできないため、敵に撃墜されやすい存在です。敵からすれば、AWACSは優先的に破壊すべき目標なので「いかにAWACSを守るか」というのが現代空戦のカギとなります。当然、「空の目」を潰された側は著しく劣勢になるので、シミュレーションや演習でもAWACSを巡る攻防戦が繰り広げられます。

さらなる難点として、高コストであることが挙げられます。他の軍用機と比べてもかなり高価な機体のため、導入できる空軍は結構限られています。ローテーションをした場合、最低でも3〜4機は必要であるため、実際に運用するにはハードルが高いと言えるでしょう。

特に、空自が配備しているE-767は1機あたり550億円以上という最新戦闘機をも超える価格となっています。そのため、浜松基地に4機が配備されているに過ぎず、稼働率次第では作戦運用が難しいことも考えられます。また、複数の空域で対処が求められたら厳しいでしょう。

E-767はAWACSとしてはまだまだ使えるため、今後も稼働率を維持しながらの浜松配備が続くでしょう。後継機については特段何も話は出ていませんが、他国は高価なAWACSよりも安い「AEW&C」に着目している節があります。

これはAWACSよりは劣るものの、一定の管制能力がある早期警戒機のことを指します。ややこしいですが、AEWとAWACSの中間に位置する存在をイメージすればいいかと。管制能力は少し劣るがAWACSよりは安いのでコストパフォーマンス的には十分価値があると言えるでしょう。予算が厳しい空自もいずれAEW&Cにシフトすることが予想されます。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました