陸自の最新砲、19式装輪自走155mm榴弾砲の性能に迫る!

陸上自衛隊
この記事は約3分で読めます。

軽量化・機動力がコンセプトの火砲

陸上自衛隊は戦車や歩兵(普通科)のイメージが強いですが、これらを各種火砲で支援する特科部隊、いわゆる砲兵の存在も忘れてはなりません。

特科部隊は主に榴弾砲や自走砲、重迫撃砲を運用していますが、長年使われてきた旧式のFH70 155mm榴弾砲の後継として新しい19式装輪自走155mm榴弾砲の配備が進められています。

⚪︎基本性能:19式装輪自走155mm榴弾砲

重 量 25t
全 長 11.4m
全 幅 2.5m
全 高 3.4m
乗 員 5名
速 度 時速100km
兵 装 155mm榴弾砲×1
射 程 最大40〜50km
発射速度 毎分6発(推定)
価 格 1両あたり約9億円

自走砲とは文字通り「自力走行が可能な火砲」を指しますが、火砲というのは同じ場所で撃ち続けると位置がバレて反撃を受けてしまいます。

そのため、いまは短時間で数発放った後、次の陣地に移動する「シュート・アンド・スクート戦術」が主流です。

陸自の主力火砲「FH70」は堅実な性能を誇るものの、限られた自走機能しかなく、射撃準備や陣地変換では不利になります。

これに対して、19式装輪自走榴弾砲はトラックの荷台に155mm砲を載せたことで、軽量化と展開時間の短縮を実現しました。

実際に19式装輪自走榴弾砲は陣地に到着してから1分ほどで射撃開始を行い、FH70が準備している間に撃ち終わって陣地変換までできるわけです。

射撃準備を行う19式装輪自走155mm榴弾砲(出典:陸上自衛隊)

優れた機動力を持つ一方、非装甲のトラックを使っているので、被弾した際の生存性は99式自走榴弾砲と比べて低いです。

これは装甲化で機動力を犠牲にするより、軽量化によってすばやい陣地変換を目指すべきという運用思想に基づきます。この考え方は、あの早撃ちで有名なスウェーデンのアーチャー自走榴弾砲にも共通していて、最近は各国とも「機動力重視」の傾向が目立ちます。

したがって、19式装輪自走榴弾砲も機動性で有利なトラック型採用の流れを汲んだものです。

おかげで重量は25トンほどまで抑えられ、日本国内の橋梁はほとんど通行可能なうえ、空自のC-2輸送機にも載せられます。そして、路上では最高時速100kmを発揮できることから、他部隊と一緒に行動するしやすく、これは本州と四国で戦車の代わりとして配備されている16式機動戦闘車との連携も意識した結果でしょう。

デジタル化で射撃手順を簡素化

19式装輪自走榴弾砲が搭載する155mm榴弾砲は左右45度ずつの射角と約40〜50kmの射程を持ち、装填については砲弾は自動、装薬は手動という「半自動装填方式」を採用しました。

一応、砲弾は今まで使用してきたものに全て対応しており、西側標準の155mm砲なのでNATO各国と互換性があるうえ、自衛隊では未導入のエクスカリバー砲弾(GPS誘導式)も理論上は使えます。

射撃する19式自走榴弾砲(出典:陸上自衛隊)

また、目標を直接照準ではなく、あくまで間接射撃で撃破する榴弾砲は観測部隊や射撃指揮所との連携が不可欠ですが、指揮統制を行う専用システム(FCCS)を使うことで高精度射撃を実現しました。

FCCSから送られた情報をタブレットに入力するだけで照準を合わせられるなど、射撃手順が簡素化された一方、システムがダウンした時に備えて従来型の光学照準器も残しました。

従来よりも機動性を向上させ、射撃手順を効率化させた19式装輪自走榴弾砲は、まずは富士学校(富士教導団)に優先配備後、最終的に227両が調達される予定です。

関連記事:まだ役立つ?陸上自衛隊の155mm榴弾砲FH70の射程と後継

コメント

  1. 通りすがり より:

    台車が海外メーカー品だ、というのが残念ですね。防衛予算増額なんて言ってるんだから、こういう装備にもちゃんと予算を回してじっくり研究開発して欲しいもんです。

タイトルとURLをコピーしました