進化した海のスズメ、発展型シースパローESSMとは?

海上を飛ぶミサイル アメリカ
この記事は約3分で読めます。

射程が伸びた近距離ミサイル

迫りくるミサイルを迎え撃つ対空ミサイルといえば、アメリカの「シースパロー」が有名ですが、いまはその最新型である「発展型シースパロー(ESSM)」が主流になりました。

  • 基本性能:RIM-162 ESSM(発展型シースパロー)
全 長 3.8m
直 径 0.25m
重 量 300kg
弾 頭 指向性爆風・破片炸薬 39kg
射 程 最大50km
速 度 最速マッハ4
価 格 約2億円

ESSMとは発展型シースパローを意味する「Evolved Sea Sparrow Missile」の略称であり、米海軍を含めた西側海軍で運用されているシースパロー対空ミサイルを改良したものです。

ミサイル本体は高出力のロケットモーターを搭載した影響で大型化しており、前翼も廃止されるなど、外見はシースパローと大きく異なります。

そして、性能面で目につくのが射程距離の延伸です。

シースパローの26kmと比べて、最大射程は約2倍の50kmまで伸びました。ただし、急旋回のような高い運動性を発揮できるのは、20km圏内までとされています。

高い運動性と同時対処能力

とはいえ、この運動性能においてもESSMは従来のシースパローを凌駕していて、発射直後の難点だった低速・低機動を克服しました。よって、ESSMは発射直後から急旋回などの高機動運動が可能なのです。

これは高速目標の変化に合わせて微調整できることを意味し、結果的に命中精度の向上も期待できます。

「ひゅうが型」護衛艦から発射されるESSM(出典:海上自衛隊)

発射後の誘導方式については、基本的にシースパローと同じ「セミ・アクティブ方式」を採用したものの、飛行途中での自律飛行が可能になり、最大3つの目標まで同時対処できるようになりました。

これは自艦のみならず、他の味方も守る「僚艦防空」に適していて、あきづき型護衛艦のような防空担当艦には必要な装備です。

このように高い運動性能と同時対処能力を持ち、配備数を増やしつつあるESSMですが、いま運用中の「ブロック1」を改良した「ブロック2」がすでに登場しました。

「ブロック2」では従来のセミ・アクティブ誘導に加えて、ミサイル自身が目標を捉えて進むアクティブ誘導能力(撃ちっ放し能力)も獲得しました。さらに、通信機能の強化によって、飛行途中のより細かい修正にも対応しています。

開発元のアメリカはもちろん、日本の海上自衛隊もシースパローの後継としてESSMを導入済みで、「ひゅうが型」ヘリ空母での採用を皮切りに「あきづき型」「あさひ型」などの護衛艦で標準装備になりました。

シースパロー対空ミサイルの性能について解説!
実は「つなぎ役」だった艦対空ミサイル 太平洋戦争で日本軍と激戦を展開して、そのまま突っ込んでくる特攻隊の脅威に直面した米海軍は「艦隊防空」...

コメント

タイトルとURLをコピーしました