LCAC空母!「モントフォード・ポイント級」遠征移送ドックのスゴさ

アメリカ
この記事は約2分で読めます。

3隻のエア・クッション型揚陸艇を運用

アメリカ海軍の強さは原子力空母や強襲揚陸艦を使って圧倒的戦力を投入できる点で、この「戦力投射」を実現する船のうち、風変わりなものとして「モントフォード・ポイント級」遠征移送ドックというのがあります。

あまり馴染みがないこの船はタンカーに見えるものの、実はエア・クッション型の揚陸艇(LCAC)を3隻も運用できるため、上陸作戦などには欠かせない高速揚陸能力を持ちます。

⚪︎基本性能:「モントフォード・ポイント級」遠征移送ドック

排水量 34,500t(基準)
全 長 239m
全 幅 50m
乗 員 33名
速 力 15ノット(時速28km)
航続距離 17,000km
搭載艇 LCAC×3
価 格 1隻あたり約600億円

そもそも、遠征移送ドックというのは戦力投射の即応体制を維持するための新しいコンセプトであり、港湾施設に頼らない「洋上の桟橋」を目指した船です。

有事では米海兵隊が真っ先に殴り込みをかけますが、アメリカは紛争が起こりそうな地域の近くにあらかじめ兵器や物資を集めておき、すばやく介入できるようにしています。

これら装備・物資を搭載した「海上事前積船隊」は主にコンテナ船で構成され、普段は各地の米軍基地で待機中しています。そして、この海上事前積船隊の将来を見据えて登場したのが「モントフォード・ポイント級」です。

予算減で初期構想から後退した能力

計3隻が就役予定の「モントフォード・ポイント級」は、民間船に近い設計を採用して建造費を抑えており、強襲揚陸艦よりはるかに安く仕上がりました。その分、能力的には前述のLCAC搭載に集中していて、航空運用能力や戦闘力はありません。

LCACを想定して半潜水式の中央部を持つ遠征移送ドック(出典:アメリカ海軍)

それでも、海に浮かぶ拠点としては十分に機能するうえ、港湾施設に依存しなくて済むので柔軟性は高いといえるでしょう。有事における展開エリアの選択肢が増えるのみならず、災害派遣でも大いに役立つ見込みです。

ただ、実はこの遠征移送ドックは初期構想と比べると能力が半減しました。当初案では6隻のLCACを搭載でき、他の艦船から戦車のような大型装備をそのまま移送できる接続ランプが設けられる予定でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました