驚異の命中率!03式中SAM改の射程と性能について

陸上自衛隊
この記事は約2分で読めます。

陸自による防空の要

「防空」は基本的に航空自衛隊の任務になりますが、陸上自衛隊も地上部隊を守るために多数の対空装備を持ち、なかでも長射程で優秀とされているのが「03式中距離地対空誘導弾(中SAM)」です。

旧式化したホーク・ミサイルの後継として開発・導入されたこの国産ミサイルは、その改良型も含めて米軍ですら高く評価するほどの実力を持ちます。

⚪︎基本性能:03式中距離地対空誘導弾(改)

重 量 454kg
全 長 4.9m
直 径 0.28m
射 程 60km以上
価 格 1個システムあたり約174億円

03式中SAMは名前のとおり2003年に採用された中距離地対空ミサイルで、全国各地の高射特科群を中心に配備されています。

陸自が保有する地対空ミサイルの中では最も射程距離が長く、味方部隊や重要エリアの防空に加えて、空自が撃ち漏らした敵戦闘機も要撃するなど、パトリオット・ミサイル(PAC-3)とともに広域防空を支える兵器です。

ただし、PAC-3は有事の際は弾道ミサイル防衛にも注力せねばならず、03式中SAMが事実上の「要」になる可能性は高いといえます。

ミサイルは6発装填した発射装置は、垂直発射方式を採用してホーク・ミサイルより高い機動展開性を確保するとともに、同じく6発搭載した運搬装填装置を随伴させて効率的な再装填を実現としました。

また、これら以外にも戦闘指揮や射撃管制、対空レーダー、電源などを載せた各車両と一つのシステムを構成して防空任務にあたります。

このようにシステム全体の自走化によって機動展開を行う一方、運用面でも人員を従来の50人から20人程度まで省人化しました。

垂直発射方式を採用した03式中SAM(出典:陸上自衛隊)

この中SAMシステムが使うレーダーは100個以上の目標を探知できるうえ、脅威度の高い12個を同時追尾するというミニ・イージス艦並みの能力があります。

この同時対処能力のほかにも、電波妨害に対抗する能力や早期警戒管制機とのデータリンク機能も付与されており、敵の遠距離攻撃にも十分対処することができます。

発射後は射撃管制装置による誘導とミサイル自身が目標を捉える方式を使って進みますが、射程距離に関しては最低でも60km以上はあるとされています。

実際はもっとあると思われるものの、詳細は機密なので公表されていません。むしろ、曖昧にしておくことで仮想敵を疑心暗鬼にさせて、侵入をためらわせる効果を期待できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました