陸上自衛隊の電子作戦隊に求められる役割や装備とは?

陸上自衛隊
この記事は約2分で読めます。

電波収集と妨害の専門部隊

現代戦は従来の陸海空のほかにも、宇宙、サイバー、電磁波のいわゆる「ウサデン」領域でも繰り広げられるため、これら新領域への対応が不可欠となりました。

日本でこれら新領域を主に担うのが、宇宙作戦群(航空自衛隊)、サイバー防衛隊、そして今回紹介する陸上自衛隊の電子作戦隊です。

電子作戦隊は全国各地にある陸自の電子戦部隊を束ねる組織として発足したもので、その任務は「電磁波の収集と妨害」です。

普段は周辺国の通信やレーダーに使われる電磁波を集めて、その周波数などを特定分析します。そして、有事では同じ周波数を用いて敵を妨害・撹乱するわけです。

電子作戦隊の任務(出典:防衛装備庁)

電子作戦隊の本部は東京都・朝霞駐屯地にあって、留萌(北海道)、佐世保、熊本、奄美大島、那覇にそれぞれ駐屯する電子戦部隊を統括運用しています。

今後は東千歳(北海道)、新潟、鳥取、川内(鹿児島)への部隊配備が進められますが、国境付近の強化を図るためにも沖縄の与那国島と長崎の対馬にも配備予定です。

装備はネットワーク電子戦システム

さて、電子戦部隊はどのような装備を運用するのでしょうか?

電子作戦隊は「ネットワーク電子戦システム(NEWS)」という複数の電子戦装置で構成されたシステムを使って電磁波の検知や特定、相手への妨害を実施します。

1セット約90億円とされるこのシステムは、車載型なので全国各地に展開できる運用柔軟性も持ち合わせています。

ネットワーク電子戦システム(出典:防衛装備庁)

陸自は以前から電子戦システムを運用していたものの、旧式化によって今回のNEWSに更新しました。NEWSは従来のシステムと比べて小型化・機動性向上のみならず、自分たちが使う電波への干渉低減と移動中の電磁波収集を実現しました。

そして、集めた情報は火力戦闘指揮統制システムと共有すれば、味方火砲の射撃支援にも役立ちます。

まだ発足して日が浅いものの、電磁波領域の重要性は増すばかりで、世界各国は競うように電子戦能力を強化している最中です。

また、ロシアのウクライナ侵攻では電子戦部隊も投入されて戦果を挙げているので、同戦争における電子戦の評価をふまえてから、陸自も電子作戦隊の能力向上に注力していくものと思われます。

宇宙作戦群の意外な任務と今後について
宇宙空間での脅威は「ゴミ」 人類が初の人工衛星を打ち上げて宇宙空間を利用し始めて60年以上が経過しましたが、その利用価値は年々増すばかり。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました