まだまだ現役?99式自走155mm榴弾砲

車両・火砲

期待の高性能・大型自走砲として登場

陸上自衛隊には「火砲」と呼ばれる装備があり、敵への火力投射に用いられるわけですが、これには榴弾砲や多連装ロケット弾が含まれます。これらは主に特科部隊(砲兵)で運用され、敵部隊に砲弾を降らせて味方の戦車や歩兵を掩護するのが役割です。ただ、火砲は同じ場所で撃ち続けると位置がバレて反撃を受けるため、砲撃後は速やかに移動しなければなりません。そこで「自走砲」と呼ばれる装備の出番となります。

⚪︎基本性能:99式自走155mm榴弾砲

全 長12.2m
全 幅3.2m
全 高3.9m
重 量40t
速 度時速50km
乗 員4名
兵 装52口径155mm榴弾砲×1
12.7mm重機関銃×1
射 程30km
行動距離300km
価 格1両あたり約10億円

陸上自衛隊は対ソ連を念頭に置いた国産自走砲を配備してきましたが、その集大成と言えるのが99式自走155mm榴弾砲でしょう。その見た目から「ロングノーズ」の愛称を持つ本車は、従来の75式自走155mm榴弾砲をより大型化・高性能化させたものであり、1985年に開発がスタートしました。

最大の特徴である155mm榴弾砲は、それまでの75式よりも射程が1.5倍の30kmとなっており、長射程弾を使えば最大40kmまで延伸可能です。この「155mm」という数字は旧海軍の軽巡洋艦に搭載されていた主砲クラスであり、40kmという射程も戦艦大和のそれに近いものと言えます。

ロング・ノーズ(長い鼻)こと99式自走155mm榴弾砲(出典:陸上自衛隊)

本車は砲弾のみならず、装薬の装填も自動化されている珍しい自走砲となっており、この自動装填装置のおかげで毎分6発の発射速度を実現しています。また、専用の弾薬給弾車と連結することで継続的な砲撃が可能ですが、迅速な陣地転換の必要性を考えると現代の砲兵戦で通用する運用方法かどうかは微妙でしょう。

99式自走砲は、当時の最新装置を搭載することで高性能な自走砲として部隊から期待されていました。例えば、75式自走砲が自分の位置を把握するために測量を必要としていたのに対し、本車は衛星の測位システムを用いることですぐに位置を確認できます。

また、射撃管制装置も特科部隊用のデータ・リンクシステムと連携できるため、射撃における角度や方位の調整が圧倒的に容易になりました。しかも、射撃指揮所が照準から発射まで遠隔操作で自動的に行える機能も付与されています。それまでは射撃指揮所と無線でやり取りしていたことを考えると、雲泥の差と言えるでしょう。

冷戦に間に合わず、高コストによる少数配備

さて、期待の高性能自走砲として開発された99式自走砲ですが、開発が完了した頃には念頭に置いていたソ連が既に崩壊していました。ソ連崩壊は主敵の消滅と大規模な着上陸侵攻の可能性減を意味していたわけですが、それでも本土防衛を見据えた本車の配備を開始しました。

ただ、大型火砲の必要性を疑問視する声とともに、コストがネックとなり、200両以上調達された75式自走砲を全て置き換えるまでには至りませんでした。99式自走砲は車体を同時期に開発されていた89式装甲戦闘車のものを流用することでコストを抑えましたが、自衛隊特有の少数調達によって単価は約10億円と戦車よりも高額になっています。

結局、99式自走砲は毎年6〜8両というペースで2018年まで調達され続け、総数136両のうち、ほとんどが北海道の特科部隊に配備されました。ちなみに、生産された99式自走砲のうち2両はアメリカでの性能試験に向けた輸送中の事故で失われました。これは2001年に宮城県沖1,200kmで発生した貨物船事故のことであり、本車2両とFH-70榴弾砲2門が海没しました(幸い乗員や自衛官は無事脱出)。

しばらくは現役の99式自走砲

さて、北海道に集中配備されている99式自走砲ですが、道内の特科部隊への配備完了が2013年であるため、当面の間は現役で居続けるものと思われます。北海道以外の部隊は未だ旧式のFH-70榴弾砲などを装備していますが、こちらは最新鋭の19式装輪自走155mm榴弾砲に順次更新される予定です。

関連記事:陸自の最新自走砲:19式155mm榴弾砲

しかし、陸自内における火砲の定数そのものを従来の400門体制から300門まで削減する予定であり、島嶼防衛に向けた防衛体制の構築が進む中では、空輸がしやすい、より機動力のある装備が求められます。

自走砲も例に漏れず、長距離輸送を行う場合は、重量が40トンもある99式自走砲はトレーラーでの移動を余儀なくされますが、25トンの19式自走砲ならばC-2輸送機による空輸が可能です。また、キャタピラ式の99式自走砲は最高時速が50km程度なのに対し、タイヤ式の19式自走砲は最高時速100kmを誇ります。

トレーラーに載せて移動する99式自走砲(出典:陸上自衛隊)

ただ、99式自走砲と19式自走砲では運用前提がそもそも異なるため、上記のような比較はある意味「不公平」でしょう。離島防衛のように迅速な展開が求められる状況では、空輸可能で機動性に優れた後者が適任です。しかし、可能性が低いとは言え、敵部隊による本格侵攻もあり得ます。例えば、沖縄本島や九州に侵攻されたら、本格的な砲兵戦も想定されるわけですが、その場合は防御力に優れた99式自走砲を揚陸・展開することが考えられます。

南西方面での有事が現実味を帯びる中、冷戦期の名残である「北方偏重」を是正しなければなりませんが、着上陸侵攻の可能性がゼロでない以上、一定の備えは必要です。したがって、本州以南の部隊は「機動力の19式自走砲」の配備を進める中で、99式自走砲は北方の守りとして今後しばらくは鎮座し続けます。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました