「歩兵の友」軽装甲機動車

車両・火砲

最も身近な装甲車として

戦闘時に生身を晒して戦う歩兵にとって「盾」となる存在は何であれ頼もしいものです。そのため、現代の陸軍では装甲車が必須装備となっており、陸上自衛隊も大小各種の装甲車両を保有しています。そんな装甲車の中で、最も身近と言えるのが「軽装甲機動車」でしょう。

軽装甲機動車は隊員の移動と防護を目的とした簡易装甲車であり、戦車や89式装甲戦闘車のような積極的な戦闘参加は前提としていません。火力の直接応酬は想定していないが、際戦前で歩兵を援護、防護できるだけの最低限の機能は持ちます。

⚪︎基本性能:軽装甲機動車

全 長4.4m
全 幅2.0m
全 高1.85m
重 量4.5t
乗 員4名
(機関銃手を1名追加可)
速 度時速100km
航続距離500km
兵 装機関銃を設置可能
価 格1両あたり約3,000万円

軽装甲を英訳した「ライト・アーマー」や「LAV(ラヴ)」の愛称で親しまれている本車は、機動力と防護力を両立した使い勝手の良い車両として小松製作所が開発しました。ポイントとしては、従来の車両よりも装甲化された上、比較的軽量であるため空輸がしやすい点。実際、輸送機やCH-47ヘリに搭載することで離島を含む遠隔地への迅速な展開を見据えて開発されました。

この空輸しやすいという利点があるため、自衛隊の海外派遣では本車が定番の装備となっています。例えば、イラクやジプチへの海外派遣では隊員の移動用、パトロール用に投入されており、砂漠という過酷な環境でも大きな問題なく稼働しました。また、海外派遣の場合は、追加装甲の設置等の改修が行われます。

アフリカ・ジプチに展開する軽装甲機動車(出典:陸上自衛隊)

武装については、車体上部に機関銃を設置できる器具があり、ハッチを開いて乗員が身を乗り出して銃を操作します。この時、通常4名の定員のところを、後部座席間に機関銃手を座らせることで5名を搭乗させます。他にも、ハッチを開いて対戦車ミサイルを発射することも可能であり、戦車に対しても一定の反撃能力を持ち得るわけです。

怪しい防護力と疑問視される快適性

肝心の防護力についてですが、施されている装甲と防弾ガラスは小銃弾を防げるものの、それ以上の火器に対する耐性は疑問視されています。当然、防弾性能は軍事機密であるため詳細は不明です。しかし、海外派遣時では防弾ガラスの性能向上を行なっている事実からも推測すると、初期状態では機関銃弾に対する防御すら怪しいのでは?

もちろん、ロケット弾や携行ミサイルの直撃を受ければ大破・行動不能になる上、車内の乗員も死傷は免れないでしょう。また、重心が低く横転しやすい欠点を有するため、地雷や即席爆発装置(IED)に対してはかなり心許ないと言えます。ただ、あくまで「軽」装甲機動車なので、歩兵の盾として小銃弾や機関銃弾に対する一定の防護力があれば良いと割り切る必要もあるかもしれません。

さて、本車は最も身近な装甲車と表現しましたが、残念ながら「身近=快適」ではありません。隊員の移動に使われる軽装甲機動車ですが、座席の座り心地が悪く、タイヤの振動もひどいため長距離移動にはあまり向かないようです。また、通常は4名しか乗れないので「輸送」という観点でも高評価はできません。ただ、陸上自衛隊の装甲車として初めてエアコンを標準装備したため、海外派遣部隊は助かったとのこと。

普通科の主要車両として使われる本車(出典:陸上自衛隊)

このように色々問題を抱える軽装甲機動車ですが、陸自のみならず航空自衛隊の基地警備隊も導入しており、合計1,900両以上が調達されました。これは自衛隊の車両としてはかなり多く、単価も比較的廉価になっています。現場では防弾性への不安、快適性と燃費の悪さなどに不満を抱きつつ、本車に対して愛着を持っているのも事実です。

後継車については現在は検討の段階ですが、本車を開発した小松製作所が装甲車の新規開発から撤退したため難航中です。こうなると三菱重工ぐらいしか担い手がいませんが、こちらも別の車両開発で手一杯の状態。したがって、国内メーカーによる開発は暗雲が垂れ込んでおり、海外からの輸入という案も浮上。防衛省はいま海外の軽装甲車両を調査をしており、国内開発案と比較した上で判断すると思われますが、国内開発を請け負う会社の少なさとコストを考慮すれば、海外製の輸入で落ち着くのではないかと推測します。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました