自衛隊の沿岸監視隊って何するの?その任務や装備について

陸上自衛隊
この記事は約3分で読めます。

船舶を監視する国境警備隊

四方を海に囲まれた日本では「国境警備」という概念が大陸国より薄く、イメージがつきにくいのも事実です。

しかし、日本を守る自衛隊には似たような任務を行う「沿岸監視隊」というのがあります。これは陸上自衛隊が離島や遠隔地に配置した部隊で、付近を行き交う船舶を監視するのが主な仕事です。

厳密にいえば、現地に駐屯して定点監視する「沿岸監視隊」と移動式のレーダーなどを運用する「移動監視隊」の二種類が存在し、それぞれ以下の配置場所が以下のようになっています。

種 類 部 隊 配置場所
沿岸監視隊 第301沿岸監視隊 北海道・稚内分屯地
第302沿岸監視隊 北海道・標別分屯地
与那国沿岸監視隊 沖縄県・与那国駐屯地
移動監視隊 北部方面移動監視隊 北海道・倶知安駐屯地
中部方面移動監視隊 滋賀県・今津駐屯地
西部方面移動監視隊 熊本県・北熊本駐屯地

ご覧のように北海道に多く配備されていますが、これは冷戦期の対ソ連・北方重視を反映したもので、宗谷海峡とオホーツク海の監視を担当しています。

一方、移動監視隊は最も古い部隊で2008年発足と意外に歴史が浅く、こちらは監視能力に不安があったり、穴が空いた地域に派遣して補完するのが役割です。例えば、中部方面移動監視隊は日本海側の沿岸警備を意識した部隊で、山陰地方を中心とした他部隊との連携が求められています。

また、上記以外の分屯地や分室に派遣している小部隊もあって、第301沿岸監視隊は礼文島、第302沿岸監視隊は羅臼でも活動しています。前者についてはマンガ「空母いぶきGREAT GAME」で稚内分屯地とともに襲撃を受けた描写がありましたね。

さて、監視任務用の装備については、沿岸監視隊は固定式レーダーや高倍率の光学機器(双眼鏡など)を、移動監視隊は名前のとおり移動式のものを使います。ただし、あくまで情報収集が任務なので、敵とのは接触・交戦は想定しておらず、武器は自衛用の小火器ぐらいしかありません。

人員面では情報科職種の隊員で構成され、沿岸監視隊は100名規模、移動監視隊は大体50前後となっています。

今後は南方シフトへ?

今までは旧ソ連、そしてロシアとの国境警備が重視されてきたなか、近年は対中国を見据えた南方シフトが加速しており、2016年には日本最西端の与那国島で約60年ぶりに沿岸監視隊(≠移動監視隊)が新編されました。

沿岸監視隊が新編された与那国駐屯地(出典:陸上自衛隊)

南西諸島方面は2010年代まで「防衛力の空白地帯」と言われるほど体制が不十分だったものの、沿岸監視隊の役割はまさに離島警備に適したものです。平時から航行船舶の監視を務める沿岸監視隊は、今後も南西諸島、大東諸島、小笠原諸島などで新編される可能性があり、その重要性はますます高まると思われます。

ところで、今までは陸自の沿岸監視隊について述べてきましたが、海自・空自にも似た役割の部隊があるといえます。海自では対馬防備隊と函館基地隊が海底ソナーシステム(SOSUS)を用いて、それぞれ対馬海峡、津軽海峡を警戒監視しているほか、日本最東端の南鳥島では航空派遣隊が警備および監視を担っています。

そして、空自は全国に設けられた分屯基地とレーダーサイトが事実上の国境警備を行い、大東諸島のような空白地帯には移動警戒隊のレーダーが展開して防空網の穴を埋めています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました