空飛ぶ戦車!AC-130Hガンシップが誇る武装と火力

アメリカ
この記事は約3分で読めます。

輸送機を改造した攻撃機

中型輸送機として日本でも愛用されている「C-130シリーズ」は任務や導入先に合わせた多くの派生型があります。なかでも異彩を放っているのが米空軍のみが運用している「AC-130」という対地攻撃型の機種です。

これは機関砲や榴弾砲まで載せた特殊な攻撃機で、その重武装ぶりは「天空の城ラピュタ」に出てくる空中戦艦を連想させます。

⚪︎基本性能:AC-130J

全 長 29.3m
全 幅 39.7m
全 高 11.9m
乗 員 9名
速 度 時速670km
航続距離 約3,000km
高 度 約8,500m
兵 装 30mm機関砲×1
105mm榴弾砲×1
対地ミサイル、誘導爆弾など
価 格 1機あたり約220億円

AC-130は1960年代に登場してからいくつかの改良型が登場してきましたが、現在はゴーストライダーの異名を持つ約40機の「J型」のみ運用されています。

このJ型は30mm機関砲、105mm榴弾砲に加えて、誘導爆弾や「ヘルファイアー・ミサイル」まで装備した重武装ぶりで、地上目標に対して火力の雨を降らせられます。しかも、もともと輸送機を改造したおかげで多くの弾薬を搭載可能です。

このような大火力を誇るAC-130ガンシップは、本来はベトナム戦争でジャングルに潜む敵に対して長時間滞空しながら攻撃する目的で開発されました。

そのため、戦闘機のような高速性能は求められず、むしろ輸送機の低速ぶりが好まれた形です。目標上空を旋回しつづけられるうえ、ヘリコプターよりも重武装化できるという点では適任でした。

余談ですが、各種兵器はコックピットの左側に座る機長が目視しながら攻撃できるように全て機体の左側にあります。そして、攻撃時は目標上空を左旋回しながら火力を叩き込むわけです。

 

ベトナム戦争以降もパナマ侵攻や湾岸戦争に投入され、近年はイラクとアフガニスタンで持ち前の火力を発揮してきました。

ただ、足の遅いAC-130は防空兵器に狙われやすく、ベトナム戦争と湾岸戦争では対空砲火やミサイルによって撃墜されています。

よって、航空優勢下での使用が前提条件になるものの、歩兵でも持ち運べる携行式地対空ミサイルが普及した現代戦場では、かなりの高度から攻撃するほかありません。

まともな防空能力を有していない、もしくは限定的な能力しかない相手に使うのが最も効果的であって、対テロ戦争ではイスラム国やタリバンに対して一方的な攻撃を加えてきました。

アメリカが対中国を意識してインド太平洋へとシフトするなか、いまだ不安定な中東への軍事的関与は現地政府への支援を中心に継続するはずです。したがって、輸送機改造型ガンシップはテロとの戦いにおいて引き続き出番があるといえます。

世界最高の輸送機?自衛隊でも活躍するC-130Hとは
ベストセラーの名輸送機 現在、人員や物資を空輸するための輸送機が必須装備となっていますが、そんな輸送機で西側諸国を中心にベストセラーとなっ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました