自衛隊最大級の大砲?退役した203mm自走榴弾砲の威力

陸上自衛隊
この記事は約3分で読めます。

重巡洋艦クラスの口径

陸上自衛隊が保有する大小さまざまな火砲のうち、最近まで運用されていた最大のものが203mm自走榴弾砲の「M110」でした。

もともとは1950年代にアメリカで開発された大型自走砲で、日本では1984年の導入以降、北海道でロシアに対してにらみを利かせてきました。

⚪︎基本性能:「M110A2」203mm自走榴弾砲

全 長 10.7m
全 幅 3.15m
全 高 3.15m
重 量 28.4t
乗 員 5名
速 度 時速54.7km
行動距離 約520km
射 程 最大30km
兵 装 203mm榴弾砲 ×1
価 格 1両あたり約3.5億円

陸自が導入した203mm自走榴弾砲は、具体的には「M110A2」と呼ばれるタイプになり、長距離の火力支援用に計91両が調達されました。

「サンダーボルト」の愛称の下、陸自最大の火砲としての大迫力を誇ることから、富士総合火力演習では毎年多くの観客を湧かせてきました。

毎分1.5発の速さで重さ90kgの砲弾を放つこの巨砲は、かつての重巡洋艦の主砲に匹敵する口径を持ち、射撃準備には時間がかかる反面、当たればあらゆる陣地や建物、車両を破壊できます。

まさに古めかしい「大砲」ではあるものの、その威力はロシア=ウクライナ戦争で同じ203mm自走砲(こちらは旧ソ連製)を使うウクライナ軍の戦果からも再確認されています。同戦争で激しい砲兵戦が繰り広げられるなか、ウクライナ側の203mm自走砲は旧式ながらもロシア軍の陣地や車両に対して絶大な効果を発揮しました。

射撃準備をする203mm自走榴弾砲(右)と弾薬車(左)(出典:陸上自衛隊)

陸自の203mm自走砲はその大きさとは裏腹に、大型輸送機による空輸も想定していて、その全高は「3m弱」と低いのも特徴的です。その代わり、乗員は身を露出した状態で砲を操作するため、同じ自走砲でも装甲化された99式自走砲と比べて生存性では劣ります。

姿を消した「大砲らしい大砲」

まさに「大砲」という言葉が似合うものの、アメリカではとうの昔にHIMARS高機動ロケット砲などに更新済みで、陸自でも配備先は北海道の第1特科団のみとなっています。

その陸自も「陳腐化」が否めないとして2023年度中に全門退役させて、後任の19式装輪自走榴弾砲や長射程の対地ミサイルにあとを託すつもりです。

日本国内では用済みとなった反面、前述のウクライナではソ連製といえども、同じ203mm自走砲を重宝しているため、弾薬とともに退役砲を譲り受けたいのが本音でしょう。

陸自の最新砲、19式装輪自走155mm榴弾砲の性能に迫る!
軽量化・機動力がコンセプトの火砲 陸上自衛隊は戦車や歩兵(普通科)のイメージが強いですが、これらを各種火砲で支援する特科部隊、いわゆる砲兵...

コメント

タイトルとURLをコピーしました