早撃ち!アーチャー自走榴弾砲のスゴイ性能と射程に迫る

外国関連
この記事は約4分で読めます。

高い連射能力を誇る北欧製自走砲

北欧の国・スウェーデンといえば、2022年のロシアによるウクライナ侵略を受けて、フィンランドとともに北大西洋条約機構(NATO)へ加盟したことが話題となりました。しかし、第二次世界大戦でも周辺国が次々と戦禍に巻き込まれるなかで中立を続け、冷戦期も東西どちらの陣営にも属さない姿勢を貫きました。

こうした長年の中立政策を支えたのが独自の高性能兵器で、その代表例が世界最速の射撃能力を誇る「アーチャー自走榴弾砲」になります。

⚪︎基本性能:アーチャー自走榴弾砲

重 量 30t
全 長 14.1m
全 幅 3m
全 高 3.9m
乗 員 4名(最低2名でも可)
速 度 通常:時速65km
最高:時速90km
行動距離 650km
兵 装 ・52口径155mm榴弾砲×1
・遠隔操作式12.7mm機関銃×1
射 程 通常弾:30km
ベースブリード弾:40km
GPS誘導砲弾:60km
発射速度 毎分8〜9発
射 角 仰角:70度
俯角:-1度
左右:85度ずつ
価 格 1両あたり約6億円

アーチャー自走榴弾砲はスウェーデンとノルウェーが共同開発したトラック型の自走榴弾砲で、車体はあのボルボ・グループのものを採用しました。

このトラックの荷台に155mm榴弾砲を搭載したわけですが、装填から射撃までの一連作業は自動装填装置によって機械的に行われるため、乗員は防弾ガラスに守られた車内から操作するだけ。

この無人砲塔のおかげで毎分8〜9発という高速射撃性能を持ち、GPS誘導弾を使えば精密射撃も可能です。また、同じ目標に対してそれぞれ違う弾道で連続射撃すれば、最大6発の同時弾着を狙えます。

射撃するアーチャー自走榴弾砲(出典:スウェーデン軍)

「高速・長射程・精密」の3点を実現するなか、ここで気になるのが連続射撃に欠かせない弾薬量について。通常は砲塔右側に約20発分を収容しており、自動装填装置で次々と装填される仕組みです。

よって、全力射撃したら2分半ほどで撃ち尽くす計算ですが、同じく機械化された補給作業によって給弾も10分しかかかりません。

ただ、いくら高速射撃に長けていても、現代砲兵戦はすぐに位置が特定されるため、高頻度で陣地転換する「シュート・アンド・スクート」が求められます。

アーチャー自走榴弾砲はこの分野でも秀でており、準備と撤収にそれぞれ要する時間はたったの30秒。

したがって、すばやく展開して短時間で連続射撃を行い、反撃を受ける前にさっさと逃げられます。そして、この一連の流れにおいて、乗員が車外に出る必要はありません。

このようにアーチャー自走榴弾砲は「シュート・アンド・スクート」を行うのに最適な兵器といえますが、さらに特筆すべきはその「俊足」ぶり。

通常は時速65kmほどで運用される反面、いざという時は舗装道路を時速90kmで駆け抜けられるうえ、北欧の気候を考慮して約1mの積雪を走破することも可能です。

超高性能なのにあまり売れない?

申し分ない射撃性能と機動性を持つアーチャー自走榴弾砲ですが、運用しているのは意外にもスウェーデンだけ。

共同開発したノルウェーも24両を導入予定だったところ、納入時間の関係で韓国製のK9自走榴弾砲に切り換えました。また、クロアチアも購入に向けて話を進めていましたが、こちらは価格面でドイツのPzH2000自走榴弾砲を導入する方針になりました。

そのため、いま運用されているのはスウェーデン陸軍の48両だけであり、追加購入で将来的には72両まで増えるものの、外国への輸出では成果がありません。

販売実績はふるわないものの、現時点では世界最高峰の自走砲であるのは疑いはなく、総合評価では陸上自衛隊の最新自走砲「19式装輪自走155mmりゅう弾砲」さえを上回るでしょう。

そんなアーチャー自走榴弾砲は、ロシアの侵略を受けるウクライナに対して12両が供与され、同じく提供されたHIMARS高機動ロケット砲やフランスのカエサル自走榴弾砲などの戦列に加わりました。

西側諸国の兵器が入り乱れている戦線に投入されるわけですが、特に熾烈な砲兵戦が繰り広げられている地域では前述の「シュート・アンド・スクート」が勝敗を左右するため、アーチャー自走榴弾砲は大きな優位性をもたらします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました