陸自の最新砲、19式装輪自走155mm榴弾砲

車両・火砲

軽量化と機動力UPの次期主力火砲

陸上自衛隊といえば「歩兵」「戦車」のイメージが強いですが、これらを圧倒的火力で支援する特科部隊、いわゆる砲兵の存在も忘れてはなりません。特科部隊は主に榴弾砲、自走砲、重迫撃砲を運用していますが、旧式化したFH70 155mm榴弾砲の後継として新型の自走榴弾砲が登場しました。それが今回紹介する19式装輪自走155mm榴弾砲です。

⚪︎基本性能:19式装輪自走155mm榴弾砲

全 長11.4m
全 幅2.5m
全 高3.4m
重 量25t
速 度最高時速100km
兵 装52口径155mm榴弾砲×1
射 程最大40〜50km?
乗 員5名
価 格1両あたり約7〜8億円

まず、自走砲とは文字通り「自ら走行できる火砲」のことを指します。そもそも火砲というのは、同じ場所で撃ち続けていると位置がバレて反撃を受けるため、通常は数発を放った後に別の場所に移動します。そこで、自走機能を付与することで「陣地転換」と呼ばれるこの移動を容易にしたのが自走砲です。

現在、陸自の主力火砲は同じ155mm榴弾砲のFH-70であり、長年愛用されている優秀な砲ですが、限定的な自走機能しか持たないことから準備と陣地転換に時間がかかります。それに対して、19式装輪自走155mm榴弾砲は大型トラックの荷台に大砲を載せた外見ですが、軽量化と展開及び移動時間の大幅短縮を実現しました。

では、どれぐらいの時間短縮になったのか?

従来のFH-70と比べると陣地に展開してからわずか1分ほどで射撃を開始できます。つまり、FH-70が準備している間に19式装輪自走155mm榴弾砲は準備どころか、撃ち終わって陣地転換に移ることができるのです。

射撃準備を行う19式装輪自走155mm榴弾砲(出典:陸上自衛隊)

本砲の車体は非装甲のトラックを使っているため、被弾時の生存性は低いですが、戦車のように敵と直接撃ち合うわけではないので必要性。むしろ、装甲化することで機動力を犠牲にするぐらいなら、軽量化による迅速な陣地転換を目指した方が合理的ともいえます。

重量25トンの車体はほとんどの橋梁が通行可能であり、最新のC-2輸送機にも搭載できます。また、最高時速100kmで走行できる点も他部隊と一緒に行動するうえでは好都合です。このあたりは戦車の代わりに配備が進められている16式機動戦闘車との連携を意識してのことでしょう。したがって、本砲は「機動力」がより重視されつつある近年の流れを汲んだものといえます。

まだ実用試験中だが、期待大の火砲

搭載している155mm榴弾砲は、左右45度ずつの射角と40〜50kmの射程を有していると言われており、砲弾は自動装填、装薬は手動の「半自動装填方式」を採用していることから発射速度は1分間あたり約6発と推測されます。

榴弾砲というのは目標を直接照準に捉えるのではなく、あくまで間接射撃方式が主流です。そのため、観測部隊や射撃指揮所との連携が必要不可欠ですが、本砲は指揮と統制を行う専用システム(FCCS)と連携することで精度の高い射撃が可能となっています。この際、FCCSから送られた情報をタブレットに入力するだけで簡単に照準を合わせられるのも特徴の一つです。

19式155mm榴弾砲は2021年現在も試験中のため、富士学校(富士教導団)に数両が配備されているのみです。FH-70は400門以上も調達されましたが、陸自の火砲定数は現行の500門から300門に削減されるため、19式155mm榴弾砲の調達数は多く見積もっても100両程度ではないでしょうか。

そもそも、島嶼防衛が最も想定される現代において「大型火砲はどれほど必要なのか?」という議論があります。むろん、安全保障に例外や想定外は許されないので、敵による本格的な着上陸侵攻にも備えなければなりませんが。

関連記事:まだ役立つ?155mm榴弾砲FH70

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました