世界最大の空母:ジェラルド R フォード級

アメリカ軍

世界最強・米海軍を支える新鋭空母

「世界最強の海軍は?」と問われたら、答えは間違いなくアメリカ海軍(以下「米海軍」)になりますが、その米海軍の「力」の根源とも言えるのが原子力空母です。1隻で中小国の空軍力に匹敵する原子力空母ですが、米海軍は同空母を11隻も保有しており、海軍だけで世界2位の「航空戦力」を持つと言われています(1位は当然、米空軍)。

そんな最強の船たる米原子力空母ですが、久々の新鋭艦として登場したのが「ジェラルド・R・フォード級」です。本級は1975年に1番艦が就役した「ニミッツ級」以来の最新鋭空母であり、新技術をふんだんに盛り込んだ期待の次世代空母として米海軍の中核を担います。

⚪︎基本性能:ジェラルド・R・フォード級航空母艦

排水量101,600t(満載)
全 長337m
全 幅78m
乗 員4,660名
(航空要員2,480名)
速 力30ノット(時速56km)
兵 装20mm CIWS×3
RAM21連装発射機×2
ESSM8連装発射機×2
12.7mm機関銃×2
艦載機75機以上
価 格1隻およそ1.5兆円

ジェラルド・フォード級空母は現在の主力を務めているニミッツ級より若干大きく、満載排水量10万トン超えを誇る世界最大の軍艦です。世界最大の戦艦と謳われた戦艦大和の満載排水量が7.2万トンだったことを考えると本級がいかに巨大か分かりますね。

見た目はニミッツ級とさほど大差ありませんが、艦橋はステルス性を意識した傾斜を施しており、イージス艦などでも見られるフェーズド・アレイ・レーダーが固定されています。また、航空機や人員を格納庫と飛行甲板で往復させるエレベーターは1基減の3基となりましたが、後述の新装備を使った効率化を実現することで全体の戦闘力には影響を及ぼしていません。

本級は新設計の空母とはいえ、船体の基本構造は従来とあまり変わりません。ただ、飛行甲板を含む各所に新開発の高強度強靭鋼を使っており、強度を維持しながら重量の軽減に成功しています。実際、船体強度を試すための至近距離での衝撃耐久試験では良好な結果を残しています。

至近距離での衝撃耐久試験を行う空母ジェラルド・フォード(出典:アメリカ海軍)

空母の乗員は船を操る要員だけで2,180人ですが、これに航空運用を担う要員がさらに2,480人加わります。合計4,600人以上が乗っている米空母は、もはや洋上を動くひとつの「町」であり、艦内には売店、郵便局、散髪屋、診療所、スポーツジムなどの設備が整えられています。

これだけの人員と設備を抱え、70機以上もの航空機を運用すると当然ながら大量の電力を消費しますが、それを支えるのが原子力機関です。本級は新型の原子炉を搭載することでニミッツ級よりも出力がプラス25%となった一方、コンパクト化に伴ってメンテナンス時間を30%削減することに成功しています。まさに原子力空母の要と言えるこの原子炉は25年毎に炉心の交換と大規模な修理が必要ですが、そもそもの艦寿命が50年と想定されているので実質1回で済みます。

電磁式がポイントの新空母

さて、ジェラルド・フォード級空母は「洋上の航空基地」として稼働することで米海軍の戦力投射能力を支えるわけですが、その中核となるのが70〜75機の艦載機です。同空母にはF-18戦闘機、F-35ステルス戦闘機、電子戦機、早期警戒機、哨戒ヘリ、輸送機などが搭載されており、強力な航空団を構成しています。機数でいえば、ニミッツ級とほぼ変わりませんが、離発着を含む航空運用全体において「電磁式」システムを採用することで効率化を図っており、結果的に戦闘能力が向上しました。

まず、これら艦載機は飛行甲板で離発着を行いますが、本級では従来の蒸気式カタパルトに代わって新たに電磁式のカタパルトを採用しました。電磁式カタパルトは蒸気式に比べて信頼性で劣る点がありますが、より効率的な射出ができるうえ、各航空機の特性に合わせた加速度の調整や小型無人機への対応が可能となりました。そして、カタパルトそのものが小型かつ軽量であるため、メンテナンス効率の向上と維持費の削減に繋がっています。

海上を動く航空基地たる新空母(出典:アメリカ海軍)

一方、着艦の際に使うアレスティング・ギア(着艦拘束装置)も従来の油圧式ではなく、電磁式に変更となり、より細かい制御が可能となったため、機体への負担が軽減しています。これら電磁式のカタパルト及びアレスティング・ギアは新空母を代表する特徴であり、新技術ならではの初期不具合に悩まされているものの、実績の積み重ねつつ今後の空母の基礎となるでしょう。

これら新技術を使った効率的なシステムのおかげで、本級における1日あたりの航空機出撃数(ソーティ)はニミッツ級と比べて3割増の160回となり、最大240回まで増やすことが可能です。それに伴い弾薬搭載量もニミッツ級から倍増していますが、各設備のコンパクト化によって居住性を犠牲にすることなく格納スペースを確保できます。

いくら搭載機数が多くても、運用面で出撃回数が少なければ空母としての戦闘力を十分発揮できません。そのため、本級は見た目こそはニミッツ級と比べてそこまで大きな変化はないものの、より効率的な運用を通じて従来よりも大きな戦力投射能力を有しているといえます。

将来の米海軍の主力として

ニミッツ級を置き換える存在として登場した本級は、計画では10隻が建造される予定でした。しかし、中国海軍の軍拡を前に米海軍は355隻体制を目指すとともに、ジェラルド・フォード級空母も12隻体制に増強することになりました。予算の関係で12隻体制が実現するかは怪しいですが、いずれにせよ本級は中国海軍と対峙するうえで、文字通り「主力」を務めることになります。

今後の主力を務めるジェラルド・フォード級空母(出典:アメリカ海軍)

そんな期待の新空母ですが、第38代大統領の「ジェラルド・R・フォード」にちなんだ1番艦は既に2017年に就役し、戦力化も済んでいます。2番艦は米国民の間で今でも人気の「ジョン・F・ケネディ」であり、2024年に就役予定です。

3番艦は珍しく人名でありませんが、米海軍で代々使われ、第二次世界大戦の殊勲艦の名を受け継ぐ「エンタープライズ」に決まっています。そして、4番艦は真珠湾攻撃時にコックでありながら、機銃で果敢に反撃した功績を挙げ、黒人で初めて海軍十字章を受賞した「ドリス・ミラー」になる予定です。

1隻で1兆円を優に超えるコストが掛かり、平時から膨大な維持費に悩まされるわけですが、それでも原子力空母は現代において7つの海を支配する米海軍の力の象徴であり、「顔」でもあります。空母量産を含む戦力増強を図る中国海軍に対して、十分な戦力投射能力と打撃力を発揮するにはジェラルド・フォード級空母は欠かせない存在であり、米海軍の覇権を21世紀において引き続き維持するための「カギ」となるでしょう。

1 ・・・次のページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました