トップガンじゃない?自衛隊も使うミサイルのマーベリック

アメリカ
この記事は約3分で読めます。

アメリカの短射程・空対地ミサイル

「マーベリック」と聞けば何をイメージしますか?大抵の人は映画トップガンの主人公を思い浮かべるでしょうが、現実のアメリカ軍にもマーベリックと呼ばれるものがあります。

ただ、それはトップガンに出てくるような凄腕パイロットではなく戦闘機などから放つ空対地ミサイルのことであって、湾岸戦争やイラク戦争などの実戦といくらかの改良を経ながら今も現役の兵器です。

⚪︎基本性能:AGM-65 マーベリック空対地ミサイル

重 量 304kg
全 長 2.49m
直 径 0.31m
速 度 時速1,150km
射 程 約30km
価 格 1発あたり約1,400万円

独自路線を征く一匹狼の意味を持つ「マーベリック」と名付けられたこの空対地ミサイルは、ベトナム戦争末期の1970年代初頭に初実戦を迎え、当時のミサイルとしては良好な運動性能と画像誘導を用いた高い命中率を誇りました。

弾頭部分は軽量(57kg)もしくは通常(136kg)の2種類から選択でき、前者は着弾とともに爆発する成形炸薬タイプであるのに対して、後者は遅延信管によって装甲の貫通後に内部で爆発するタイプになります。

その後、海兵隊や海軍も採用するにつれてレーザーや赤外線誘導を使った派生型が開発され、同盟国・友好国を中心に30カ国以上に輸出されるベストセラーともなりました。

輸出されたマーベリックは第四次中東戦争やイラン・イラク戦争でも使用されて地上目標を撃破しましたが、世界的な販売を一気に加速させたのが湾岸戦争での圧倒的戦果です。

マーベリック・ミサイルを放つA-10攻撃機(出典:アメリカ空軍)

初めての本格投入となったこの戦争ではイラク軍の戦車・装甲車などに対して計5,000発以上のマーベリックがF-15E戦闘機やF-16戦闘機などから発射され、80〜90%近い命中率を叩き出すことでイラク軍を文字通り壊滅させました。

なかでも、最大14発ものマーベリックを搭載できるA-10攻撃機による対地攻撃は凄まじく、もともとソ連戦車を念頭に開発された機体であることも相まって、イラクの装甲部隊相手に恐るべき本領を発揮したそうです。

海自のP-1用に導入も、使うかは微妙

湾岸戦争での大量使用とそれに伴う戦果で信頼性を発揮したマーベリックは、さまざまな航空機に搭載できるメリットも持ち合わせています。

例えば、前述の戦闘機や攻撃機以外にAH-64アパッチのような攻撃ヘリやP-3C哨戒機でも運用可能であり、日本の海上自衛隊もP-1哨戒機向けにマーベリックを初めて導入しました。

ただ、最大でも約30kmという短射程のマーベリックは必然的に母機による目標への接近を強いるため、機動性に欠ける哨戒機や攻撃ヘリでは防空ミサイルの餌食となりやすく、P-1哨戒機もこうした危険に晒してまで対地攻撃に投入するとは考えづらいです。

つまり、マーベリックはまともな防空装備を持たない武装組織や既に防空能力を喪失した軍隊であれば十分な効果を発揮する一方、近代的な防空網が健在な場合はどこまで通用するか怪しく、航空優勢下での使用を前提としています。

また、マーベリック自体が既に登場から半世紀以上過ぎているため、後継として開発された統合空対地ミサイル「JAGM」によって同じく経年化しているヘルファイア対戦車ミサイルとともに更新予定です。

高精度なのに低価格?ヘルファイアミサイルの威力と貫通力
対戦車から対艦まで使える兵器 地上戦で圧倒的強さを誇る戦車は「上」からの攻撃に弱く、この弱点を狙ってくる攻撃ヘリは天敵に該当します。 そ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました