HIMARS高機動ロケット砲とは?

アメリカ軍

MLRSの小型・軽量版として

長距離からロケットの雨を降らせて広範囲の「面」を制圧する兵器と言えば、自衛隊も運用する多連装ロケット砲「MLRS」がまず思い浮かぶでしょう。しかし、湾岸戦争で絶大な威力を発揮したMLRSの難点は、25トン以上の重量によって制限される空輸手段であり、大型輸送機でなければ展開できません。

そこで、アメリカはMLRSよりも小型かつ軽量で、空輸しやすいロケット砲システムを開発したわけですが、それが今回紹介する「HIMARS」になります。

⚪︎基本性能:M142 HIMARS

全 長7m
全 幅2.4m
全 高3.2m
重 量13.7t
乗 員3名
速 度時速85km
行動距離480km
主武装227mmロケット弾×6
価 格1両あたり約7.2億円

HIMARSは英語で高機動ロケット砲システムを意味する「HIgh Mobility Artillery Rocket System」の略称であり、MLRSよりも機動力に優れた多連装ロケット砲として1990年代に開発されました。

この機動力を重視した結果、MLRSより12トン以上も軽くなっており、C-130輸送機でも空輸できるようになりました。さらに、MLRSがキャタピラ式なのに対して、HIMARSは装輪式となっているため、自走能力と速度では上回っています。したがって、迅速な展開が求められる即応部隊の火力支援にピッタリな兵器であり、MLRSよりも使い勝手が良いと言えるでしょう。

演習で発射するHIMARS(出典:アメリカ軍)

肝心の打撃力については、ロケット弾の装填数は6発とMLRSと比べて半減していますが、使用するロケットはMLRSと共通のものなので、弾薬の互換性を確保しています。通常、ロケット弾はGPS誘導機能が付いたM30またはM31を用いますが、両者とも射程は70kmほどです。

他にも、射程300kmを誇る「ATACMs」と呼ばれる地対地ミサイルも1発装填することができるうえ、現在開発中の射程500kmの短距離弾道ミサイルも2発搭載することが可能だそうです。

緊急展開で第1列島線を守る?

さて、装填数を半減させてでも優れた機動力を実現したHIMARSですが、アフガン戦争や対イスラム国での戦闘で既に戦果を挙げており、輸送機によって世界各地への素早い展開ができることも証明しています。

そして、現在行われているロシアによるウクライナ侵攻では、砲兵戦力で劣るウクライナ側が軍事支援としてMLRSとともにHIMARSの供与も要請しており、アメリカがそれに応じるかどうかが注目されています。もし、HIMARSが砲兵戦が激化するウクライナ東部の戦線に到着すれば、長射程かつ精密射撃が可能なロケット砲として重宝されるでしょう。

欧州で起きた戦争によって注目が集まっているHIMARSですが、アメリカとしてはむしろアジア太平洋での緊急展開に相応しい兵器として着目しています。特に、台湾有事の際に中国が狙うであろう第1列島線の島嶼部に対して、機動力に優れたミサイル部隊を分散配置して中国側の動きを封じる構想があります。

対中国でも重宝されるであろうHIMARS(出典:アメリカ軍)

日本の南西諸島も含まれるこの第1列島線を守るために、アメリカ軍は長射程のミサイル部隊を空輸によって緊急展開させることで、中国軍を容易に寄せ付けない、もしくはその行動を制限する「逆A2AD(接近阻止、領域拒否)」を企図しているようです。

当然、この構想ではHIMARSも展開される予定であり、射程300kmのATACMsを用いて島嶼部間の相互火力支援ができる体制を作ります。ミサイル部隊は分散配置することで、同時に全てが潰されることを避け、生き残った部隊が他の島から遠距離攻撃できるようにするわけです。したがって、今後HIMARSは対中国の最前線と言える日本の南西諸島、フィリピンに訓練等で頻繁に展開することが予想されるため、見かける機会が多くなるでしょう。

関連記事:ロケットの雨を降らせるMLRS

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました