常に一歩先?試験艦「あすか」

海上自衛隊

次世代装備を試す実験専用艦

海上自衛隊の主力は護衛艦であり、兵器を中心とした艦載装備がこれら艦船を軍艦たらしめる所以です。しかし、どんな装備でも実用化する前に性能の試験を行うのが普通であり、艦載装備も例外ではありません。特に、波浪や塩害に常に晒される艦艇用の装備は実際に軍艦に搭載して試す必要があります。そこで出番となるのが「試験艦」という存在であり、海上自衛隊では「あすか」になります。

⚪︎基本性能:試験艦「あすか」

排水量4,250t (基準)
全 長151m
全 幅17.3m
乗 員70名+試験要員100名
速 力27ノット (時速50km)
兵 装Mk.41 VLS (8セル)
3連装短魚雷発射管×1
艦載機ヘリ1機を搭載可
価 格約280億円

「あすか」は海上自衛隊の試験艦であり、新型レーダーやソナーなどを試験運用する実験担当として1995年に就役しました。この時、海自は試験艦「くりはま」を既に保有していたものの、主に魚雷を中心とした実験を想定した同艦は排水量が1,000トン弱と小型でした。そのため、大型装備の試験ができず、長期間にわたる実験も居住区問題が原因で難しい状況だったのです。

そこで、大型艦の「あすか」を建造することで、大掛かりな試験を行うスペースと試験要員用の十分な居住区を確保したのです。ちなみに、本艦は初めて女性自衛官を乗せた艦でもあり、女性の活躍という観点においても試験艦としての役目を果たしました。

先輩の「くりはま」は2012年に退役したため、現時点では「あすか」が海上自衛隊唯一の試験艦となります。そもそも、実験専用艦を保有している国は珍しく、アメリカ海軍ですら現在は保有していません。アメリカを含む他国では、揚陸艦などの艦艇に新型装備を載せて試験を実施する手法が多いようです。

独特な外見を持つ「あすか」(出典:海上自衛隊)

珍しい実験専用艦の「あすか」ですが、外見からして他の海自艦艇と異なり、その最たる例が艦橋上部でしょう。当初、艦橋上部に新型の射撃指揮装置(FCS-3)と「あきづき型」護衛艦でも見られるフェイズド・アレイ・レーダーが設置されていました。したがって、艦橋の上にさらに箱が載っているような感じであり、どちらと言えば欧州の軍艦に似ているかもしれません。これら装備は本艦で試験を経ることで無事に正式採用され、「ひゅうが」や「あきづき」のような次世代・護衛艦に標準装備として搭載されました。

また、前部には8つの垂直ミサイル発射器(VLS)がありますが、これは「あきづき型」以降の護衛艦が搭載している新型対潜ミサイル(新アスロック)を実験するためのものです。同様に、12式対潜魚雷の試験用に3連装短魚雷発射管も1基備えています。

三連装短魚雷発射管(筆者撮影)

他にも、「あすか」はガスタービンの電気推進と機械駆動を組み合わせたCOGLAGと呼ばれる推進方式を初めて採用した自衛艦でもあり、この方式は「あさひ型」や最新鋭イージス艦の「まや」でも採用済です。

このように「あすか」が試験運用した装備品は現在の最新護衛艦の艦載装備に繋がっており、実験で得られたデータや教訓は最前線で活躍するこれら艦艇で活用されてます。

試験艦ならではの特別設備

さて、「あすか」は海自初の大型試験艦とだけあって、他の艦艇にはない設備や工夫が見られます。まず、省人化を図ることで乗員は70名ほどに抑えていますが、試験を行う際は担当者や計測員などを最大100名ほど乗せます。そのため、試験要員が会議や仕事をするための講堂や実験機材を置くための計測室が設けられています。艦の後部にはSH-60哨戒ヘリ用の格納庫がありますが、ここも実験機材を置いたり、作業場として用いられることが多いそうです。

また、陸上施設で普段働く試験要員は航海そのものに慣れていないため、艦内の上下移動には2列に配置された階段を用います。通常、海自艦艇ではラッタル(いわゆる梯子)を用いるため、これは特別な工夫と言えるでしょう。

試験艦「あすか」の今後と有事での役割?

就役して既に四半世紀が経つ本艦ですが、まだまだ次世代の装備を試験運用するために使われる予定です。現在、艦橋上部は最新のXバンド多機能レーダーの設置と試験運用が進められており、もがみ型フリゲートに搭載予定の曳航式ソナーも試験中とのこと。このように、将来の護衛艦に搭載される予定の装備を一足早く試し、次世代に確実に繋げるのが試験艦「あすか」の真骨頂と言えます。

ちなみに、「あすか」はVLSや魚雷発射管、ヘリ用の格納庫を有しているため、「有事には護衛艦として使えるのでは?」と疑問を持つ方が多いです。確かに、有事の際は本艦を短期間で改造して76mm主砲を搭載する構想自体はあり、VLSなどの装備も使えるでしょう(増設も含めて)。

しかし、これら装備はあくまで試験用に設置されており、本格的な戦闘は想定していません。そのため、実験専用艦として運用されている艦を無理やり改造しても、通常の護衛艦と同等の戦闘力は発揮できないでしょう。せいぜい、後方での哨戒任務や限定的な護衛任務が関の山かと。そもそも、試験艦とその乗員を戦闘に投入せねばならない状況は戦局としてかなり末期と言えます。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました