売れまくり!韓国「K9自走榴弾砲」が誇る性能とその評価

外国関連
この記事は約2分で読めます。

対北朝鮮の国産自走砲

「休戦中」で未だ戦争状態が続いている朝鮮半島では、北朝鮮が軍事境界線付近に1万門以上の火砲を配置して韓国側に脅威をいつも与えています。

これらは首都・ソウルも射程圏内に収めているため、韓国は防空体制を整備するとともに、対抗手段として砲兵戦力を強化してきました。

その反撃手段のひとつが最近よく売れている韓国産兵器の「K9自走榴弾砲」です。

⚪︎基本性能:「K9」155mm自走榴弾砲

重 量 47t
全 長 12m
全 幅 3.4m
全 高 2.73m
乗 員 5名
速 度 時速67km
行動距離 360km
兵 装 52口径155mm砲×1
12.7mm機関銃×1
射 程 通常弾:18km
ベースブリード弾:40km
発射速度 毎分6〜8発
価 格 1両あたり約4.5億円

1999年にデビューしたK9自走砲は、1,300両以上が韓国陸軍と海兵隊に配備されて陸軍大国の砲兵戦力を支えています。

西側標準の155mm榴弾砲は射撃管制システムと自動照準装置、GPS機能を用いた精密射撃に加えて、3発の砲弾を単一目標に同時着弾させる能力を持っています。

自動装填装置は付いておらず、機械アシストを使いながら手動で行うものの、最大3分間にわたって毎分6〜8発の連続射撃ができます(それ以降は砲身冷却も考慮して毎分2発ほどに)。

ただし、砲兵戦では敵の反撃前に陣地変換を行うケースが多く、K9自走砲は予定陣地に到着してから射撃準備を終えるまでに1分ほどしかかかりません。

射撃するK9自走榴弾砲(出典:韓国軍)

射程距離は弾種によって変わりますが、通常榴弾であれば18km、延伸タイプを使えば40kmまでになります。

これらは合計48発分が車内に収容されており、専用の弾薬供給車「K10」をともなえばその場で補給を受けられます。しかも、104発分の弾薬を載せたK-10弾薬供給車は、ベルトコンベアを使って自動補給するため、補給作業にかかる時間はたったの5分です。

防御面については、砲弾の破片や重機関銃の直撃に耐えられるうえ、NBC防護能力と自動消火装置も与えられました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました