陸上自衛隊の精鋭部隊「第1空挺団」

陸上自衛隊

「ほぼ」唯一のエリート空挺部隊

陸上自衛隊には「精鋭」と呼ばれる部隊がいくつか存在しますが、その中の筆頭候補が「第1空挺団」です。読んで字の如く、この部隊は輸送機からのパラシュート降下を行う空挺部隊であり、その隊員は全国津々浦々から集められたエリートが揃っていることで有名です。ただし、パラシュート降下のみを実施するわけではなく、作戦によってヘリを活用したヘリボーン作戦を展開することがあります。

なぜ見出しで「ほぼ唯一」を付けたかというと、特殊部隊である特殊作戦群も空挺作戦を実施するからです。ただ、特殊作戦群は隠密行動を前提としたコマンド部隊であるため、同じ空挺降下でも敵占領地域への潜入工作となります。一方、今回紹介する第1空挺団は大規模な空挺降下によって敵を急襲・撃退したり、後続部隊のための橋頭堡を築くのが主な任務です。

輸送機から降下する隊員たち(出典:陸上自衛隊)

第1空挺団は千葉県の習志野駐屯地に配備されており、人数は約2,000人ほどです。団の創設は1958年ですが、1952年には落下傘部隊の検討が事実上始まっており、米軍の力も借りて創設にこぎ着けた経緯があります。この時、中心的な役割を果たしたのが旧日本陸軍の元落下傘兵たちであったため、第1空挺団は「空の神兵」と謳われた旧陸軍空挺部隊の後継と見なすことができます。

団の標語である「精鋭無比」が示すように、第1空挺団は陸上自衛隊16万人の中から特に優秀な隊員を集めたエリート部隊であり、特殊作戦群と水陸機動団が創設されるまでは陸自最強と言われていました。現在でも、間違いなく最強部隊の一つであり、特殊作戦群や水陸機動団の存在がむしろ切磋琢磨を生んでいるとも言われています。

機外に飛び出す空挺隊員(出典:陸上自衛隊)

そもそも、飛行する航空機から飛び出して敵地に降下する時点で通常の歩兵とは比べ物にならないほどの技量と能力が求められます。空挺作戦は奇襲の要素が強いとはいえ、随伴できる装備品は限られているため、他の部隊と比べて軽装かつ少人数で戦わなくてはなりません。

実際、第1空挺団は空挺作戦の際には、個人携行の武器以外には、輸送機から投下できる装備品で戦うことになります。例えば、火力であれば、機関銃、無反動砲、迫撃砲。車両に関しては、装甲車程度が限界であり、戦車は期待できません。最悪、火力支援がなく、個人携行品のみで戦うことも十分あり得ます。

空挺隊員の条件

このように、過酷な任務がゆえに強靭な身体的能力と技量、そしてメンタル面でも折れない「強さ」が必須となります。そのため、第1空挺団には、通常の隊員とは異なるレンジャー隊員が多く在籍しています。レンジャー隊員は山中に籠ってのサバイバル生活を行い、究極の精神状態で戦闘訓練を行うことで有名ですね。そんな資格を持つ隊員が空挺団にはゴロゴロいるので、私生活でも貪欲に筋トレしたり、格闘技に邁進する隊員が多いとか。そうしたことから畏怖の念を込めて「第1狂ってる団」とも称されます。

では、入隊条件はどんなものがあるのか?まずは、当然ながら自衛官であることですが、その中でも以下のような条件に合致した者だけが空挺訓練生になれます。

・年齢:陸曹は36歳未満、陸士は28歳未満
・体格:身長161cm以上、体重49kg以上、胸囲78.5cm以上
・体力:自衛隊の体力検定5級以上、肺活量3,200cm3、握力30kg以上、呼吸停止50秒以上

こうして見ると、意外にも体格および体力面での条件はそこまで厳しくない印象です。というのも、体力検定は7級まであるので、入隊時にはそこまでアスリート並みのハードルを設けているわけではなさそうですね。また、上記以外にも、知能・性格・適性検査などがあるので、これらを合格すれば、ようやくスタート地点に立つことが許されます。

訓練生となった後は、過酷な体力錬成に加えて、まずは地上で降下に向けた訓練を行います。具体的には、高さに慣れるための高所での活動や着地の練習をします。これらをパスすれば、実際の輸送機からのパラシュート降下訓練に移ることができるのです。降下の際には、最大80kgもの荷物を背負って高度数百メートルで飛行機から飛び出します。

誇り高き空挺兵

一般的な自衛隊の訓練でさえ厳しいのに、空挺部隊ともなれば要求されるハードルはさらに上がるので、まさに過酷な訓練の日々となります。しかも、有事には真っ先に投入される見込みのため、殉職の可能性も他部隊より高いと言えます。そこまでして空挺隊員を目指すのはなぜか?

米軍輸送機に乗り込み(左)、降下する第1空挺団(右)(出典:陸上自衛隊)

よく言われるのは「給料」ですが、これは公務員たる自衛官である以上はそこまでの高望みはできません。確かに、同じ自衛官でもパイロットや空挺隊員は各種手当が豊富なため、同じ世代の会社員よりは高給でしょう。第1空挺団に配置された場合は、地域手当と空挺手当が付与されるため、給料は1.5倍になると言われています。それでも、文字通り「命」を懸けており、危険度が高いパラシュート降下を定期的に行うのですから、これでも安い気がします。

そこで、やはり考えられるのは「空挺兵」という誇りです。自衛隊に限らず、空挺部隊はどの軍隊でもエリート扱いです。誰もが空挺兵になれるわけではなく、選ばれた者のみが狭き門をくぐった上で資格を与えられるのです。そのため、この「エリート」として名誉と誇りが一つの原動力になっているのは間違いないでしょう。特に、16万人の巨大組織の中から選りすぐられたエリートしか着用できない徽章を手にしたら感無量でしょう。そして、有事の際は自分たちが真っ先に向かうことも、国を守るという意味では「自衛官冥利に尽きる」と感想を漏らす者さえいます。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました