コンステレーション級フリゲートの行方

アメリカ軍

艦名の由来は「米海軍の原点」

第二次世界大戦以後、イギリスに代わって7つの海を支配してきたアメリカ海軍(以下「米海軍)」ですが、そんな世界最強の海軍も現在は過渡期を迎えようとしています。西太平洋において中国海軍の増勢が著しい中、米海軍が次世代を意識したズムウォルト級駆逐艦やマルチな対応力を目指した沿岸戦闘艦は事実上の失敗に終わりました。

振り返ってみれば、この20年間は中国海軍がその戦力を飛躍的に拡張させた一方で、米海軍は常に厳しい予算と戦いながら試行錯誤と迷走を繰り返してきた期間でした。そこで、米海軍は当面の間は「アーレイ・バーク級」イージス艦を引き続き量産しつつ、高コストの割に中途半端な能力に終わった沿岸戦闘艦の代わりに、より本格的な交戦能力を持つフリゲートを建造することにしました。これがイタリア海軍の「ベルガミーニ級」フリゲートを参考にして建造される次期最新フリゲート「コンステレーション級」になります。

⚪︎基本性能:コンステレーション級フリゲート

排水量7,291t (満載)
全 長151.1m
全 幅19.8m
乗 員200名
速 力26ノット
(時速48km)
航続距離6,000浬
(11,000km)
兵 装・57mm速射砲×1
SeaRAM×1
・垂直ミサイル発射基×32
・対艦ミサイル×16
艦載機MH-60R哨戒ヘリ×1
MQ-8C無人機×1
価 格1隻あたり約950億円?
建造数20隻 (予定)

「コンステレーション級」フリゲートは、引き続き量産される高価な「アーレイ・バーク級」イージス艦に対して、その半分ほどの価格で建造できる軍艦として期待されており、高額高性能な兵器と低額で限定的な性能を持つ兵器を組み合わせる「ハイローミックス」の一翼を担います。

本級は米海軍にとって「オリバー・ハザード・ペリー級」以来の久々のフリゲート艦になる予定ですが、この計画にかける意気込みはネームシップの「コンステレーション」から汲み取れます。「星座」を意味するコンステレーションは、アメリカ独立以後に初めて建造された6隻の軍艦の名前の1つであり、いわば米海軍の原点とも言える艦名なのです。

そのため、同名は「アメリカを代表する船」としての特別な意味を持っており、日本で例えるならば「大和」のような感じでしょうか。ちなみに、1797年に就役した帆船の初代コンステレーションですが、驚くべきことに米海軍の軍艦として未だに現役なのです。

未だに現役の初代コンステレーション(出典:アメリカ海軍)

どういうことかと言うと、ボストンで航行可能な状態で保存されており、事実上の記念館として誰でも見学できるようになっています。ただ、米海軍の現役艦なので現役の水兵が常に乗艦しており、記念式典の際には航海に出ます。

そんな特別な艦名を次期フリゲートのネームシップに用いるうえ、2番艦以降も米海軍の黎明期を支えた最初の6隻から順次襲名していくため、同計画に対する期待がいかに大きいか分かりますね。

新型フリゲートは「イージス艦」

さて、気になる性能ですが、イージス・システムの最新型であるベースライン10を採用する予定なので、フリゲートとしてはかなり高い防空能力を持つことが予想されます。また、リアルタイムの情報共有を通じて味方が探知した敵を撃破する共同交戦能力(CEC)も最初から付与されます。

兵装については、前甲板に垂直ミサイル発射基 (VLS)を32セル設置して、中長距離対空ミサイルであるSM-2を搭載します。ただし、これはあくまで自艦防空用であり、通常のイージス艦のように艦隊防空は担わないようです。

同VLSにはアスロック対潜ミサイルも装填すること可能ですが、本級は船体そのものにソナーを装備する予定はなく、あくまで曳航式ソナーを用いるため、対潜戦よりも対空戦に比重を置いた艦になりそうです。

コンステレーション級の完成予想図(出典:アメリカ海軍)

また、他に特筆すべき点としては対艦ミサイルの多さでしょう。通常、米海軍の艦艇は8発のハープーン対艦ミサイルを搭載していますが、「コンステレーション級」はノルウェーが開発したより長射程「NSM」を16発も装備します。これは、本級が対艦攻撃能力をかなり重視している証であり、質及び量ともに成長を遂げている中国海軍に対する打撃力を確保する狙いが伺えます。

このように防空及び対艦攻撃に重きを置いた「コンステレーション級」ですが、既述のようにイージス・システムを搭載することから、少し能力を抑えたイージス・フリゲート艦と言えるでしょう。

米海軍は沿岸戦闘艦の反省を生かせるか?

特別な意味を持つ艦名を戴き、イージス・フリゲート艦として建造される「コンステレーション級」ですが、1番艦の就役は2026年頃になるそうです。比較的廉価かつマルチな任務に対応するだけの能力を持つことを期待された本級ですが、気がかりなのが沿岸戦闘艦のようなコスト高騰に見舞われないかどうか。

高価な「アーレイ・バーク級」を投入するのを躊躇う低〜中烈度の事案にも対応可能な存在として「コンステレーション級」は期待されているわけですから、これが同様の高コストになっては意味がありません。

一応、米議会によると本級は1番艦こそ1,200億円超になるものの、2番艦以降の量産艦は1隻あたり950億円に落ち着く試算だそうです。しかし、失敗した沿岸戦闘艦も開発時は似たような試算であったため、「コンステレーション級」も同じ轍を踏む可能性が否めません。

結局、沿岸戦闘艦と同様に幾多のトラブルに見舞われた挙句、「アーレイ・バーク級」と大差ないコストになったり、中途半端な性能に終わったら全く笑えません。この次世代フリゲートは米海軍が原点の名前を付けるほどであり、着々と戦力を増強する中国海軍の前にこれ以上の失敗や迷走は許されません。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました