唯一無二の存在、南極観測船しらせ

海上自衛隊

日本唯一の特殊な船

人類が南極点に到達してから既に1世紀以上が経過しましたが、広大かつ過酷な南極大陸はまだまだ「未知の大陸」と呼ぶに相応しい場所です。その特殊な環境ゆえに気象、地質、生物等を調査する価値は大きく、主要各国は南極に観測基地を設けており、日本も1957年に昭和基地を建設しています。同基地には南極観測隊が交代で派遣されていますが、その人員や物資を運ぶのが今回紹介する南極観測船「しらせ」です。

⚪︎基本性能:南極観測船「しらせ」

排水量12,650t (基準)
全 長138m
全 幅28m
乗 員179名+観測員80名
速 力19.5ノット (時速36km)
航続距離40,000km以上
輸送能力1,100t
価 格約376億円

南極観測船「しらせ」は南極まで人員及び物資を運搬するいわば輸送船ですが、氷に埋め尽くされた南極周辺の海を航行する砕氷艦でもあります。砕氷艦は船体を氷に乗り上げて割ることで氷海に航路を作ることができ、北極海や南極海では必要不可欠の存在。分厚い氷を割るための頑丈な船体と湾曲した船首を持ち、摩擦力を軽減させるための海水散水装置を使うことも多いです。

頑丈な船体で氷を割って進む「しらせ」(出典:海上自衛隊)

「しらせ」は2009年に就役した砕氷艦であり、日本にとっては4代目の南極観測船となります。名称は日本人で初めて南極大陸を探検した白瀬中尉が由来ですが、1983年から2008年まで使われた3代目・南極観測船も「しらせ」という名前でした。したがって、今の南極観測船は2代目「しらせ」ということになります。これは、名称の公募時に再び「しらせ」の名を付ける声が殺到したため、特例で2代続けて同じ艦名となったわけです。

就役した「しらせ」は海上自衛隊所属となり、乗員も海上自衛官となります。母港は神奈川県の横須賀基地であり、通常は毎年11月中旬に日本を出港します。その後、オーストラリアを経由して12月末〜1月に南極沖に到着。日本への帰港は4月の中旬頃です。ちなみに、海上自衛隊の艦艇では本艦のみが人物名を由来としており、「しらせ」という名前の特別感が分かりますね。

本艦は観測船/輸送船なので、護衛艦のような武装はしていません。しかし、海自艦艇であるには変わりなく、対海賊・対テロ用に船内には9mm拳銃や旧式の64式小銃が10〜20丁ほど保管されています。

搭載機については、昭和基地との連絡、人員・物資輸送用に使われる大型輸送ヘリ2機と小型ヘリ1機。歴代の観測船には必ずヘリが付いていますが、同行した犬たちを置き去りにせざるを得なかった1958年の悲劇(タロ・ジロの悲劇)以降は悪天候にも強く輸送力のある高性能なヘリを搭載するようにしています。

南極観測船「しらせ」の各種装備(出典:海上自衛隊)

先代の「しらせ」と比べると貨物搭載能力が100トン増加しており、荒波や氷海という過酷な海での横揺れを防止する機能も強化されているそうです。また、船底には音響側探機が設置されているため、未だ謎が多い南極海の海底地形図を作成するのに寄与し、観測船としての役目を果たします。

南極までの長期航海を想定して、船内には医者や歯医者が同乗しており、ほぼ唯一の楽しみと言っていい「食事」も他の艦艇より充実しているそうです。海自の艦艇は基本的にどれも食事にかなりの力を入れていますが、その中でも潜水艦と南極観測船は特に美味しいとのこと。

歴代の観測船たちとその後

さて、今の「しらせ」は2代目と説明しましたが、初代「しらせ」は退役後に株式会社ウェザーニュースが購入し、現在は展示船として千葉県船橋市に係留されています。定期的にイベントを開催しており、事前に申し込めば見学も可能です。

初代「しらせ」展示船のリンク⇨ SHIRASE5002

初代観測船「宗谷」は元々はソ連の商船として日本で建造され、帝国海軍の特務艦及び輸送艦を経て、戦後に初めての南極観測船になったという異色の経歴の持ち主です。1957年から1962年まで活躍しましたが、実はこの「宗谷」は海上自衛隊ではなく、海上保安庁の所属でした。そのため、現在は東京お台場の船の科学博物館に展示されていますが、海上保安庁の特殊救難隊が訓練所として時々使用します。

「宗谷」展示船のリンク⇨ 南極観測船「宗谷」

最後に紹介するのは、2代目・南極観測船「ふじ」。同船は、海上自衛隊が初めて運用する南極観測船として1965年に就役し、20年間にわたって南極観測隊を運び続けました。また、南極での運用を想定した初めての本格的な砕氷艦であり、「ふじ」の運用を通じて得たノウハウや改善点が2隻の「しらせ」で活かされたわけです。こちらは、退役後に名古屋港で展示されており、蝋人形(かなり精巧ゆえに怖いと評判)を使って船内の暮らしを再現しています。

「ふじ」展示船のリンク⇨ 南極観測船「ふじ」

1 2・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました