時代遅れ?はやぶさ型ミサイル艇

海上自衛隊

高速魚雷艇に取って代わったミサイル艇

ミサイルや航空機が登場する前は艦砲と魚雷による海戦が繰り広げられていました。特に、魚雷は喫水線下(水面下に沈んでいる船の部分)にダメージを与えるため、砲撃よりも致命傷になり得ました。そこで、高速で敵艦に接近して魚雷を放つ小型の魚雷艇が各国海軍で運用されることとなり、大きな戦果を挙げています。

廉価かつ小型の魚雷艇は大型戦艦すら大破・撃沈できるため、中小国や海軍後進国で重宝されました。このようにコストパフォーマンスに優れた魚雷艇ですが、第二次世界大戦後にミサイルが本格的に登場すると、1960年代頃から魚雷の代わりに対艦ミサイルを積むようになりました。

海自のはやぶさ型ミサイル艇に搭載されている対艦ミサイル(筆者撮影)

当初は対艦ミサイルの命中率や実用性に疑問があったため、ミサイル艇はそこまで注目されていませんでした。ところが、1967年にイスラエルの駆逐艦がエジプトのミサイル艇が放った対艦ミサイルに撃沈される「エイラート事件」が発生。これで対艦ミサイルの威力と脅威が一気に知れ渡ることとなり、同時にミサイル艇の存在も注目を浴びます。かつて魚雷1本で大型艦を葬れたように、1発の対艦ミサイルで敵艦を撃破できることが証明されたのです。

1号型の反省を生かした「はやぶさ型」ミサイル艇

海上自衛隊は各国に遅れを取りつつ、1990年代になって初めてのミサイル艇を導入します。このとき登場したのが1号型ミサイル艇でしたが、就役後に船体の強度不足が露呈し、それに伴って日本海での航行に不安を覚えたことから3隻のみの建造となりました。そこでこれらの反省点を踏まえて建造されたのが「はやぶさ型」の6隻であり、良好な性能を持つ高速戦闘艇として現在も日本海をにらむ拠点に配備されています。

⚪︎基本性能:はやぶさ型ミサイル艇

排水量200トン(基準)
全 長50.1m
全 幅8.4m
速 力44ノット(時速81.4km)
乗 員21名
兵 装76mm速射砲×1、90式対艦ミサイル発射筒×4
価 格1隻あたり約90億円

はやぶさ型は前級の1号型と比べて船体が大型化しているため、荒波の日本海でも問題なく航行できます。小型艦艇ながら、船内には戦闘指揮所(CIC)や食堂、簡易キッチンも設置されており、最大3日間ほどは作戦に従事できます。ただし、キッチンは電子レンジなどの最低限の器具しかないため、食事はレトルト・冷凍食品などが主流になります。

他にも、船体の各所にステルス性を意識したデザインが取り入れられており、手すりにすらステルス性を持たせるこだわりぶりです。また、護衛艦とは異なり、ウォータージェット推進の採用や軽量なアルミ合金を多く使用することで最大44ノットの高速力を実現しています。

スクリューではなく、ウォータージェットポンプを3つ使って航行する(赤丸部分)

最大の武器は、船体の後方に搭載している対艦ミサイルです。はやぶさ型は射程150km超の対艦ミサイルを4発装備しており、大型艦にとっては十分な脅威を与えます。加えて、76mm速射砲を1門備えており、必要に応じて12.7mm機関銃も2挺搭載可能です。こちらは主に不審船や小型武装船に対して威力を発揮します。

はやぶさ型の主任務は、高速で敵艦に接近して射程圏内で対艦ミサイルを放つことです。しかし、44ノットの高速力と機動力を持つミサイル艇は不審船対策にも十分な性能を持つことから白羽の矢が立ちました。そのため、海上保安庁とも定期的に不審船対策の合同訓練を実施しています。

ミサイル艇は将来的に消える運命にある?

さて、はやぶさ型は就役からまもなく20年を迎えますが、後継を建造しないまま2032年度までに退役する予定です。これは、コンパクトで使い勝手の良い「もがみ型護衛艦」の就役や新たに1,900トン級哨戒艦が建造されるのが理由の一つです。

しかし、もっと根本的な理由として「ミサイル艇をわざわざ保有する意義が薄れた」というのがあります。ミサイル艇の長所は対艦ミサイルを使って大型艦に致命傷を与えられる点でした。しかし、現在はほとんどの駆逐艦・フリゲートが対艦ミサイルを搭載しているたけではなく、それに対する迎撃手段も確立している状況です。ミサイル艇が登場した頃は対艦ミサイルは標準装備ではなく、迎撃手段もまだ確立されていなかったのでミサイル艇に価値があったわけです。

はやぶさ型の対艦ミサイル(左)と護衛艦の対艦ミサイル(右)

もちろん、高速力を活かした不審船対策にはミサイル艇はまだ使えますが、この役割は今後導入される哨戒艦が引き継ぐのでしょう。結局、かつての強みが「普遍的」となったことで存在意義を問われる状況に陥ったうえ、多様化する任務に対応できるマルチ能力が必要な時代では一つの分野に特化した船をわざわざ建造する必要性が薄れたと言えます。

⚪︎関連記事:かつて最速?海自1号型ミサイル艇

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました