不死身の鬼?A-10サンダーボルトⅡ

アメリカ軍

対地攻撃機の集大成

航空機の本格的な登場によって戦場の様相は一変し、陸の王者と言われる戦車も航空機の前では守勢に立たされるのです。もはや、航空機による支援なしではまともな軍事作戦を遂行することができず、逆に航空優勢とそれに伴う火力支援があれば多少の戦力差もひっくり返せます。この最前線における航空機の火力支援を「近接航空支援(いわゆる対地攻撃)」と呼びますが、これに特化した伝説の名機、「A-10サンダーボルト」というのが存在します。

⚪︎基本性能:A-10 サンダーボルト

全 長16.16m
全 幅17.42m
全 高4.42m
乗 員1名
速 度時速676km
航続距離最大4,100km
戦闘行動半径1,290km
兵 装・30mmガトリング砲×1
 (装填数1,174発)
・500ポンド(226kg)爆弾×12
・ナパーム弾
・ロケット弾ポッド
・対地ミサイル
・対空ミサイル
価 格1機あたり14億円

A-10サンダーボルトはアメリカが開発・運用中の機体であり、米空軍初の近接航空支援専用機です。第二次世界大戦でドイツのJu87スツーカやソ連のII-2シュトゥルモヴィークが対地攻撃で猛威を振るったことを踏まえて、米空軍は対地攻撃機の有効性を認識したものの、その役割は戦闘機に委ねて、専用機はあえて開発しませんでした。

しかし、ベトナム戦争で戦闘機による十分な近接航空支援ができず、専用機の必要性を痛感させられました。空中待機が難しく、高速で飛行する戦闘機は近接航空支援任務で使うには使い勝手が悪かったのです。そこで、低高度及び低速度での高い運動性を持ち、長時間の待機飛行が可能なA-10が近接航空支援専用機として1973年に正式採用されました。

元々、A-10はソ連軍の機甲部隊を想定して開発されたため、「対戦車」を想定した強力かつ充実した武装が最大特徴となっており、なかでも特筆すべきは固定兵装の30mmガトリング砲です。普通車を軽く超える6.4mの全長と毎分3,900発の発射速度を誇るこのガトリング砲は、戦車や装甲車を文字通り「ハチの巣」にすることで敵の地上部隊に甚大な被害を与えます。他にも、500ポンド爆弾や対地ミサイル、ナパーム弾、ロケット弾を搭載可能であり、自衛用の電子戦装置や対空ミサイル2本も備えています。

機首の30mmガトリング砲が特徴的な A-10(出典:アメリカ空軍)

このように強力な武装に目が行きがちな A-10ですが、同等の「売り」の一つとして機体の耐久性が挙げられます。低空かつ低速で活動する近接航空支援機は必然的に対空砲火に晒されるため、A-10の機体はかなり頑丈に作られ、多少被弾しても余裕で飛行し続けるそうです。重要部分のコックピットや燃料・弾倉周辺は装甲化されており、油圧系と操縦系統を二重化することで生存率を大きく高めました。全装甲の重量は機体の17%にも上り、20mm弾程度の直撃にも耐えられます。

武装と頑丈さが特徴的なA-10は、即応的かつ迅速な支援を求められる性質上、設備や部品が十分整っていない最前線の基地で運用されることが多いです。そのため、簡易飛行場でも運用可能な短距離離着陸能力を有し、機体の左右で共通部品を多用することで整備・補給を容易にしています。まさに「1秒でも早く最前線に駆けつける」を意識した工夫と言えるでしょう。

空飛ぶ戦場の伝説として

対ソ連を見据えて冷戦期に開発されたA-10ですが、初実戦となった1991年の湾岸戦争での相手はソ連機甲部隊ではなく、ソ連製兵器で武装したイラク軍でした。この実戦でA-10は戦車987両、装甲車500両、その他1,300両以上を撃破する大戦果を挙げ、「時代遅れの余分の機体」として見られつつあった評価をひっくり返しました。

その後、新型兵器システムやデータリンク能力の付与などの改修を経ながら、アフガン戦争イラク戦争、対イスラム国戦闘に投入されてきました。特に、脆弱な防空能力しか持たないテロ組織や武装組織相手には容赦ない攻撃を浴びせることでA-10は改めてその有効性を発揮し、各地の掃討作戦で戦果を積み重ねます。一方、窮地に陥った味方は、A-10の飛行音と30mmバルカンが放つ独特の掃射音に度々救われてきたことで、低高度かつ低空で駆けつけるA-10に対して他の航空機よりも頼もしさと親近感を抱くそうです。

これら実戦を通じてA-10は敵に「空飛ぶ悪魔」として恐れられる一方、改めてその頑丈さが注目されることになりました。例えば、湾岸戦争では機体が380箇所以上被弾してハチの巣になったり、対空ミサイルで尾部やエンジンが吹き飛ばされても生還しており、戦争を通じて70機以上が被弾したにも関わらず、一人の戦死者も出していません。そもそも、A-10自体がエンジンや尾翼、外翼を片方失っても飛行可能な設計となっていますが、実戦でその耐久性が証明された形となり、「伝説」として語られています。

実際、A-10開発にあたっては第二次世界大戦でソ連戦車500両、車両800台以上を撃破した伝説のJu87パイロット、ハンス・ルーデルが設計に携わっており、「対地攻撃の生ける伝説」が「伝説の対地攻撃機」を生み出したと言っても過言ではありません。

湾岸戦争でその真価を発揮したA-10攻撃機(出典:アメリカ空軍)

日本でも人気のある「ルーデル閣下」が携わったA-10は人気があり、横田基地に飛来した時などはファンがカメラを持って駆けつけます。「自衛隊にも導入を」という声はだいぶ前からありますが、限られた予算の中で対空戦闘ができないA-10を配備してもほとんど意味がなく、対地攻撃はAH-1SコブラAH-64アパッチ攻撃ヘリに任せた方が合理的なのです。

さて、A-10の将来についてですが、既にイラクとアフガンから撤退し、対中国では出番がほとんどないと思われる現在でも250機近くが運用されており、2030年代までは現役予定です。後継機については特に構想はなく、マルチロール機やドローンが主流となりつつある現代においては、近接航空支援専用機そのものが消滅しつつあります。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました