限界に挑んだ証?レンジャー隊員とは?

陸上自衛隊

ゲリラ戦を想定した特別訓練

日頃から厳しい訓練と体力錬成に取り組み、最も「軍隊」のイメージが強い陸上自衛隊には「レンジャー」と呼ばれる特別な資格が存在します。これはサバイバル生活をしつつ、潜入や破壊工作活動を行う特技資格であり、レンジャー課程と呼ばれる教育訓練コースを卒業して初めて得られるのです。

レンジャー課程は、自衛隊黎明期の1950年代にアメリカ陸軍のレンジャー課程を参考に作られ、一般隊員よりも戦闘能力、肉体的・精神的な強靭性で優れた兵士の育成を目的としています。一般的には山奥でサバイバル訓練をしているイメージが強いレンジャー課程ですが、実は空挺レンジャーや冬季レンジャーのようなコースもあります(後述)。

まず、一般的なレンジャー訓練の「部隊集合教育」についてですが、これは各地に駐屯する師団の連隊が持ち回りで毎年実施する訓練です。レンジャー訓練は、自ら志願もしくは上官の推薦で応募し、学力及び体力テストを合格した者が受けられます。この体力テストで足切りを食らう者が多く、日頃から部隊の中でもトップクラスの体力錬成をする必要があるでしょう。

また、残念ながらレンジャー課程は公式には女性は受けられないことになっています。ただし、女性活躍を防衛省としても推進している中で、将来的には女性レンジャーの道も開かれるものと推測します。実際、陸自きっての精鋭部隊・第1空挺団では初の女性隊員も誕生しているので、女性レンジャーが誕生する日もそう遠くはないと思います。

晴れて合格した者は、約3ヶ月にわたって体力的にも精神的にも限界に挑戦する地獄の訓練を経験します。訓練期間中は教官のどんな命令に対しても絶対服従であることが要求され、返事も大声での「レンジャー!」のみが許されます。もちろん、教官側も鬼を演じつつ、安全第一で訓練を進めますが、過去には死亡事故が何件か起きているほどです。受ける側も、受けさせる側も気を付けないと本当に亡くなってしまうのがレンジャー訓練。

最初は「基礎訓練」と呼ばれる期間を過ごし、高所から飛び降りたり、ひたすら懸垂や腕立て伏せ、10マイル持久走(16km)を行うことで胆力と体力を鍛えます。普段から陸上自衛官として鍛えていても、レンジャー課程の訓練はレベル違いの辛さだそうです。

その後、山岳地帯での戦闘とサバイバル生活に必要な知識を身に付けるわけですが、ここで有名な「生きた蛇を捌いて食べる」訓練が登場します(鶏の場合もある)。蛇そのものは教官が事前に用意しますが、いざという時に食べられる野生の動植物をきちんと把握することが求められます。ちなみに、蛇に関してはほとんどの隊員が「思っていたよりも淡白で美味しい」との感想を漏らしていますが、極限状態での貴重な食事なので当たり前かもしれません。

山中を行軍するレンジャー訓練生(出典:陸上自衛隊)

この山岳サバイバルがメディアでもよく取り上げられますが、他にも以下のような訓練を実施します。
・ヘリからの降下、ゴムボートを使った潜入
・敵に対する待ち伏せ攻撃
・敵の補給線や指揮所への潜入破壊活動
・橋梁・トンネル爆破などの後方撹乱
・捕虜の獲得を目指す襲撃、捕虜となった味方の奪還
・敵地でのパルチザン活動

このように、レンジャー隊員の任務は少人数、極端にいえば「最後の一兵」になっても、敵へのゲリラ戦を展開すること。

さて、課程の集大成となるのが数日間にわたる不眠不休の山岳訓練であり、訓練生は極限状態まで追い込まれます。食事も睡眠もまともに取れない最後の訓練では、意識が朦朧とする隊員も多く、わずかに残った気力のみで乗り越えます。多くが脱落しそうになりますが、教官からの叱咤や仲間の助けによってなんとかギリギリ踏みとどまるそうです。

そして、この最後の関門を乗り越えるとようやく基地に帰還するわけですが、そこでは家族と多くの隊員たちによる出迎えが恒例となっています。帰還式では一人ひとりに念願のレンジャー徽章が授与され、晴れてレンジャー有資格者になるのです。

色んなレンジャーと所属部隊

ここまで一般的なレンジャー課程の流れを見たわけですが、既述のように他のレンジャー課程も存在します。まず一つが「空挺レンジャー課程」。これは第1空挺団に属する隊員が目指すものであり、空挺降下ならではの想定訓練に比重を置いています。

そして、もう一つが「冬季レンジャー課程」と呼ばれるもので、こちらは北海道で実施される訓練コース。文字通り、冬季の雪中戦を想定した訓練内容となっており、主にスキーを用いた遊撃戦を展開します。

このように想定に応じたレンジャー課程があるわけですが、どの内容も過酷を極めており、どれも地獄の訓練に違いありません。だからこそレンジャー徽章を獲得した時の達成感は言葉では表現できないものだそうです。陸上自衛隊14万人のうち、レンジャー資格を持つのはおよそ6〜8%ですから部隊では一目置かれる存在と言えます。

ただ、残念ながらレンジャー資格を持っているからと言って、何か特別な手当が支給されるわけではありません。俗に言う「レンジャー手当」というのは存在せず、レンジャー資格を持つ隊員が多い第1空挺団や水陸機動団の一部でそれぞれ空挺降下手当や特殊作戦隊員手当が付くというのが実情のようです。つまり、レンジャー資格は精強さを証明する「名誉」と精鋭部隊に入るための「切符」という側面が強いのでしょう。

空挺隊員は「空挺レンジャー」を目指す(出典:陸上自衛隊)

また、他にも多い勘違いとして「レンジャー部隊」が挙げられます。実は、レンジャー隊員だけを集めたレンジャー部隊なるものは水陸機動団の一部小隊を除いては存在しないのです。ただし、前出の第1空挺団は後方要員以外は皆ほとんどレンジャー隊員であるため、事実上のレンジャー部隊と見なすことができます。

限界点まで追い詰める訓練を経て徽章を手に入れたレンジャー隊員は全体の比率としては稀ですが、実際の数字で見ると数千人規模に上ります。そのため、精鋭部隊に多くを集中させている現状の中であっても、全国の部隊にそれなりのレンジャー隊員が属しているのです。各部隊に配置されたレンジャーは、それぞれの部隊の精強さを支える中核的存在を担っています。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました