潜水艦の天敵?SH-60哨戒ヘリ

海上自衛隊

潜水艦にとって最も厄介な存在

海の忍者と言われる潜水艦は水上艦艇にとっては最大の脅威と言えます。しかし、そんな潜水艦も決して無敵ではなく、「天敵」と呼べるものが存在します。それが対潜哨戒機、特に哨戒ヘリです。

対潜哨戒機にはP-3CやP-1のような固定翼機がありますが、潜水艦によってはヘリの方が厄介かもしれません。なぜなら、ヘリは長時間にわたって同じ場所を警戒し続けるからです。頭上にヘリが居続け、いつ対潜爆弾を投下してくるか分からない状況はサブマリナーにとって共通の恐怖でしょう。

吊下式ソナーを使って潜水艦を探す哨戒ヘリ(出典:海上自衛隊)

そんな対潜哨戒ヘリで最も有名なのが米海軍が開発し、日本を含む各国も導入しているベストセラーのSH-60シーホークです。艦載ヘリのシーホークは海上自衛隊の護衛艦にも多数搭載されており、「対潜の鬼」と称される海上自衛隊の対潜能力を支えています。

現在、海上自衛隊はSH-60JとSH-60Kの2種類のシーホークを運用していますが、後者が新しいバージョンになります。

⚪︎基本性能:SH-60J/K

SH-60JSH-60K
全 長19.8m19.8m
全 高5.2m5.4m
乗 員4名4名
速 度時速276km時速257km
航続距離584km900km
兵 装対潜短魚雷×2
7.62mm機関銃×1
対潜短魚雷×2
対潜爆弾×2
対艦ミサイル×4
7.62mm機関銃×1
価 格1機あたり50億円1機あたり60〜70億円
配備数14機69機 

SH-60Jは1991年から配備が開始され、最終的に導入された数は103機にものぼります。護衛艦に搭載することで艦隊の対潜能力を支え、P-3C哨戒機とともに日本近海の潜水艦をいち早く探知・監視してきました。

同機は対潜哨戒以外にも、海上救難や急患搬送などの任務にも多用されており、汎用機としても活躍しています。また、災害が多かった平成の30年間と配備期間がほぼ被るため、災害派遣には毎回投入されて被災者の救助と支援にあたりました。

そんなSH-60Jはアップグレード版のSH-60Kに続々と置き換えられており、退役が進んでいる現在の保有数は14機に過ぎません。

見た目は似てるが、全然違うSH-60K

SH-60Jと後継機のSH-60Kは外見だけに限れば似ていますが、中身は全然違います。

そんなSH-60Kの主な特徴は以下の点があります。

・軽量かつ高強度なメインローターの採用
・新型ソナー、レーダーの搭載による探知能力の大幅向上
・新型情報処理システムによる効率的な探知と追跡
・ミサイル警報装置とチャフ及びフレアの搭載
・対潜爆弾と対艦ミサイルの搭載
・着艦支援装置の搭載

まず、SH-60Kは探知能力と情報処理能力が大幅に向上している上、従来よりも詳細な情報共有が可能です。したがって、護衛艦や他の哨戒機とのよりスムーズな連携を通じて、効率的な潜水艦狩りを行います。

武装面における最大の特徴は、SH-60Jでは搭載できなかった国産の97式・12式短魚雷、対潜爆弾と対艦ミサイルを携行できる点。97式と最新の12式短魚雷は従来のSH-60Jが搭載していたMk.46短魚雷よりも深く海域にいる潜水艦を攻撃できます。一方、対潜爆弾は浅い深度にいる潜水艦に対する警告や攻撃に用いますが、特に「警告」にはいきなり魚雷を撃つよりは爆弾を投下する方が適切かつ効果的でしょう。

ヘルファイア対艦ミサイルを撃つSH-60K(出典:海上自衛隊)

対艦攻撃に用いる「ヘルファイアII」はもともと対戦車ミサイルであるため、艦船を撃沈するのは難しいでしょう。ただ、最近の軍艦は昔みたいな装甲を施していないため、被弾箇所によっては十分な損害は与えることができます。逆に、SH-60Kはミサイル警報装置とチャフ・フレアの発射機能を備えることでミサイル攻撃に対する最低限の防御が可能となりました。

SH-60Kは現時点で69機が配備されていますが、その数は今後も増える見込みです。また、能力向上型のSH-60Kが防衛装備庁で開発中であり、近々登場すると思われます。静粛性を強化した中国潜水艦が日本近海を遊弋する時代となった現在、SH-60Kは対潜能力を維持するために必要不可欠です。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました