自衛隊初の空母「いずも」型の実力は?

海上自衛隊

海自最大の艦艇は悲願の初空母

 海上自衛隊と言えば、駆逐艦やフリゲートなどの戦闘艦を「護衛艦」と呼称することで有名ですが、そんな護衛艦の中でも群を抜いて異質な存在なのが「いずも型」護衛艦でしょう。「いずも」「かが」の2隻は他の護衛艦とは比較にならないほどの大きな艦体と特徴的な外観を持っており、今やイージス艦と並ぶ海上自衛隊の顔となっています。

⚪︎基本性能(現時点):いずも型護衛艦

排水量 19,950t(満載時:26,000t)
全 長248m
全 幅38m
速 力30ノット(時速55.6km)
乗 員470名
兵 装20mm機関砲×2、防空ミサイル11連装発射機×2、魚雷防御装置
艦載機SH-60K哨戒ヘリ× 7、MCH-101輸送救難ヘリ × 2 (最大搭載14機)
建造費1隻あたり約1,100億円

いずも型護衛艦の特徴で目に付くのは、何と言っても空母のような外観と大きさでしょう。実は、同型艦の「かが」は、真珠湾攻撃やミッドウェー海戦にも参加した旧日本海軍の正規空母「蒼龍」よりも大きいです。その広大な飛行甲板には、離着陸用のヘリコプター・スポットが5つも設けられており、同時に5機を運用可能です。

また、最大14機のヘリを搭載できる能力は、従来の護衛艦が多くて3機だったことを考えると雲泥の差です。搭載機数の多さに加えて、余裕のある格納庫を使った整備と補給も行えるため、海に浮かぶ航空基地です。搭載機数の多さと同時運用能力によって、艦隊の周囲を対潜ヘリが常時警戒できる体制を確立し、潜水艦に対する哨戒能力が飛躍的に向上しています。

5機が同時駐機できる「いずも」(出典:海上自衛隊)

この高い航空運用能力を持つ反面、戦闘艦としての装備は最低限に抑えられています。巨大な船体を持つゆえに、戦闘に直接参加するには限界があります。その反面、司令部機能はかつてないほど充実しており、通信設備や戦闘指揮システムの面は艦隊旗艦として相応しいものを備えています。いずも型はあくまで艦隊司令部と洋上基地としての役割を担うため、常に護衛が随伴していることが前提なのです。米海軍の空母も通常は単独では行動せず、駆逐艦や巡洋艦が同行します。

他の特徴として、以下も挙げられます。
・大型トラック50台と人員400名の輸送能力
・他の艦船への洋上補給能力(汎用護衛艦3隻分)
・集中治療室や手術室を含む35床の病室

これらは、離島防衛等の際に必要となる陸上自衛隊の輸送をするのに適した能力です。実際、離島奪還作戦を想定した訓練では、陸上自衛隊のCH-47輸送ヘリを搭載しました。このように、簡易的な強襲揚陸艦としても活動できますが、残念ながら戦車は搭載できないようです。また、巨大な格納庫は野戦病院も設置できることから、いざという時は小規模な病院船としても機能します。

上記の各種能力は、災害派遣時にも役立つものばかりです。例えば、熊本地震や2019年10月の台風19号による豪雨被害では、災害派遣用の物資や人員を搭載して被災地に送り届け、洋上基地としてのマルチ能力を十分発揮しています。

悲願の初空母に向けた改修

さて、海上自衛隊の代表的艦船となったいずも型ですが、空母化の噂は就役前からありました。特に、格納庫と飛行甲板を結ぶエレベーターがF-35ステルス戦闘機を載せられる大きさであることが、様々な憶測を呼んだのです。そして、前級の「ひゅうが型」は護衛艦として初めて全通式甲板を持つヘリ空母であったことから、本格的な軽空母を保有する布石と見られていました。

関連記事:空母化は無理?ひゅうが型護衛艦

実際に建造された本艦は、ひゅうが型と同様にヘリ空母として就役したものの、建造段階で固定翼機を運用することが検討されていたのは事実です。艦艇の就役期間を30年と考え、その間に軍事情勢が変化することを考えれば、適宜改修することが求められます。一旦は、海自最大のヘリ空母として就役させ、国内世論や周辺国の反応も見つつ、いずれ空母化改修を行うつもりだったのでしょう。

その改修は、中国海軍の急拡大によって予定よりも早まったのでしょうか。1番艦の「いずも」が就役してからわずか3年後の2018年、正式にF-35Bの運用に向けた空母化改修が決定されます。年々高まる中国の脅威を感じていた国内からの反対はあまりなく、周辺国の反発も中国、韓国、北朝鮮などの恒例メンツを除けば、皆無に等しかったです。

これが20〜30年前であれば、アメリカも反対したでしょう。しかし、米中の覇権争いが進む中で太平洋における優位性を維持できるか疑わしい現状では、同盟国・日本の軍事力強化を後押しせざるを得ません。

正式に空母化することとなった「いずも」型は、主に以下の改修を受けます。

①F-35Bの排熱に対する甲板の耐熱強化
②誘導灯の設置(特に夜間着艦に必要)
③艦首を台形から四角形に変更
④艦内区画の見直し(空母運用に適した配置の確保)

空母化改修とはいえ、マンガ「空母いぶき」のようにスキージャンプ台を設置するつもりはないそうです。理由は、スキージャンプ台を設置すれば、ソナーがある艦首が重くなりすぎて全体のバランスが悪くなるからです。

さらに、スキージャンプは航空機の発艦を補助する役割を担うものの、その面積分だけ航空機を駐機できるスペースが減ります。したがって、艦首を台形から四角形に改修することで滑走距離と駐機スペースの両立を図る狙いがありそうです。他にも、似た全長を持つ「アメリカ級」強襲揚陸艦がスキージャンプ台なしの四角形艦首でF-35Bを運用しているのを参考にしたのかもしれません。海自にとって初の空母運用になるため、ノウハウの教授や参考にするならエキスパートである米海軍が最適ですからね。

台形の艦首だと滑走距離が短くなる(出典元:海上自衛隊)

空母化改修については、定期検査に入る2番艦の「かが」から先に実施され、「いずも」の改修は二度にわたって行われる予定です。改修化が完了するのは早くて2025年頃であり、搭載予定のF-35Bの導入は2024年に開始されます(計42機を調達予定)。F-35Bの国内配備先は宮崎県の新田原基地であり、ここで各種訓練を実施した後、改修が完了した「かが」「いずも」に順次搭載されます。

そこで気になるのがF-35Bの搭載機数ですが、単純に載せるだけなら10機〜15機は可能といえます。しかし、通常は戦闘機のみを載せるわけにはいかず、最低限の哨戒ヘリも必要です。実際には作戦に応じて哨戒ヘリとF-35Bの搭載機数をそれぞれ調整すると思われますが、通常のF-35B搭載機数は6機+αと予想します。戦闘機は最低2機で編隊を組み、ローテーションで任務に就くため、6機前後は必要でしょう。

他にも、艦船のレーダーは水平線の向こうは探知できないことから早期警戒機による上空からの警戒が求められます。米空母は固定翼機のE-2を、イギリスの最新空母「クイーン・エリザベス」は早期警戒ヘリを運用しています。しかし、いずも型については早期警戒機を巡る話がほとんどなく、どうするのか非常に気になりますが、大きく以下の3点が考えられます。

①陸上基地から飛来する航空自衛隊の早期警戒管制機に頼る
②英空母同様に早期警戒ヘリを導入
V-22オスプレイの早期警戒型(EV-22)を導入

「空母いぶき」では、艦載型の早期警戒機を運用している場面が見られず、①のように空自に頼っている描写がありました。日本近海ならばこの方法でも一応可能ですが、やはり自艦で早期警戒できないのは心許ないでしょう。

③のオスプレイについては、いずも型では既に運用可能なことが確認されています。ただ、EV-22は開発すら始まっていない段階のため、本当に導入できるかは怪しいです。そのため、現状では②の「早期警戒ヘリの導入」が最も現実的な選択でしょう。

練習空母&海軍外交官として

このように、F-35Bを6機前後+哨戒ヘリ数機を搭載することが予想されるいずも型は、いわゆる軽空母または護衛空母の分類に入ります。飛行場が限られている南西諸島防衛を意識した空母化改修ですが、これはノウハウ蓄積用の「練習空母」でもあります。海自にとって悲願の初空母とはいえ、その運用はまさに初めての連続であり、戦力化には改修から最低3〜5年はかかります。例えるならば、中国海軍の練習空母「遼寧」のような位置づけでしょうか。

また、いずも型の後継艦については特に何も話が出ていませんが、まずは本級2隻で改善点を洗い出した後、情勢に応じて次期空母案を検討するのでしょう。しかし、人手不足が深刻な海自が「クイーン・エリザベス」のような空母を運用できるのかという疑問はあります。大幅な予算増額が見込めない中で本格的な空母を導入すれば、その分だけ他にリソースが割けなくなります。高額かつ大きい兵器を少数持つより、低コストで使い勝手の良い兵器を多数運用する方が合理的な場合が多いのも事実です(もちろん状況によりけりですが)。

次期空母がいわゆる「現代の戦艦大和」になっては元も子もありません。筆者個人としては、本格的な空母よりも、同じ予算と人員を使って潜水艦とフリゲートを多数配備した方が良い気がします。何れにせよ、当面は「いずも型」でノウハウを十分蓄積しつつ、海自における本格空母の導入の是非を熟慮すべきです。

南シナ海で米空母「ロナルド・レーガン」と共同訓練する「いずも」(出典:海上自衛隊)

また、「遼寧」が中国海軍の「顔」として周辺国に武威を示したように、「いずも」「かが」の2隻も海上自衛隊のシンボルとして運用されています。両艦は就役以来、交代で南シナ海やインド洋に派遣されて日本のプレゼンスを示していますが、空母化によってこの役割は益々重みを持ちます。

日本の空母が南シナ海やインド洋を航行し、アメリカ、オーストラリア、インドなどの各国と共同訓練を行う意義はとてつもなく大きいものです。既存の秩序と自由主義の擁護者としてプレゼンスを示し、中国にメッセージを送るという点では、空母は他の護衛艦にはできない役割を担えます。中国海軍が艦艇数で米海軍を追い抜く中、空母「いずも」「かが」は日本の防衛のみならず、「自由で開かれたインド太平洋」を実現するための外交的役割も担うのです。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました